Relaxation&Culture癒文IBUNちゃん

About

癒文の”気持ちいい”アイテム

 

タイ古式マッサージとは

  「世界で一番気持ちいいマッサージ」と言われるタイ古式マッサージですが、その特徴は、 身体にある「セン」と呼ばれるエネルギーラインを刺激する事です。この「セン」とは "エネルギー" と "風" の通り道であり、この道が詰まってしまった時、 人は病気になると信じられています。
  タイ古式マッサージでは《セン》と呼ばれるエネルギーラインを指圧や掌圧などで十分にほぐし、ストレッチでゆっくりと伸ばしていきます。最後に歪んだ背骨や関節を整えていく施術となります。
  単純に、凝った筋肉をほぐすだけのマッサージとは違い普段は伸ばしづらい筋肉を刺激して、体内のすみずみまで血行を促します。2人でやるヨガとも呼ばれています。

タイ古式マッサージイメージ

 

ルーシーダットンとは

  タイの山奥で修行していた仙人が行っていた健康法で、別名《仙人体操》ともいわれています。
  しなやかでゆったりとした動きにより、身体のすみずみまで伸ばしたり引っ張ったりすることで自分自身の身体のバランスを整えていきます。
  左右対称の動きをすることにより身体の歪みを見ずからが知ることができ、生活習慣の改善にもつながります。
  インド式のヨガよりも難易度が低く、ダイエットやデトックス効果も高井ルーシーダットンは誰にでもはじめられるセルフマッサージ要素を含んだ健康法です。

イメージ

 

足圧式健康法とは

  血液やリンパ液の流れを良くして自然治癒力を高める、癒し効果の高い健康術です。
  掌の大きさの約2倍ある「足裏」を使ってやさしく圧迫することで、毛細血管や筋肉を痛めることなく細かい部分まで刺激することができます。また揉み返しが起こりにくいので、ご年配の方や女性の方へもお勧めです。
  このマッサージは、数百年前、お寺の修行僧の方々が疲れた体をほぐしあう時、合掌した手ではなく足を使った事が始まりといわれています。
  血行促進・細胞活性作用・自律神経調整(ストレス軽減)・精神状態安定作用(リラックス効果)などの効果が期待できます。

 

トークセン 木槌

トークセンとは

  ランナータイ王国が出来る以前、タイ民族が移住して来る前から住んでいたモン族の頃から行われていたと言う調査結果があります。
  タイ王国には、宮廷医療として受け継がれたタイ伝統医療のほか、地方伝統医療が存在しています。 そして、最近になって、地方伝統医療を見直そうと言う動きがあり、その中でも北地方のランナー伝統医学のひとつであるトークセンが注目されています。
  トークセンは、木槌で杭をたたく事により発生する振動により、コリを取り、血行を良くし、リンパの流れを良くし、神経の流れを改善し、 細胞を活性化すると考えられます。
  指や手の平で揉む場合には、皮膚の下の浅い筋肉や組織にしか作用を及ぼしませんが、 トークセンの場合には、身体の深部の筋肉や組織に作用します。その為、普通のマッサージや整体の施術より、効果が望める可能性が高いのです。