閑話休題 義経公所持 薄墨の笛

「 久能寺 寺物 薄
  墨之笛 損候ニより
  当在国の節 拵
  直遣了畢 末代
  無他出 可被重
  寶之候也

 文禄四年 中村式部少輔
   卯月廿二日  一氏 花押 」   

記1.当時中村一氏は駿府城主.太閤の
  小田原攻めの後、一氏に宛行れた. 
記2.上記文書は 静岡久能寺HP
  より採録したものである.一氏が芸能
  を好み且留意していた証左であろう.
  平成12年  月 全国中村家の会は
  同寺を訪れ、笛と文書を拝見し、編者
  愚息一路は ご住職のご好意により
  同笛を吹かせていただいた.
記3.肥後中村家系図は初代勝三郎の
  祖父を孫平次一氏としている.嫡流
  でないとしても、之により太閤大奥に
  召されたことが肯かれるだろう.
   尚、肥後中村家では、本家(千石)8代、
  分家(弐百石)2代が孫平次を名乗って
  いて、細川家中で認知していた.
記4.「東都劇場沿革誌料」によれば歌舞伎 
  中村勘三郎家は一氏弟中村右近を祖と
  している.太閤により蜂須賀家付家老
  となった右近二代目重勝の庶子が初代
  勘三郎とみなされる.中村一門は当時
  相当な傾き武家のようである.(勘三郎
  家については、閑話休題に別項を立てる
  予定である).