口についての後遺障害

自賠責保険で認められる後遺障害は次の通りです。

歯科捕てつによる後遺障害

14歯以上の歯科捕てつを加えたもの・・10級4号
10歯以上の歯科捕てつを加えたもの・・11級4号
 7歯以上の歯科捕てつを加えたもの・・12級3号
 5歯以上の歯科捕てつを加えたもの・・13級5号
 3歯以上の歯科捕てつを加えたもの・・14級2号

障害等級表には、歯牙の障害について、歯科捕てつを加えた歯の数によって、5種に分けて等級が規定されています。
ここでいう「歯科捕てつを加えたもの」とは、現実に喪失又は著しく欠損した歯牙に対し、捕てつ処置を行ったものをいいます。

咀嚼及び言語の機能障害

咀嚼及び言語の機能を廃したもの・・・・・・・・・・・・・・1級2号
咀嚼又は言語の機能を廃したもの・・・・・・・・・・・・・・3級2号
咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの・・・・4級2号
咀嚼又は言語の機能に著しい障害を残すもの・・・・6級2号
咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの・・・・・・・・・・9級6号
咀嚼又は言語の機能に障害を残すもの・・・・・・・・・10級3号

歯牙の障害とそしゃく又は言語機能障害が併存する場合

○ 歯牙の障害とそしゃく又は言語の機能障害が併存する場合
  歯牙の損傷のみの場合はいずれか高い方

例 歯牙障害・・・・・・・・・・・ 第12級3号
  そしゃくの機能障害・・・ 第10級3号

  → 第10級3号となる。

○ 歯牙の障害とそしゃく又は言語の機能障害が併存する場合
  歯牙以外の原因に基づく場合

例:歯牙障害・・・・・・・・・・・・第12級3号
  そしゃくの機能障害・・・・第10級3号

  → 併合第9級となる。


トップページ後遺障害について>口の障害

当事務所のご案内
横浜市旭区 (相鉄いずみ野線「南万騎が原」より徒歩10分)
TEL 045-366-5907  FAX:045-366-5917

メールはこちら