閑話休題  合力米のことなど

 多くの史料、論文に 合力米 についての記述を見るものの、その内容、運用法など
解説をされたものに未だ出喰はした事がない。歴史用語辞典なども、当たり障りのない
一般的説明に 終始している。 
 編者先祖中村少兵衛は 加藤家致仕後、加藤家、細川家から合力米300石を給され
ているし、宮本武蔵も寛永17年8月、合力米18石、年末に米300石と奉書に記載され
ている。 以下素人なりの解釈を述べてみたい。

1. 奉書 寛永17年8月13日(永青文庫蔵)
 一、宮本武蔵ニ七人扶持・合力米十八石遣候.寛永17年8月6日より永可相渡者也、
      寛永17年8月12日 御印
                  奉行中
       右之御印、佐渡殿より阿部主殿を以被仰請、持せ被下候。
       右之御印を武蔵に見せ不申、御扶持方御合力米ノ渡様迄を、能合点仕やう
       ニ被仕候へと被 仰出旨、主殿所より、佐渡殿へ奉書を相渡候を、
       佐州より被 仰聞候也.
2. 奉書 寛永17年12月5日
  一、宮本武蔵ニ八木300石遣候間、佐渡さしず次第ニ可相渡候、以上
      寛永17年12月5日            (ローマ字印)  
          奉行中

 宮本武蔵に対する合力米が、12月 改められている。 総てが佐渡守指図によると
奉書は述べている。無条件の給付ではない。之は何を意味するものであろうか。 武蔵
受け入れが突然のことで、先ずは、長岡佐渡一存で決められた体裁である。 暫く藩内
の動向を見て、加増されたのではないか、と編者には思われる。武蔵養子伊織の仕官先
小笠原家や賓客尾池道鑑への思惑もあり、同時に 現当主忠利公としても、小倉時代の
巌流島乱闘を苦々しく思ったに違いない、八代の父忠興公の顔色を気遣いされた事だろう。
やがてお耳に達し、忠興公は無視を決められたのではないか、とおもわれる。 数千通に
及ぶ両公の往復書簡に武蔵の動向は今の所、全く触れられていない。
一方、少兵衛については30度程も言及されているからである。

 では、そもそも、合力米とは 如何なるものであろうか。 知行でもなく、扶持米でもないの
である。明治維新後の談話であるが 喜多流友枝三郎が 江戸時代の話として、郷土史家
 内柴御風に以下のように説明している。

 「 合力と申ますは、手許に於きまして 理由の明瞭な物入、たとへは 家督相続の
 祝いをするとか、婚礼をするとか、又は不幸や病人があるとか、其の舞台や
 能道具などの修繕、新調といふ様な 臨時に入費を要する事ござりますれば、
 藩の御勘定方(会計吏)に、相当の入費額拝借の御願を致しまして、これが拝借済み
 となりますと、其金は其儘に 所謂 於貸し下され となるのでござります。」
 
  記1. 上記は合力について、極めて明白の定義であり、納得出来るものである。
    則ち今日風に言えば、必要経費枠といったところであろうか。 武家宮本武蔵
    の場合は、一旦緩急時の軍役枠といえるだろう。譜代の家来の無い武蔵は牢人
    などを配下に戦場へ出ることになる。住居は空き家など貸与されたであろうから、
    稽古道場、馬及び飼料などは合力米から出費されたであろう。生活費、身の回り
    の世話や供をする若党、小者、弟子たちの食費は 七人扶持から賄われたと
    思はれる。 客人では在っても、武蔵は 殆ど佐渡守の配下にあったと考え
    られよう。信憑性の高い武蔵の遺物は、多く松井(長岡)家に残されているのも
    首肯れるところである。
  記2. 多くの研究者は 宮本武蔵の収入が、7又は800石に相当すると述べられ
    ているが、軍役を中心とした知行、扶持の時代に、贅沢のため高禄を給すること
    はないであろうし、武蔵も必要ではなかったろう。若しそうであれば、彼は
    直ちに数名の譜代家来を雇はねばならないが、武蔵没年の正保2年5月まで、
    武蔵が家来を抱えたと言う話は、熊本には残されていない。
  記3. 歴史は言い伝えや講談ではない。 能役者についても、巷間云はれるような
    「お抱え役者」など存在しない。 極めて詳細で、厳格な制度により、江戸時代
    は成立しており、余剰米の少ないこの時代、曖昧な召抱えなど有り得ない。 
    明治維新後、都合よく発言したり、身贔屓に記述が成されているようである. 
    学問が必要な由縁である。編者へも新史料、誤認の訂正など、多くのご教示を
    賜りたいところである。