ヒバク反対キャンペーン    Home    活動説明    集会・学習会    お問い合わせ



ビキニ核実験 ~ 責任と被害補償 ~

アメリカ政府は、ビキニ核実験の責任をとり、マーシャル政府に協力し、半永久的に償え

要 請 文

アメリカ大統領 ジョージ・ブッシュ様

 貴国はビキニ・エニウエトク環礁で1946年~1958年の間、原水爆合わせて、67回、総爆発威力108Mtに及ぶ核実験を行った。その規模はアメリカ本土で行われた核実験の100倍にものぼる。海面付近で行われた実験によってまきあげられた大量の海水、珊瑚礁、砂が放射能を帯びた降下物となってマーシャル諸島全域に降り注いだ。核実験によるフォールアウトはさらに全世界に放射能汚染をもたらした。
 とりわけ、マーシャル諸島に甚大で半永久的な影響を及ぼした。環境が高濃度の放射能で汚染され、人々は健康を奪われ、伝統,習慣、文化など全てが深刻な被害を被った。ロンゲラップ島にすんでいた人々など多くの島民は未だに故郷の島に帰ることが出来ない。
 このような甚大な被害をもたらした貴国政府は、マーシャル諸島住民をはじめとする核実験によるすべての被害者に謝罪するべきである。過去に支払われたマーシャル諸島共和国に対する補償は貴国の過小評価に基づくもので必要な補償金額にはほど遠いものであった。今改めて、健康補償、生活補償、環境改善など、マーシャル諸島住民の要求を認め、責任を持って補償すべきである。
 ビキニヒバク(ブラボー実験)から50年の今、私たちは被爆地広島に集い、未だ補償されない人々の補償を実現するための討論を行った。その取り組みの一環として、また、全世界の原水爆に反対する人々の思いをも代弁して、貴国政府が以下のことを即刻実施するよう要求する。

1.マーシャル諸島政府の要求する補償をすべて、実施すること。
2.マーシャル政府に協力して核実験被害の調査を継続して行うこと。その情報を公開すること。

大統領選挙終了後、新政府に対して要請書を再度送ろう

上へ戻る

わずかな見舞金で政治決着し、ビキニ被災者を50年間放置してきた責任を認め、

実態調査・生活補償・健康管理・健康補償を行え

要 請 文

内閣総理大臣 小泉純一郎様

 今年はビキニ環礁で第五福竜丸が被爆させられて50年を迎える。第5福竜丸乗組員以外にも多くの漁船員が被災した。これらのビキニ被災者は何ら救済・補償されることなく50年が経過し、既に半数が亡くなった。生き残った方々も健康破壊、生活破壊に苦しみながら、現在に至っている。 私たちは、当時わずかな見舞金の支払い、政治的決着で幕引きを行い、それ以後被被災者をヒバクシャとして認めず、50年間放置してきた日本政府に大きな責任があると考え、以下のことを求める。

1. 第五福竜丸の乗組員をはじめとする被災漁船乗組員に対して日本政府は、アメリカ政府との補償問題においてわずかな見舞金で政治決着し、被災漁民をヒバクシャとして認めず、この50年間放置し続けてきた。この責任は甚大である。即刻、被災者に対する責任を認め、健康と生活を補償すること。
2. 日本の全ての被災漁船員の被害の実態を明らかにし、被災者の健康管理、治療を無料で行うこと。

上へ戻る

Copyright(c)ヒバク反対キャンペーン.All rights reserved.