姫路アガペーチャペ あなたを生かす希望のメッセージ
  人生の問題解決に何が大切な事で、何が必要な事なのか?バイブルメーセージに答えがあります。聖書はすべて人間生活の規範です(要約版) 入門講座
教 会 案 内 | 行事案内 | 牧 師 紹 介名画で見るキリスト教会学校アビックス聖書入門講座メッセージ 

「幸福は神の国にある」 ヨハネ3-1〜15

  「まことに、まことに、あなたに告げます。人は新しく生まれなければ、神の国を見ることは出来ません。」  

人間は神の国の祝福を持つまでは幸福ではない

v3「人は新しく生まれなければ、神の国を見ることは出来ません。」v5「水と霊によらなければ神の国にはいる事は出来ません

新しく生まれるとは、十字架の恵みによって救われる事です。水と御霊によって生まれるとは、十字架によって古い己に死んで、新しいキリストの復活の命によって生きることです。

「新しい」とは何もかにも新しく、質的な変化をもたらす意味があります。

 人には闇がある  

 人間の心の中には多くの汚れが潜んでいるものです。汚れたものは外からではなく、人の内にあるのです。(マルコ7章) すべての人にあるこの汚れが神の国に入る妨げとなっているのです。 1993年、日本は冷夏となり、6月から始まった梅雨は8月に入ってもなかなか明けませんでした。この年、お米は不作でした。雨のために太陽の光がさえぎられるとどんな植物も立派に実りません。  同じように、神に背を向けていては神の国の祝福を得ることは出来ません。

「神の国は飲み食いのことではなく、義と、平和と聖霊による喜びだからです。」 神の国には、物質的なものを手にした時の一時的な快楽では味わえないものがあります。魂の奥底から沸き上がる永遠に続く、真の喜びと平安があります。  したがって、 わたしたち全ての者が本当に求めなければならないのはこの世の栄華ではなく、至上の幸福となる神の国を求める事です。神の国に入る者は地上においても神の国を得ているのです。

主は、神に逆らい背を向けている人間のために、水と霊によって新しくされ神の国に入る道を用意して下さいました。十字架を仰いで、ただ信じるだけで神の国の祝福を得られるのですA天が開けるまで祈る。 ある人は、辛い事、文句を言いたい事、怒り、不平不満のすべての解決を神様に徹底的にゆだねきって勝利する迄祈ったそうです。ゆだねる事、祈りを貫く事も自我との戦いです。

 

*先週のメッセージ ねたみからの解放 ねたみは奪う愛、自己中心的な愛から生じる 喜ぶ者と喜ぶ与える愛に転換される

メッセージのインフォーメーションに戻る