「閑話休題」 
   細川幽斎公能楽15徳


幽斎公は古今伝授で知られる通り、伝統和歌の大家であるが、同時に当意即妙の狂歌、
一門家臣の為の教歌の達人であった. 熊本には表題の御作が 所々軸物として
残されて居る.


一  行かずして 名所を知る
一  薬なくして 鬱気を散す
一  馴れすして 武芸に近すく
一  旅にありて 知音を得る
一  思ハすして 座上に昇る
一  軍せすして 戦場をしる
一  習ハすして 歌道を知る
一  望ますして 高位に交わる
一  いのらすして 神徳を得る
一  詠せすして 花月を望む
一  老せすして 古事を知る
一  ふれすして 仏道を知る
一  友なくして 閑居を慰む
一  恋ひすして 美人を思う
一  厳ならすして 形美を嗜む


      以上