ライン

職人言葉と警告

私たちが普段使っている言葉は、職人同士がお互い知っていて当然
という前提に立って話していますし、又、文中にも書いていますが、
一般の皆様にはもしかすると理解できない言葉があるのではないかと
思い文中に使った言葉の解説をしておきます。

鉄と鋼   私たちが鉄と呼んでいるのは地金の部分に使用するもの
       出雲鉄も三原鉄も皆、地金用の鉄のことです
       鋼は焼入れを行うことによって硬くなる刃の部分です

和鉄    古代製鉄法のタタラ製鉄法で作られた鉄で俗にいう玉鋼
       以外の低炭素鉄
       地金として使えば、研ぎ具合、手触り、経年変化の面白さ
       どれも現代鉄の及ぶ所ではない
       和鉄使用と書かれている物で時代と産地の明記されて
       いない物は要注意

玉鋼    砂鉄から作られた鋼の俗称
       イズハからジャミまで7種類の等級がある
       現代鋼から比べるとやや軟質

出雲鉄   和鉄の中でも出雲地方で砂鉄から作られた優秀な鉄
       ツラが他の産地よりはるかに少ない

三原鉄   瀬戸内海三原付近を中心に作られた鉄
       出雲鉄よりやや固いが、その分丈夫

横芝鉄   千葉県から福島県付近でよく産出する鉄。最もツラが多いが、
       研いだときの文様の美しさは上々、この他にも川越鉄、
       遠野鉄など有りますがそれぞれ一長一短

ツラ     地金の中に鋼が混ざりこんでいる部分
      
諸刃    カスタムナイフのように真中に刃が有る物両刃は両サイドに
       刃が付いている物。不動明王が持っている剣が両刃

追入れ鑿 最も使用頻度が高いのみ
       追入れ鑿以外では、穴屋鑿、厚鑿、薄鑿、キナリ鑿、組子、
       剣、コウノス、コシカタ、鏝、コミゼン、立て、突き、つば、平待
       まだまだ一杯有ります。

沸かす   表紙のような状態
       鉄の表面を溶かして不純物を叩き出す

バドル鉄  ヨーロッパの古い鉄の名前
       バドル鉄その他の西洋古鉄に付いては
       ナイフマガジン(ワールドフォトプレス社刊)NO81
       2000年4月号の43ページに詳しく出ています

ロートアイアン
       ナイフマガジン(ワールドフォトプレス社刊)
       NO741999年2月号の81,82,83ページに詳しく出ています。

しゃくむ   小刀を背中から見て鋼側に曲がっている状態

そる     小刀を背中から見て地金側に曲がっている状態

品物と刃物 焼き入れ前は品物
        焼き入れ後は刃物
        刃物に生命が吹き込まれたかどうかで区別

カイサキ   鋼と地金の境目


警告

刃物を使って自己および他人の生命財産を脅かし、又、これを略奪する
行為はおやめください

刃物を使用するときは周囲に充分に注意して安全に使用してください

刃物を使用するときは、本来の目的以外の使用は止めてください

刃物を保管するときは小児の手の届かない安全な所に保管してください



メール アイコン
メール
トップ アイコン
トップ

ライン