HOME >> 出版物案内━2015年
 
 ●出版物案内−2015年
 
 

「被爆70年と日米軍事同盟の罪」
 「原爆で狂わされた子どもたちの悲痛な思いが伝わってきた」「内容の深いエキサイティングなお話で勇気をもらった」「たいへん面白く拝聴した。講演は日本の宝物と痛感」――。本冊子は、大きな反響を呼んだ非核の政府を求める会の講演会のつどい「被爆70年と日米核軍事同盟の罪」(2014年12月20日)の記録集です。

 同「つどい」は、広島・長崎の被爆から70年目となる2015年を迎えるにあたり、あらためて被爆の原点に立ち返るとともに、「日米核軍事同盟」の解明を通して、被爆国でありながら核保有国に追随する日本政府の核政策の根幹に迫り、核兵器廃絶と非核の日本実現への展望を探ることを目的に開かれました。

 本冊子には、高田敏江・俳優(演題「原爆で亡くなった子らが語りたかったこと」)、太田昌克・共同通信編集委員(同「日米〈核〉同盟の真相(深層)を追う」)、新原昭治・国際問題研究者(同「戦後世界の負の遺産、軍事同盟」)の各講師の講演(全文)を収録しています。

 本冊子が、多くの人々に読まれ、一日も早い核兵器の廃絶、非核の政府、非核の日本を求める世論と運動のいっそうの発展に資することができれば幸いです。

 ◆問い合わせは非核の政府を求める会(03・5844・6588)まで。

 安倍暴走政治ノー≠フ世論喚起、非核・平和の学習会等にぜひご活用ください。
頒価1000円

お申し込みは こちら へ