食品衛生責任者講習会(養成講習会・実務講習会) 概要 組織 食品営業賠償共済のご案内 関係機関へのリンク

情報広場

adobeリーダーダウンロードアイコン

PDFファイルを表示するためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、ソフトウェアをダウンロードしてご覧ください(無料)。


 

新年のご挨拶

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

旧年中は、当協会の事業運営に関しまして、格別のご指導、ご支援を賜り厚くお
礼申し上げます。

 会員の皆様には、日ごろから自主衛生管理の向上にご尽力をいただきますととも
に、食品衛生思想の普及啓発活動等を通じて地域住民の方々の健康増進に寄与され
ておりますことに、心より敬意を表します。

近年、全国的に季節を問わず豪雨による土砂災害や暴風雪など異常気象に見舞わ
れております。被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

さて、道内でも、外国人観光客が増え、観光地や交通機関はもちろんのこと、街
中でも日常的に中国語や英語などが聞こえてきます。2年後の2020年には東京
オリンピックが開催され、世界中から沢山の方々が我が国を訪れ、滞在されること
になります。来日された皆様に安心して日本の食文化に親しんでいただくことは、
私たち食品衛生協会の重要な課題になっています。

また、食品を取り巻く環境は、高齢化や働き方の多様化などにより調理済食品や
中食、外食へのニーズが増加
するとともに、ノロウイルスやカンピロバクター属菌、
腸管出血性大腸菌O157などごく少量の菌を摂取することで発生する食中毒が
多くなっています。異物混入等による苦情や食品の回収事例も後を絶ちません。こ
のような状況のなかで、適切な手洗いや従事者の健康管理、食品の低温保存、加熱
や殺菌、異物対策、記録など自主衛生管理の着実な実施が求められています。

厚生労働省では、国際的に普及が進んでいるHACCPによる衛生管理を制度化
することなど、15年ぶりに食品衛生法の改正を行うことにしています。当協会で
は、食品関係営業者の皆様に法改正の動きやその趣旨をお知らせするとともに、H
ACCPによる衛生管理の手法が理解され定着するよう行政と連携して普及啓発活
動を進めてまいりますので、会員の皆様のご理解、ご協力をよろしくお願いします。

食品衛生協会活動は、食品関係営業者が地域の食品安全のために行う重要な活動
であり、多くの会員の参加を得て、今後とも積極的に展開していかなければなりま
せん。
そのため、当協会では、昨年から3年計画で日本食品衛生協会の支援を得て
会員増強に取り組んでいます。まず、地域における食品衛生協会活動の重要性を踏
まえ、行政との連携・協力体制を再確認するとともに、当協会と地方食品衛生協会
の情報交換を緊密にし、食品営業賠償共済やあんしんフード君の加入促進等をバネ
に、地方食品衛生協会の会員確保を図りたいと考えております。
関係者の皆様のご
理解、ご協力をよろしくお願いします。

本年も、関係行政機関の各位、各地方食品衛生協会長様をはじめ役員の方々、そ
して会員の皆様方の絶大なるご支援、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げ
ます。

最後になりますが、皆様のご健勝とご多幸、ご繁栄を心よりお祈り申し上げまし
て、2018年の年頭の挨拶といたします。

 

   公益社団法人 北海道食品衛生協会

   会 長  中 川  竹 志

 

         

ノロウイルスによる食中毒に注意しましょう

ノロウイルスによる食中毒は、特に冬季に多発し、大規模な集団食中毒も発生しており、ノロウイルスによる食中毒を未然に防止するため、11月から1月までの3か月間を「ノロウイルス食中毒予防強化期間」と定め、全国の食品衛生協会が連携して、食品等事業者の自主的な衛生管理の徹底を図るとともに、ノロウイルスに関する的確な情報の提供に努めております。

 

Copyright©2014 公益社団法人 北海道食品衛生協会 All Rights Reserved.
〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西10丁目4番地143 第2タイムビル8階 電話011−231−5300 FAX011-231-5304