改正道路交通法(平成14年6月1日施行)

 

道路交通法の一部改正がありました。飲酒運転や無免許運転の罰則等が厳しくなります。

(1) 悪質・危険運転者への罰則の引き上げ

○救護義務違反(ひき逃げ)…5年以下の懲役又は50万円以下の罰金

○酒酔い運転,過労運転(麻薬等)…3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

○共同危険行為等…2年以下の懲役又は50万円以下の罰金

○酒気帯び運転,無免許運転,過労運転(その他)等…1年以下の懲役又は30万円以下の罰金

 特に酒気帯び運転は基準が強化され,わずかな飲酒でも「酒気帯び運転」となります

    …呼気1リットル中のアルコール濃度が0.15mgに引き下げられました。(改正前は0.25mg)

 

(2)悪質違反の違反点(基礎点)が大幅にアップ!

○酒酔い運転、麻薬等運転、共同危険行為等違反…15点→25点

○酒気帯び(0.25以上)無免許運転…13点→23点

○酒気帯び(0.25未満)無免許運転…12点→20点

○無免許運転…12点→19点

○酒気帯び運転(0.25以上)、過労運転…6点→13点

○酒気帯び(0.15以上0.25未満)…なし→6点

 

(3)運転免許証更新時の負担の軽減

○免許証の有効期間が,3年から原則5年になります。

   該当するのは,過去5年間の違反が軽微なもの1回(3点以下,人身事故なし)の人です。

   但し,初心者,70歳以上の高齢者は除きます。

○免許証の更新期間が,現在の1ヶ月間から2ヶ月間に延長されます。

   (誕生日の前1ヶ月間と誕生日の後1ヶ月間)

○優良運転者(ゴールド免許証を持つ人)は,住所地以外の都道府県でも免許証の更新ができます。

○免許更新時に高齢者講習の受講が必要な者の範囲が,現在の75歳以上から,原則70歳以上になります(高齢者マークの対象も同様です)


トップページこんな言葉・あんな話>改正道路交通法

当事務所のご案内
横浜市旭区 (相鉄いずみ野線「南万騎が原」より徒歩10分)
TEL 045-366-5907  FAX:045-366-5917

メールはこちら