対物超過特約(「対物全損時修理差額費用」「対物事故の超過修理担保特約」)

Q 対物超過特約ってなんですか?

A 車対車の事故の場合、経済的全損(修理費がその時価を超過する場合)では、
  民法上損害賠償額は相手の自動車の時価額が限度となります。

 つまり、相手車が年式が古く、仮に市場価格が20万円の車の場合は修理費が30万円
 かかるとしても保険会社は20万円全損としての支払いです。

 ところが、被害者心理としてなかなか収まりにくいのが現状でした。
 そういったニーズに応えて発売された特約です。

 この特約に入れば、実際に修理をするのであれば50万円を限度に対物保険を支払
 うというものです。

 ただ、全額ではなく、修理費と時価の差額に被保険者の過失割合を乗じた額(50万円
 限度)を支払うものであるようです。


トップページこんな言葉、あんな話>対物超過特約

当事務所のご案内
横浜市旭区 (相鉄いずみ野線「南万騎が原」より徒歩10分)
TEL 045-366-5907  FAX:045-366-5917

メールはこちら