姫路アガペーチャペル あなたを生かすバイブルメッセージ
  人生の問題解決に何が大切な事で、何が必要な事なのか?バイブルメーセージに答えがあります。聖書はすべて人間生活の規範です(要約版) 入門講座
教 会 案 内 | 行事案内 | 牧 師 紹 介名画で見るキリスト教会学校アビックス聖書入門講座メッセージ 

「心の貧しい者であれ」山上の垂訓より

「心の貧しいものは幸いである。天の御国はその人のもの だからである。」マタイ5-3

 心の「貧しい」とは、極度の貧困を表す言葉で全く何も無い程の貧しさ言ったのです。しかしそれは物質的な貧しさではなく、「心」の貧しさ、即ち霊的な貧しさの事です。
 それがなぜ「幸い」なのでしょうか。この幸いとは文語訳聖書では「幸福なるかな」と言って一番はじめに付いていました。しかも言語のニュアンスは感嘆符がついているのです。

「おお、何と幸いな事か心の貧しい者よ!」幸いという文字のニュアンスよりももっともっと強く、「幸福」という意味が強調されているのです。 アラム語ではこの「貧しい」という意味は「貧しいがゆえに何の力も権力もなく、この世から完全に見離されて、全ての希望を神に託し神にかける人」という意味に使われていました。

 したがってここで言っている「心の貧しい者」とは、イエス様を信じて救いに預かっている者の事です。
それは、救いに預かるために何かをしなければならないとか、天国に入る条件として貧しくなければならないと言っているのではありません。 貧しい者がそのままで神の恵みにより無条件の愛によって天国を勝ち取る事が出来るのです。 新共同訳が最初に新約聖書が刊行した時は、貧しい者を「神により頼む者」と訳していたそうです。また、 貧しい者とは、苦しむ者、悩む者とも訳される言葉なのです神の前に自分は「無きに等しい者」と認識出来る人です。
神が全てあると認識できる無力な人間の真相を認める人の事です。

 これは神の前にそのままで出て行った人の姿です。
自らの破産状態を知っている。神が全てある一人の無力な人間である。神に頼らなければ平安も喜びも無いと意識できる人。神の前にまったくへりくだって頭を垂れて敬虔になれる人。
神に頼らなければ平安も喜びも無いと認める人。

 そして聖書はこのような心砕かれた人にこそ、神は「天国の祝福」という恵みをもって答えてくださると言っているのです。

 このように見て行きますと、「貧しい者」とはすでに救われている者、神の前に敬虔になって全てを神に求めている人と言えます。次のような恵みを地上に於て味わう事が出来るのです。

1)貧しい者は神のみ座に引き上げられます。イザ 57: 15
2)貧しい者には恵みが現れます。     Uコリ12-3
3)貧しい者は命の泉が沸き上がります。  ヨハネ4-14

心の貧しさを誇りましょう。「心の貧しいものは幸いである。天の御国はその人のもの だからである。」 神の国こそ貧しい者の為に用意されているところです。

 

 先週の礼拝メッセージ  2006,9,24 礼拝「ギデオンの空壺割り」士師7-15〜23   ロマ8: 9

 

 

メッセージのインフォーメーションに戻る