被害者の注意すること

(1) 相手の確認…住所・氏名,車種、車のナンバー、加入している自動車保険会社名,
   保険番号などをメモしておきます

(2) 事故状況の確認…当事者以外の第三者がいれば,立会証人になってもらいます
   ・違法駐車の車などは見て見ぬふりをして立ち去ってしまうことがあります。ナンバー
    を控えておきます

   ・ いない場合は、メモ書きして加害者のサインをもらいます

   ・ できる限り事故の証拠を残しておきましょう

    ☆事故現場,あらゆる痕跡の写真をとりましょう
     ・路面のスリップ痕,散乱物,事故車,現場の全景など,あらゆる角度から,何枚も
      とります
     ・大きさの分かるものを一緒に写します
     ・ガラス,落下物等はすぐなくなってしまうのでできる限り写しておきましょう

    ☆事故車は事故が解決するまで保管しておきます
     ・警察に保管してある場合は…スクラップになる前にキズの写真をいろんなアングル
      からとりましょう

    ☆事故の時に被害者が見につけていた衣類も保管しておきましょう

(3) 事故関係書類を保存しておきます

(4) 警察への届出…加害者は処罰をおそれて届出をしないこともあるので、被害者からも
              届出をしたほうがベターです


トップページ交通事故の解決>被害者の注意すること

当事務所のご案内
横浜市旭区 (相鉄いずみ野線「南万騎が原」より徒歩10分)
TEL 045-366-5907  FAX:045-366-5917

メールはこちら