インプラント業務用情報発信基地_インプランントを行う歯科医師とインプラントマニアの為のインプラント情報サイト

Sinus Lift サイナスリフト(上顎洞底挙上術)

筆者情報

インプラント埋入の為のサイナスリフト

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)

インプラントを上顎臼歯部に植立しようとすると、しばしば問題となるのが骨量の不足です。特にこのケースのように単独インプラントは複数インプラントを連結した場合と比べて、長期的な安定性が劣ることが一般的です。とくに歯周病が進行している場合やブラキシズムでインプラントの前後の歯牙に動揺がある場合、咬合力やブラキシズム、クレンチングなどの過大な力は全てインプラントに集中し、インプラント周囲の骨を吸収させたり、インプラントのネジやフィクスチャー自体を破折させたりします。完全な解決になるわけではありませんが、サイナスリフト(上顎洞底挙上術)を行い、骨量を増加させることにより、長いインプラントを埋入することができます。統計的には10ミリ以下のインプラントは10ミリ以上のインプラントより長期的な安定性が劣ります。

インプラント埋入の為のサイナスリフト インプラント埋入の為のサイナスリフト

 

インプラントの選定ですが、抜歯した跡はくぼんでおり、オルソパントモで計測するより骨量が少ないことが多いです。
今回のケースは抜歯した跡にサイナスリフトとインプラントの埋入を同時に行います。
なお移植骨は同側の基底結節部から破骨鉗子で採取します。

インプラント埋入の為のサイナスリフト


もうひとつインプラント手術にかかせないのは手術用のステントです。
上記のステントはインプラント手術に用いるステントで残存歯支持型で残存歯にきちんと入っていることを確認する為に咬合面に孔が開けてあります。
このタイプの手術用ステントはサージガイドみたいにバーの方向を規制するタイプではなく、フレキシブルに対応できます。
ただし、バカチョンではないので、ドリル径を上げる度に、方向支持棒を刺して、方向と位置を確認する必要があります。
オペの前日までに口腔内に試適して、手術当日には消毒しておきます。

インプラント埋入の為のサイナスリフト インプラント埋入の為のサイナスリフト


インプラント治療に重要なのは、診断と準備です。
インプラント手術で用いるステントには手術用ステントの他に、CTに映し込むための診断用ステントを作成します。

インプラント埋入の為のサイナスリフト

デンタスキャン画像からも抜歯窩はくぼみ、埋入予定位置には実質5ミリしか骨が無いのがわかります。

インプラント埋入の為のサイナスリフト

インプラント埋入の為のサイナスリフト

12ミリ以上のインプラントを埋入する為には、かなり上顎洞底を挙上しないといけません。

インプラント埋入の為のサイナスリフト インプラント埋入の為のサイナスリフト

粘膜上に切開線をピオクタニンで引きます。
ピオクタニンは本来はカンジダ治療薬ですが、爪楊枝に浸して筆ペンのようにして紫のラインを描きます。

インプラント埋入の為のサイナスリフト インプラント埋入の為のサイナスリフト

骨の上にもウインドウを開けるラインをピオクタニンで引きます。
開窓の形態は楕円でも長方形でもかまいませんが、ラウンドバーやダイヤモンドバーで骨の半分迄溝を掘り、溝に骨ノミを当ててマレットで叩いて骨折させる方法が早くて安全かと思います。その他に、超音波で骨を切る方法も使用しています。

インプラント埋入の為のサイナスリフト

直径5ミリ長さ14ミリのワイドインプラントです。ウインドウの骨はインプラントの先端で上部に持ち上げておきます。

インプラント埋入の為のサイナスリフト インプラント埋入の為のサイナスリフト

今回の採取骨は上顎結節部から破骨鉗子で採取してきました。
骨量はあまりありませんが、上顎洞底をウインドの皮質骨を屋根としてインプラントで持ち上げてあるので、内部は骨に囲まれた空間になりますので骨が再生します。
尚、ウインドウ部にはメンブレンは使用しませんが、骨膜を挫滅しないように取り扱っているので、骨膜表面から直接骨が誘導されてきます。

インプラント埋入の為のサイナスリフト インプラント埋入の為のサイナスリフト

上は縫合し終わったところです。

今回の手術に用いた器具を説明しますと、右上の写真のピストルみたいな形おしたものは、ケリソン鉗子とかスタンツェとか呼んでいますが、要するに骨鉗子で、サイナスリフト時には薄い上顎洞壁を拡大するときに使用します。その左にある2本の鈎は上顎洞鈎といって患者の頭側に立って口角を牽引する時に使用します。

インプラント埋入の為のサイナスリフト インプラント埋入の為のサイナスリフト

インプラントに直接触れるばあいや、その可能性のあるものは、チタンの皿とチタンのピンセットを使用します。

インプラント埋入の為のサイナスリフト

バーはノーベルバイオケアのブローネマルク用のドリルが使い捨てで管理が楽です。

Copyright © 2000 吉岡歯科医院 All Rights Reserved. このサイト内のコンテンツの著作権は全て吉岡歯科医院に帰属します。コンテンツの複製・二次利用は固く禁止します。