姫路アガペーチャペル あなたを生かす希望のメッセージ
  人生の問題解決に何が大切な事で、何が必要な事なのか?バイブルメーセージに答えがあります。聖書はすべて人間生活の規範です(要約版) 入門講座
教 会 案 内 | 行事案内 | 牧 師 紹 介名画で見るキリスト教会学校アビックス聖書入門講座メッセージ 

昇天者記念「新しい都の祝福」黙示録21-18

21:3 b「見よ。神の幕屋が人とともにある。神は彼らとともに住み、彼らはその民となる。また、神ご自身が彼らとともにおられて、21:4 彼らの目の涙をすっかりぬぐい取ってくださる。もはや死もなく、悲しみ、叫び、苦しみもない。」

「新しい天と新しい地」とは神の国のことです。

「以前の地は過ぎ去り」とありますように、罪に汚れた現在の被造物は滅ぼされて、罪の結果呪われたサタンの支配にある世界はすべて取り除かれている新しい世界を意味しています。

 1)人間を不幸にする悪いものが全くない最高の安住の地である。

人間にとって苦しみとなるものが七つの悪です。黙21:1  人生には、ある日突然青天の霹靂と言った事が起こり、悲劇の主人公になる危険を誰もが負って生きています。しかしこれらは皆無くなる祝福が新天新地です。

 2)永遠の喜びがある

「死」など全くないという永遠に生きる喜び、永遠の命の喜びがあるのです。大切なことは、ただボンヤリと過ごすことが喜びとなるのではなく、 神と共に永遠に生きる事、これが最大の喜びなのです。

 3)健康的で幸福な生活がある。

 「死」がないと言うことは病がないと言うことです。苦しんでいた病はまったく癒されて、心配の種となっていた一切の呪いから解放された世界なのです。

この世が三次元の世界であるとするなら、永遠の世界は四次元の世界であると言われています。四次元とは三次元の世界に時間を加えた世界です。現在の世界は時間が失われて行く世界ですが、時間が加わるということは時間が止まったような世界、つまり「永遠」という世界です。

かつて三次元と四次元の世界は別々の世界であると考えられていましたが、相対性理論によって連続した一つの世界であることが判明しています。死んで目を開ければそこは永遠の世界です。 

天国が光の世界であればゲヘナは暗黒の世界であり、天国が喜びと平安、慰めなどの癒しの世界であれば、またゲヘナは裁きと恐れと苦しみの世界です。 それが永遠に続くわけですから、どちらに振り分けられるか人間にとっては最も重要なことです。それは、就職や結婚よりも最も大切な問題です。

すべての支配者である神様が愛によって十字架を準備し、イエス様の血によって、ゲヘナ行きの私達の罪の贖いをしてくださった故に、無条件で天国行きのチケットを得ているのです。

2006,10,29 賛美礼拝「哀れむ者は祝福される」

マタイ5-7「哀れみ深い者は幸いです。その人は哀れみを受けるからです。」

 

メッセージのインフォーメーションに戻る