創刊号:2003.3.21:隔週金曜配信
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

          交通事故 〜 慰謝料をアップさせる相談室

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
− 情報は多いほどいい −

            (―_―♯) →→→ V(^−^)♪

目次
☆ きちんと慰謝料をもらうには … 創刊号によせて
☆ 私の好きなうた
☆ コーヒーぶれいく
――――――――――――――――――――――――――――――▲――――

☆ きちんと慰謝料をもらうには … 創刊号によせて

交通事故にあうなんてめったにあることではありません。でも,そのときに欲
しいのは確かな情報です。
被害にあったときに損害賠償額の算定で大きな差が出てくるのが慰謝料・過失
相殺・後遺障害の等級などでしょうか。

普段私たちは保険会社の人が「この額をお渡しします」又は「あなたはこれこ
れの後遺障害の等級ですよ」と言ってくれば「ああ,そうなんですか」と思う
かもしれません。
でもそれではもったいない。あなたは痛い目にあった。会社もクビになったか
もしれない。いつまでも後遺症に苦しめられているかもしれない。それをちゃ
んと評価してもらいましょう。賠償額は交渉の余地があるし,交渉すれば少し
は(やり方によってはものすごく)その金額が上がるのです。

このメルマガでは被害者の視点から考えます。そしてどうすればきちんと交通
事故の慰謝料をもらえるのか,ということをいろいろな角度から考えられれば
…と思っています。すべての項目を網羅したいのですがまず慰謝料からにした
のは「精神的な苦痛をお金に換算する」という若干わかりにくいことがらを,
わかりやすく書ければいいなと思ったからです。

次号からは何か一つでもあなたのお役に立てる情報を発信できたら満足です。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

間違えやすいこと
 けがをして後遺障害(残るキズなどいろいろあります)が残ったとき → 
慰謝料の総額は
「傷害の慰謝料」プラス「後遺障害の慰謝料」の合計  です

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

このめるまがでは裁判の動向を見つつ,できるだけ最近の判例に照らし,傷害
または後遺障害の程度に即した額を引き出し,請求できればと願っています。

交渉をスタートするということはこの額に必ずしも決まる!といったものでは
ありません。
その点は間違えやすいのです。弁護士会の基準は裁判の基準。でも,主張しま
しょう!
その交渉で少しは慰謝料のアップができたら…ウレシイじゃないですか

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

☆ 私の好きなうた   〜すてきな和歌(うた)をご紹介〜

    「紅梅の香る細道登りゆき携えくれる君の手を欲る」
         
               前田澪子歌集「花と鞄と」短歌新聞社刊より

――――――――――――――――――――――――――――▲――――――

☆ コーヒーぶれいく

「ラッキーコイン♪」

下を向いて歩くせいでしょうか,しょっちゅう落ちている硬貨を目にします。
1円のこともありますが,500円のこともあります。普段はあつかましいの
に,こんな時だけは他人の目を気にして拾えないでいます。
ある時,アメリカ人と結婚した知人が落ちていた硬貨を拾い「ラッキーコイン
♪」と言ってあっけらかんと財布に入れたのです。これはイタダキです。今度
からは気楽にひろうぞ!落ちているコイン!「ラッキーコイン♪」といいなが
らと思いました。
でもね,エスカレーターの一番上の溝のところに漂っている硬貨だけは,ちょ
っと技術がいりますよね

――――――――――――――――――――――――――――▲――――――

☆次回は慰謝料の金額の相場は?です

―― ! ―――――――――――――――――――――――――  !  ――

作者から

このめるまがを見てもちっとも慰謝料があがらない!とお腹立ちのあなたへ

最初に書いたように賠償額の要素にはいろいろあって単純なものではありませ
ん。過失割合もあるし,後遺障害の等級もあるし,逸失利益もある
…今度はそちらにトライしてくださいね

まれに,どうしようもないケースがあります。
仕方がないです。さっさとあきらめて新しい気持ちで生活するしかありません

がんばってください

――――――――――――――――――――――――――――――――▲――

■発行者:横浜市中区本町2−19 弁護士ビル9階  行政書士武藤陽子
 
●WEBサイトにもアクセスしてください!
   http://www1.odn.ne.jp/jikonochie
●ご意見ご感想はこちらにどうぞ!
  muto_gyosei@yahoo.co.jp

----------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ を利用して発行
しています。解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000106671.htm から。
----------------------------------------------------------------------


トップページメールマガジンのバックナンバー>創刊号

当事務所のご案内
横浜市旭区 (相鉄いずみ野線「南万騎が原」より徒歩10分)
TEL 045-366-5907  FAX:045-366-5917

メールはこちら