HOME >> 非核の政府を求める会とは━会の目的
 
 ●非核の政府を求める会とは
 
会の目的

 私たちは、「非核5項目」(別項)の課題を実行する非核の政府の実現をめざす非政府(NGO)組織です。1986年5月19日に発足。「非核5項目」に賛同する思想・信条の違いを超えた広範な人々によって構成され、活動しています。
 私たちは、日本政府が核兵器のない平和な世界と日本のために、唯一の被爆国であり平和憲法をもつ国にふさわしく、積極的な役割を果たすよう願っています。
 ところが政府の態度は、非核平和を求める内外の世論に背を向け続けています。イラク戦争に協力・加担し、毎年の国連総会では非同盟諸国などが提案している核兵器廃絶を求める決議や核兵器使用禁止決議に賛成していません。被爆国であるにもかかわらずアメリカの核兵器使用政策に抗議しないばかりか、「核兵器が大規模戦争の抑止力になるのも事実」と容認するなど、核兵器廃絶のための積極的イニシアチブを発揮していません。しかも、日本への核兵器持ち込みを容認する、米政府との間で結ばれた日米核密約が明るみにされても知らぬ存ぜぬを決め込んでいます。
 テロ・戦争も核兵器もない平和な21世紀を──いま世界は、非核・平和を願う声が大きく広がっています。この声にこたえる非核の政府の実現が求められています。核兵器廃絶・平和を願うあなたに、私たちの運動にぜひ賛同してくださるよう訴えます。


賛同していただくと──
毎月1回発行される「非核の政府を求める会ニュース」が直送されます。
「会ニュース」などをつうじて各種シンポジウムや講演会、つどいなどの案内がなされます。
年1回の全国総会をはじめ、講演会、シンポジウムなどに自由に参加できます。
学習会への講師派遣などに便宜がはかられます。
年1回の寄付金(1口・5000円)にご協力ください。