第18号:2003.11.14:隔週金曜配信
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

交通事故 〜 慰謝料をアップさせる相談室

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
− 情報は多いほどいい −

(―_―♯) →→→ V(^−^)♪

目次
☆ 好意同乗減額について 続き
☆ コーヒーぶれいく   気持ちがよかったこと
――――――――――――――――――――――――――――――▲――――

◎ 好意同乗に関する説には2つのものがあります。

1)独自の減額理由とするもの
2)過失相殺の類推適用説 の2つです

1)の独自の減額理由とするものは好意同乗者の好意同乗により得る運行支配・
利益を受ける以上はそれに応じた危険も運転者と共に分担するべきであるとの
説です。

2)の過失相殺の類推適用説は事故に対する好意同乗者の責任や寄与度に着目
するものです。

判例は二つの考え方のどちらに立っているともいえないもの,両者の折衷など
いろいろです。

◎ 判例の傾向についてもう少し書いてみます

減額の有無・程度の判断について … 
    同乗者が 飲酒運転を知っている
         速度が出すぎているのを知っている
         無謀運転を知っている
         運転技術が未熟だったかを知っている
         危険な運転を制止しなかった
         過労運転だと知っていた
         その他バイクに3人乗りをしたり,スピードをあげろ
         と指示をしたり
以上のような場合は,事故の発生や損害の拡大に責任があるとされて減額され
ます。

又減額を主張できるのは好意同乗車両の運転者に限られ,衝突した車両は主張
できません。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

☆ コーヒーぶれいく   気持ちがよかったこと

ホームページで交通事故の相談をしていると,相談者と二人三脚をしているよ
うに調子良く解決することがあります。
これは物損事故なので慰謝料は関係ないので,期待された方はゴメンナサイ。

Tさんは運送会社のトラックでお店の看板を壊されました。代金は5万円。
アルバイトの運転手は修理代を払うと約束したのに,何度請求されても知らん
顔をしてすでに1年弱経っていました。

そこでTさんは私にメールの相談をしたのです。
私は運送会社に請求するようにとアドバイスしました。

ところがその会社の社長が「居留守」をつかうというのです。 まったく!
もう一度メールが来たので,今度は内容証明を書くようにアドバイスしました。
このような文を入れてご自分でお書き下さい,とお願いしました。
(法律の素養のある方でしたので,ご自分で書かれました。)

するとなんと,内容証明が着くなりお金が即日払い込まれていたのです。
そのメールを見た時本当に気持ちが良かったです!
無料の相談でも,私のちょっとした知識でも役にたったんだなあとうれしかっ
たです。
実はその後お菓子が送られてきたので,もっとうれしかったです。
でも,無料相談のみなさん誤解しないでね。 
これはお菓子の請求ではありませんので。

―― ! ―――――――――――――――――――――――――  !  ――

作者から

このめるまがを見てもちっとも慰謝料があがらない!とお腹立ちのあなたへ

最初に書いたように賠償額の要素にはいろいろあって単純なものではありませ
ん。過失割合もあるし,後遺障害の等級もあるし,逸失利益もある
…今度はそちらにトライしてくださいね

まれに,どうしようもないケースがあります。
仕方がないです。さっさとあきらめて新しい気持ちで生活するしかありません

がんばってください

――――――――――――――――――――――――――――――――▲――

■発行者:横浜市中区本町2−19 弁護士ビル9階  行政書士武藤陽子
 
●WEBサイトにもアクセスしてください! バックナンバーはこちらから
  http://www1.odn.ne.jp/jikonochie
●ご意見ご感想はこちらにどうぞ!
  muto_gyosei@yahoo.co.jp

----------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ を利用して発行
しています。解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000106671.htm から。
--------------------------------------------------------------------


トップページメールマガジンのバックナンバー>第18号

 

当事務所のご案内
横浜市旭区 (相鉄いずみ野線「南万騎が原」より徒歩10分)
TEL 045-366-5907  FAX:045-366-5917

メールはこちら