クライアント -お客さま- の声

○ 被害者請求で後遺障害9級  Y市 K様
事故:原付対車 運転席のドアをいきなり開けられて、原付を運転していた被害者が飛ばされ負傷
傷病名:急性硬膜外血腫、脳挫傷、顔面・腰部・左足外傷
自覚症状:頭痛、嘔吐、めまい、後頭部痛

K様から
「電話をかけても、担当者に居留守を使われて話ができないので、どうしたらいいのか本当に困っていました。
先生にお会いしなければ、どうなっていたかと思い、ぞっとします。」

 ☆ 武藤のコメント
被害者は担当者に放っておかれ、どうしていいかわからない状態でした。
これではいけないと思い、後遺障害の被害者請求をしました。
任意保険会社の作成した事故発生状況報告書には、加害者に不利なことが書かれていないことを発見した時には、かなり憤慨してK様に報告したものでした。


○ 後遺障害14級から10級へ 重過失減額が減額なしへ Y市 N様
事故:原付対車 衝突
両下腿骨骨折、足部しびれ感 (実は関節の可動域の制限がありました)

N様からのメールです

「しかし、武藤さんには一方ならずお世話になりました。
正に人生の岐路を決めた出会いであり、心から御礼申し上げます。
・ 障害等級を上げる事のアドバイス頂いた事。
・ それが思いもよらぬ10等級の障害等級を得た事。
・ 自賠責直接請求の手配を頂いた事
・ 過失割合による異議申し立てをして頂いた事
これらはプロの武藤さんのお力がなければ実現しなかった事であり、誠に私にとって武藤さんは幸運の女神です。」

 ☆ 武藤のコメント
「女神」と言われたことは今までの人生になかったことなので、メールを受取ったときは正直照れてしまいました。
でも、お役にたてて、本当によかったです。


○ アドバイスで後遺障害3級(2,219万円)から併合2級(2,590万円)へ  Y市 F様
事故:高速道路でバンクした車が被害車両に衝突、側壁に激突
傷病名:脳外傷、骨盤骨折、左脛腓骨骨折、右大腿骨骨幹部骨折他

「とにかく、じっくり話しを聞いていただけました。
担当者からもらった後遺障害診断書だけではなく、アドバイスに従って他の症状も書いてもらって、この結果となりました。」

☆ 武藤のコメント
被害者は当初、保険会社の担当者の言うとおり、一つの科で後遺障害診断書を書いてもらうつもりでした。
でも、よく話を聞いてみると、下肢の短縮障害もあるというので、それも書いてもらうようにアドバイスしました。
タイミングよくアドバイスできて、よかったです。



○ 併合12級から併合10級へ  Y市 T様
事故:直進バイクと右折車両が衝突
傷病名:右膝十字靭帯損傷ほか

T様「医療ミスの上、他の医師に診断書を書くのを断られ、その上弁護士に依頼を断られました。
   先生に異議申立を引き受けていただいてホッとしました。」

☆ 武藤のコメント
色々なところで、散々な目にあっていたTさんですが、正当な認定を得られました。
あきらめずに頑張った結果がでて、本当によかったと思います。


○ 14級から12級へ  H市 H様
事故:横断歩道歩行中、車両と衝突
傷病名:右膝内側半月板損傷ほか

H様「自分で異議申立をしたのですが、等級は変わりませんでした。
   もう、どうしていいのかわかりませんでした。」

☆ 武藤のコメント
ご自分で異議申立をされる方は多いです。
でも、書かれた内容を拝見すると、これでは異議申立は認められないだろうと思うものが大部分です。
気楽にご相談下さい。


○ 後遺障害非該当から14級 S市 K様
事故:車対車 追突
傷病名:頚椎捻挫、腰椎捻挫、末梢神経障害、等々

すべて終わった後、うれしいお手紙をいただきました。

「早いもので、今年ももう少しで終わろうとしています。
今年は、保険の件も納得のいく形で終わることができて、新しい気持ちで、新年を迎えて 頑張っていける気がしています。
これもすべて、武藤さんに出会ったおかげだと思い感謝の気持ちでいっぱいです。

2年半のあいだ、たくさん話をきいてもらい、支えになっていただき ありがとうございました。
武藤さんがいなかったら、とっくにあきらめていたと思います。

これからも 私のように困っている人の 強い味方でいて下さい。
本当にありがとうございました。」

 ☆ 武藤のコメント
平成15年の事故、平成16年7月に非該当との認定。
ご自分で異議申立をされましたが、うまくいかずに、相談を受けました。

異議申立の書類を作成し、平成20年末に14級に認定。
ご自分がされた示談も、納得のいく形で終わりました。

異議申立が認められたのもうれしかったです。
でも、その時に書いた書類の内容を読んだK様が「ここまで私の症状を書いてもらったら、異議申立が認められなくてもかまわない」とまで言っていただいたのが、よりうれしかったです。
このお手紙をいただいて、あきらめないでよかったと思いました。

後遺障害非該当から14級に認定されるケースはあまりにも多いので、紹介は一部にとどめます。


トップページ>お客さまの声

当事務所のご案内
横浜市旭区 (相鉄いずみ野線「南万騎が原」より徒歩10分)
TEL 045-366-5907  FAX:045-366-5917

メールはこちら