後遺症による逸失利益の計算

次のように計算します

(1)後遺障害が第何級になるか認定してもらう

(2)後遺症による労働力喪失率を決める

(3)年間減収分を計算する…[年収]×[喪失率]=[年間の減収分]

(4)労働能力喪失期間を計算する…一般には症状固定の年齢から67歳まで
    むち打ちで「局部に頑固な神経症状を残すもの」(12級)、「局部に
    神経症状を残すもの」(14級)の後遺障害が認定された人は、症状
    により、5〜10年(12級)、3〜5年(14級)の喪失期間とされます。

(5)[年間の減収分]×[労働能力喪失年数]

(6)逸失利益を計算する…ライプニッツ式計算で中間利息を控除する

 

(なお、後遺症逸失利益の計算では生活費を控除しないのが原則です)


トップページ損害賠償額の算定人身事故>後遺による逸失利益の計算

当事務所のご案内
横浜市旭区 (相鉄いずみ野線「南万騎が原」より徒歩10分)
TEL 045-366-5907  FAX:045-366-5917

メールはこちら