スチールハウス特徴

地球環境に配慮した住まい スチールは、リサイクルできる材料です。つまりスチールハウスは、これからの自然環境と人間の共生も視野に入れた住まいだといえます。
お客さまも納得のトータル品質 地震や台風、積雪などに対する安全性を、各種構造実験によって確認しています。また、耐久性、遮音性、断熱性など、実験で実証されたトータルな品質で、お客様に理想のライフステージを提供します。
優れた施工性 接合や加工が簡単。施工の省力化・施工期間の短縮が図れます。また、鐵鋼メーカーが高度な品質管理体制のもと製造した高品質のスチール部材を提供。木材に比べ軽量で価格も安定しています。
耐震性 品確法に基づく住宅性能表示の耐震等級において等級3(最高等級)を取得。 スチールハウスは、卓越した耐震性で住む人の大切な暮らしを守ります。
耐久性 日本全国6ヶ所にあるモニターハウスを使用し、耐久性の実験・調査を行いました。実際に人が住んでいるスチールハウスの壁内や床下等に使用されている亜鉛めっき鋼板の腐食状況を調査した結果、100年以上の耐久性を確認しています。
省エネ 冷暖房時にエネルギー消費削減の対策をどれだけ講じているかを評価する省エネルギー対策等級で、スチールハウスは、最高等級である「等級4」を取得しています。
居住性 約80dBの外部騒音でも、半分の約40dBにまで抑えることが可能。スチールハウスの遮音性能は、3年間にわたる実大実験棟の音響調査で実証済みであり、そこで得られた研究データは住宅に反映されています。
耐火性 スチールハウスの枠材は、高温に達してもまったく燃えず、煙も出さないスチールです。また、外壁材には不燃材の窯業系サイディング、その裏面に空気層と断熱材を設ける外張断熱方式を標準採用。このため防火性能は非常に高く、軒裏、屋根にも不燃材を用いるスチールハウスは、防火構造上、非常に優れた住宅だといえるでしょう。