姫路アガペーチャペル あなたを生かす希望のメッセージ  Himeji Agape Chapel
  人生の問題解決に何が大切な事で、何が必要な事なのか?バイブルメーセージに答えがあります。聖書はすべて人間生活の規範です(要約版) 入門講座

 

 

「キリストの福音神の国」  マルコ1:14,15


本当の平和は「神の国」にしかありません。人間が作り上げる国にまことの喜びや平安はないのです。
 聖書中、イエス様だけが、「神の国は近くなった」と宣言されたお方です。それはイエス様だけが神の国について語ることが出来るお方である事を物語っています。
神の国とは、いわゆる世界地図を広げて指し示す目に見える領土ではありません。 「神は霊である。」と聖書にあります。神は見えないお方です。その神の支配する所、神がおられる所であれば、それは神の国です。神の国とは神が支配している領域をさします。ルカ17:21

 神戸出身の笹川邦夫さんは36才で、胃がんのため12年前に天に召されました。  召される前に病身を押して軽井沢の集会で講壇に立って証しされたのです。  その中で彼はこう言っていました。

「私に主治医ははっきりとものを言う方で、「もう君は駄目だ。家に帰って好きなことをしなさい。」と言われたそうです。 しかし、普通はそんなふうにいわれたら絶望してしまうはずです。 神様を信じていなかった時なら自暴自棄になって、銀行強盗でも新幹線をひっくり返す事でも。バーやキャバレーに行ってドンチャン騒ぎをすることでもしていたいたと思うのです。  私は元来そんな気持ちをもつ人間だからです。しかし、本当に、今は不思議に心が安らかなんです。 いつ倒れても構わない、いつ召されてもいいという心の平安があるのです。           

 私が今、ここでにこやかに話しているの事が、心に平安がある証しです。しかし体はいつ死んでも不思議のないほどひどいのです。 しかし、私にとって死ぬ事は恐いことではないのです。 私は聖書の御言葉を心から信じる事が出来ますすので、神様が天 国に私の場所を備えていてくださいますし、今度は朽ちない体をもつ、まったく清らかな者となって神様と共にいる事が許される、しかも永遠にです。 こんなに素晴らしいことがあるでしょうか。 ですから、このことが信じられたら、この世の苦しみや悩みは本当に小さな患難だと思います。       

 たとえ、私のように癌であっても両手両足がなくっても、神様の救いに預かっていれば人生の根本問題は解決されていると思います。ただ、人間ですから苦痛はあります。 でも、心に安らぎがある苦痛と、それがまったくない苦痛は全然違うと思うのです。 心に平安がなければもう絶望感にとらわれて、気も狂わんばかりだと思うのです。じっさい私は最初はそうでした。 イエス様に救って頂かなければあらゆる治療を試みて1パーセントにまで生きる望にかけてやろうという気持ちになり、そのなかで、不安は募るばかりで、仕舞には悶え苦しんで絶望の中で死んで行く だけだったと思います。 しかし、そういう人は本当にお気の毒だと思います。 聖書は本当に真理です。 聖書をお読みになってイエス様を信じて、本当の平安を頂いて一人でも多くの人が一緒に天国に行かれますように心のそこからお祈りします。 」 と、顔面笑みを讃えながら語られたそうです。 

1)神の国は悔い改めを求めている。
2)神の国はキリストの福音を信じる事を求めている キリストの十字架と復活を信じることです。
3)神の国は目に見える地上にあっては、聖霊の支配の中で歩む事を求めている。ガラ 3: 3

死んで天国に行った時だけが神の国に入るのではありません。地上にあっても天国のような喜びと平安を得る事が出来るのです。 それは大変な祝福です。 そのために忘れてはならないものは「聖霊」の働きです。「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいます。」と言われるキリストとの結合によって、神の恵みが成就するのです。そこに聖霊による喜びが生まれるのです。 
天国はこの平安と喜びで満たされているところです。 それは地上にあっても、如何なる時でも、如何なる情況にあっても与えられる祝福なのです。


「神の国」は想像上のものではありません。「事実」存在するものです。だからこそ、パウロは元々キリストを迫害していた人物であったにもかかわらず、神の国の宣教のために殉教しまた、彼はこの神の国の価値に比べるなら、彼が以前、誇りとしていた血筋、学歴、地位などはいっさい糞土のような価値のないものだと言い切ったのです。、また「生きるはキリスト、死ぬ事もまた幸いである」と、命をかけてキリストのために生涯仕えました。なぜでしょうか、神の恵みと愛によって赦され、よみがえられたキリストに出会ったからです。そして、十字架と復活の恵みを信じた事によって、「天に国籍」を得ていたからです。


牧師 中庭一也

メッセージのINDEXへ