presented by ホームワーク
たまご本舗
新しいいのちを包みます。
たまごの形のへその緒入れをつくりました。
「うみたてたまご」

たまごの“身”の部分です。

“ふた”と“身”の継ぎ目をつくって、
最後にペーパーをかけて。。。

かわいく飾って『うみたてたまご』の出来上がり。

トップページへ
「うみたてたまご」
Aセット
Bセット
Cセット
Dセット
お名前入れ
ラッピング
お仕立券
ご注文はこちら
ギフトセット
たまごのきもちA
たまごのきもちB
たまごのひとりごとA
たまごのひとりごとB
たまごのたんじょうびA
たまごのたんじょうびB
お仕立券
ご注文はこちら
トップページへ

〜桐の木が“たまご”に生まれかわっていく過程の紹介です〜

たまごの“ふた”を作っています。
だんだん丸く…たまごらしく?!なっていきます。

原木を製材した状態。
このまましばらく、天日で乾燥させます。

「うみたてたまご」の製作過程

木工ロクロという機械に木をはめ込んで、高速で回転させます。
そこへ“バイト”とよばれる『のみ』をあてて削ります。
桐の木は、やわらかく、大変削りにくいのです。

削りやすくするために、角を落として8角形にします。
      それぞれのパーツに裁断した後、
ドリルで穴を開けます。