メディアジャンキー龜丸の過去の日記
- (〜2000.09) -

2000年の9月1日から2000年9月30日までの日記です。


最新の日記を見る


2000/9/30(土) - 膝にかなりキてます

徹夜明けで仕事は辛いやんけぇ。体ダルいしよぉ。ホンマ今日は休んでもヨカッタんちゃうの。無駄に出勤させやがってよ。
何?次は花やしき?わかりましたぁ。


2000/9/29(金) - メモリアルでした

借りてきてたビデオ「蠢く森」観ました。
なんだか最後まで観入ってしまいましたね。パッケージでの印象と全然違ってました。関西人版ブレア・ウィッチ・プロジェクトっといった感じでしょうか。ノリは全くブレアウィッチ。いくつかあるフォロアーの中では一番本家に近いです。ブレアウィッチがなければこの作品は存在してなかったでしょうね。本家と決定的に違う所は『見せる』ってところです。これはこれで面白い。

前から思っててんけど、携帯電話の誕生日割引って全然意味ないな。誕生日やからって電話掛ってきてもこっちから掛けることってないやん。変なの。

「ZOOM UP!」というクラブイベントへ行ってきました。
サイケアウツシャープネルのライブが見れましたよ。「ラム」や「川の流れ」でバカ踊りしてきました。メチャクチャ疲れた。スマイルハンターズもAV幼稚園もよかったな。サイケアウツが終わった3時頃にはダウンしましたけど。

イベントで会場で売ってたCDを何枚かゲット。
サイケアウツのイベント限定CD「20000929 LIMITED CLUB MILK TOKIO」。DJ LUCKY プロデュースによるナードコアコンピレーション「まじかる PUREx2 GALS」。トラフィック ジャミーズの「交通渋滞再来」。
シールいっぱいもらったな。

サイケアウツのプリントTシャツも買ってきましたよ。
ちょこっとバックプリントもあってナカナカいいデザイン。でもアイロンプリントなんでしょうね。洗ったらシワになりそう。大事にしなければ。


2000/9/28(木) - 通勤用に

今更ながら渡辺浩弐の「マザー・ハッカー 1999年のゲーム・キッズII」を買ってきました。
本当は別の本を買おうと思ったんですけど、目的の本がなくてこれにしてしまいました。面白いのは間違いないので、ま、いいでしょ。でもこれ一度読んだことあるような気がしてきました。ダブったかも。

POLYSICSのセカンド「A・D・S・R・M!」を買ってきました。
先日3rd.も発売された現在に今さらなんですけど、やっぱりこのアルバムが一番イイですね。テクノ具合というかピコリ具合が1番出ていると思います。ヒカシューの「パイク」もカバーしてるしね。

これも旧作、ヨシヒロ サワサキ の「Perfumed Garden」を買ってきました。
この人は全くセンスいいです。しかも幅が広い。この作品はアンビエント。ちょっぴりトランス風というか、あえて言わせていただくとサイケデリックプログレです。この人ってこのころから一貫したモノがありますね。アホアホMIXなんてやっても、奥底にはサイケデリック・プログレの血が流れてますから、安心して聴けます。

嫌なことがある時は飲むに限る。イイことがあっても飲みますけど。
今日は前者。最近ずっとそう。


2000/9/27(水) - 眠たいのにはソレナリの理由がある

手塚眞の「ビジュアル・エクスタシー」を2巻とも借りてきて観ました。
vol.1 は短編集。癒し系のピアノサウンドをBGMにストップモーションの眠い映像とか、セリフなしでナレーションだけでストーリを進めていく眠い物語とか、同じスピードでどんどん地下を潜っていく途中で様々なストーリーが展開する眠たい作品などなど。ディレクジャーマンか。

「ビジュアル・エクスタシー」の vol.2 は「実験映画」とそのメイキング。
これは前から気になってた映画なので観れてよかった。撮影方法というか手法がいわゆる『実験』なんですね。カット割りやら動き、表情なんかを撮影中に決めていくってことです。監督だけじゃなく、カメラマンや役者とともに試行錯誤していって、7日間でクランクアップってことらしいです。それにしてもメイキングを観ないと全然意味が分らないですね。メイキングを観てからもう一度本編を観るのがイイかも。

もう一本「蠢く森」というビデオを借りてきましたが、また今度観ます。
パッケージを見た限りでは、面白そうなJホラーものでした。さぁどうでるか。


2000/9/26(火) - 最近はインテリジェントデジタルミュージックで

b.fleischmann の「a choir of empty beds」を買いました。
IDMなんですけど、THE SABRES OF PARADISE の「Smokebelch II」のようなウルウルなメロディアス路線。ホント下手な歌モノよりシットリ胸熱くなります。すばらしい。

cex の「role model」を買ってきました。
こいつもIDMですね。なかなか激しい音を使ってて、展開も激しいです。一時流行ったドリルンベース的なノリでもありますね。今後も要注目です。

「cataract beats」というコンピレーションCDを買ってきました。
IDM系アーティストが合計11曲でナカナカ盛り沢山。ほとんど知らないアーティストですが、イイ感じのIDMを提供してくれてます。ファンクストロングも参加。

星健太作品集の第2弾「イッヒェンと世界一愛らしい妹ウッヒェン」というビデオを購入。
星健太といえば、CD-ROM作品も残してるCG映像作家。今回もテンポのいいオリジナル音楽にのせてマヌケな映像を繰り広げてくれることでしょう。ってまだ観てないので希望的観測。

「MacMAME」バージョン0.37b7の日本語版が出てました。
どうしても日本語版でないとダメな訳じゃないんですけど、とりあえずゲットしておきます。


2000/9/25(月) - 遅すぎるわ

昨日は、日テレ2時間遅れやったみたい。
ちゃんと「電波少年」も「ガキの使い」も放送したらしいでぇ。2時間遅れで。しかも「サイコメトラー」が2時間近くやってたからビールかけなかっても、通常より1時間押しやったんやろ。ちゅうことは「ガキの使い」なんか2時からやってたんかぁ。「バミリオン・プレジャー・ナイト」見終わって日テレにチャンネル変えたけど、まだ「サイコメトラー」やってたからなぁ。遅すぎる。そのまま寝てもうたわ。

前から探してたキーボードが売ってたので買ってきちゃいました。サンワサプライの「日本語コンパクト拡張キーボード」。型番は「SKB-102MJ」。
カーソルキーが逆T字配列になってて、ファンクションキーがあって、「テンキー」があって「ページアップ」「ページダウン」のキーもあって、しかもコンパクトでADB接続のモノを探してたんです。USB接続だったり、カーソルキーが逆L字配列になってたりするのはよく見かけてたんですけど、総ての条件が揃ってるのは見たことなかったんですよね。以前からサンワサプライが出してるのはカタログ見て知ってたんですけど、店で売ってるのを見たことがなかったので、既に廃盤なのかと思ってました。
いままで使ってた「NeXTキーボード」が使い心地がヨカッタんですけど、ファンクションキーがなかったので「DIABLO II」でスキルの切り替えがイチイチ大変だったんですよね。でもこれからはゴーレムとスケルトンを常に切らさずに、他のスキルもバンバン使うことができますな。

あかん、新しいキーボードなかなか馴染めん。コマンドキーがスペースキーの下にあると思って親指が動いてしまう。たまらん。よけいに「DIABLO II」難しなってもうたよ。薬使おうと思って間違えてファンクションキー押してしまうし。
恐るべしNeXTキーボードの呪縛。とりあえずもう少し使ってみよ。


2000/9/24(日) - 胸キュンものをいくつか

昨日は、知人との付き合いで「プラモデル・ラジコンショー2000」と「東京ゲームショー2000秋」に行ってきたのよ。
前者は私にとって全く興味のない世界。完全におつき合い状態でした。何がスゴイのかよく分らへんのでココで報告するようなことはありまへん。車やらロボットやらのおもちゃが出てましたわ。何がどうスゴイのか分りませんが。
後者もそれほど興味がある訳やないねんけど、面白そうな新作アーケードゲームが紹介されてればそれで時間が潰せるかと思ってたのよね。ところが会場の中へ入ったらコスプレイヤーだらけでイタタマレませんでしたね。事前にそういう話は聞いててんけど、コスプレ大歓迎の会場の雰囲気はどうも好きになれへん。ゲームショーってメーカーの製品発表の場なんやろ。そうでなくても客多いのにコスプレイヤーやコスプレ目当ての客まで集めることないと思いますけどね。会場でもコスプレ仲間どうしでコミューン作ってるし、他を寄せつけない雰囲気がアルんでね。家族連れも来てるんやからさ。
結局、面白そうなゲームもなかったし、雨も降ってきたし最悪やったなぁ。

なかなかナイスな企画CDが出てました。その名も「おしえてアイドル」。売ってた「東芝EMI編」と「ビクター編」の2枚買ってきました。
一番よかった頃の80年代アイドルのコンピレーションです。しかもベリーナイスな選曲。松本伊代が小西康陽作詞・作曲でピチカート風の「交通渋滞」だったり、桜田淳子が矢野顕子作詞・作曲でほんのりピコピコサウンドの「きっときっと」だったりの素晴らしい選曲センスです。その他にも、西村知美の「眠り姫」、「モーニング美奈子ール」、伊藤つかさの「へんネ!」、「多感期のフラミンゴ」などなど。。。
さすが P-VINE ですね。「テクノ歌謡」のシリーズのような一曲ごとの解説も素晴らしいです。

前から買おうと思っていて後回しにしていた大正九年のCD、とうとう買いました。いっぱいある中、とりあえず最新のアルバム「九階にある食堂」を。
んー、チープな打ち込み胸キュンテクノポップ。全曲スカスカですな。独特の雰囲気ではありますが。ま、何と言いますか、こういう曲は聴き続けることに意義があるんですよね。

戸川純の新譜はスゴイっす。全曲カバーって聞いてたもんやから、どうせ「昭和享年」みたいなしょうもないアルバムかと思ってて期待してなかったのよね。タワレコで試聴できたから聴かせてもらったんやけど、なんと2曲目で Phew の「終曲」をカバーしてるやないの。まったく試聴機で聴き入ってしまったやんけ。原曲の坂本龍一にかなわんのは当たり前やけど、イイ感じの雰囲気出してたでぇ。イイ方向に期待を裏切られたってことですな。
結局買わんかったんやけどね。

国勢調査ってせなアカンの?これって義務なんかいな。それならシャーないねんけどさ。なんやめんどくさいなぁ。5年前にもこんなめんどくさいことやったんかなぁ。全然記憶にないねんけど。
調査票を配り歩いてる人もホントご苦労さんですなぁ。基本は手配りやねんな。ま、仕事やろうけどさ。

今日は電波少年やらへんの?オシャレ関係もないしさぁ。ビールかけるの見てて楽しい?もうええやん。
あれ?ガキの使いもないの?たまらんなぁ。


2000/9/22(金) - しめて14,175円也

今日はDVDを4作品購入。
先日DVD化された大島渚監督作品の中から「新宿泥棒日記」と「絞死刑」を、中古で安かったので「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」を、パッケージが気になったので「生地獄」を。
残りの大島渚モノと、シュヴァンクマイエルものは後日ということで。。。

早速買ってきたDVDの中から「生地獄」を観ました。タイトルは送り仮名がないけど「いきぢごく」と読むみたいですね。
タイトルどおりの生き地獄ホラー。ストーリーのあるギニーピッグって感じでナカナカ面白いです。ストーリーの方は少々強引で、いくつか用意しているどんでん返しが事前に分ってしまったのが、悲しいやら納得したやら。
パッケージに『つんくタウンFILMS プレゼンツ』って書いてあるんですけど、どうも番組の企画で作られたようですね。よく分らないですけど。それにしては上出来だとおもいますね。

ちらっと「新宿泥棒日記」再生してみましたが、ちゃんとボーナストラック入ってますね。あまりにもシンプルなジャケットで解説やキャストすら書いてなかったので、ボーナストラックも入ってないのかと思いきや、ソコはDVDです、予告編や資料が入ってました。
それにしてもジャケットがシンプルすぎると思ってたら、『DVD制作者の視点による鑑賞の手引きを加えたくない』ってことらしい。監督の意図する内容のままDVD化したかったってことですかね。チャプターを設けていないとか、第三者の執筆による解説を排しているってのもそういうことらしいですな。えらい硬派ですこと。
ま、残りの作品も買わなければ。

そうそう、昨日「DIABLO II」進んだよ。
片手で持てる強い武器を見つけたのさ。そんでもって左手には盾を持たせたって訳。おかげで何とか Duriel も倒せたよ。Life Tap っていう生命吸引のスキルがポイントですわ。

いやー。このページ、ちょこっとソース間違えてました。iCab で見たら一部文字化けしてましたね。いつからやろ。すんませんねぇ。もうちゃんと直しましたから。


2000/9/21(木) - ほんのちょっとだけ

JAMIE LIDELL の「MUDDLIN GEAR」というCDを買ってきました。
WarpSpymania のマークが付いてたので、さぞかし高速ヘンテコビーツだろうと期待してたんですけど、全く期待は裏切られてしまいました。ヘンテコはヘンテコなんですが、アメリカ西海岸風のローファイなサウンドでした。ときどき現れるプチプチしたビートが今風なんですかね。最近のスパイマニアはこんなんですかね。

ちょっとトップページのレイアウトを変えてみました。ってほとんど一緒やけど。
イイ感じのページってことで「エアDJのページ」と「ヘビシタのページ」を別枠にしてみました。

大島渚の名作が続々DVD化されましたな。観たことないのもあるので、この機会に何枚か買おうと思ってます。
それにしても有り難いことで。


2000/9/20(水) - やっとメディアネタをば

今日発売のポリシックスのアルバム「ノイ」買ってきました。
これがメジャー初のアルバムってことですね。イイ感じです。今さら説明する必要もないんですが、あえて説明するとハイテンション・テクノポップとでもいいますか、エレクトロパンクとでもいいますか、初期P−モデルのようなとでもいいますか、ディーヴォライクいでもいいますか。そんなのはどうでもイイですね。
ダンダン洗練されていってるような気がします。がんばれ。

Le CAR の「auto-biography」を購入。
テクノポップの流れを引きずったチープテクノの世界ですな。ほんとチープです。ポコポコなリズムボックス好きにはタマランのでしょうな。新しさは全く感じませんが。

HELLFISH & PRODUCER の「CONSTANT MUTATION」というアルバムを買ってきました。
Planetμからってことでレーベル買いしたんですけど、全然 Planetμらしくなかったですね。ハードコアでヘビーな感じになってます。ハードコアでありつつ変態ミニマルなアプローチですね。リスニング系ハードコアとでもいいますか。このレーベルはホントあなどれないです。

エレクトロなレーベル Isophlux Records のコンピレーションアルバム「Isophlux Records 1995-2000」を買いました。
過去のシングルの曲を集めたみたいですね。アンビエント風なウツクシ系のポップエレクトロな曲ほとんどなんですけど、2,3曲エッヂのきいた曲が入ってます。

Pluramon のリミックスアルバム「Bit Sand Riders」を買いました。
Pluramon の曲をさまざまなアーティストがリミックスしてるんですけど、このリミキサー陣がスゴイことになってます。変態チープハウスの SENSORAMA やら、Mego からアルバム出してたパルスエレクトロな HECKER やら、芸幅の広いアトム・ハートこと ATOM やら、屈折アンビエント音響の SND やら、最近 Mac 使ってるハーシュ野郎な MERZBOW やら。これはもうコンピレーションアルバムと見てイイでしょうな。

渋谷タワーレコードでやったポリシックスのインストアライブに行ってきたんです。今日アルバム買うと入場整理券が貰えることになってたんですねぇ。
初めて渋谷タワーの地下に入りました。ちゃんとしたライブスペースになってるんですね。
ライブはよかったですよ。1時間たっぷりのハイテンションな内容でした。まったく、タテノリでグッタリです。それにしてもイキナリの瞬間沸騰ライブは私にはずいぶん久しぶりで、馴染むのに時間が掛りました。最近はダラダラした個人主義なクラブノリのライブしか行ってなかったからねぇ。ボアダムズ以来ですか。ノッてきた頃には終わってました。


2000/9/19(火) - それにしても

ホンマに「DIABLO II」ってやつは。
全く Act II がクリアできまへんがな。やっとこさでレベル27になったんで Duriel 倒しにいったら、またやられてもうたよ。紫薬を9つと赤薬を4つベルトにつけて挑んだんやけど、今少しのところで薬全部使いきってしもてね。また明日もがんばりますわ。
えーっと、とりあえずこんなもんで。最近独り言しか書いてないな。しかもトビトビやし。書くネタないねんな。すんませんのう。


2000/9/17(日) - とじこもり

結局3連休中どこへも出掛けへんかったなー。メディアのゲットはあらへんかったけど、いろいろ鑑賞でけたよ。来週こそは収集に励もう。
あれ。VPN観て寝よ思たら、やってへんやん。オリンピック番組になってる。これじゃ1週間が締まらへんな。


2000/9/16(土) - 雨出無精

3連休中だというのに大雨でんなぁ。停電になったトコもあるらしいでぇ。
明日も休みやのに、また雨みたいやなぁ。3連休中やっちゅうのに出かけへんつーのは、メディアジャンキー失格でんな。足でメディア情報を掴んでこそ真のメディアジャンキーやっつーのにな。
あーあ、明日どうしよ。


2000/9/15(金) - うまいもののむ

伊藤潤二原作の「うずまき」を借りてきて観ました。
原作のようにグチャグチャのうずまきの世界へ傾れ込むのかと思いきや、プツンと途中で終わってしまったような感じでした。非常に残念。どちらかというとストーリーよりも映像の方を期待してたんですけど、難しそうな部分を避けたようなストーリーにしてしまっていて、期待していたような映像がちっとも出てこないのでした。原作ではいっぱいヤマバがあるのに非常に勿体無いですね。

ほぼ毎日のようにチョコチョコとプレイしている「DIABLO II」なんやけど、最近行き詰まってしまってるのよねぇ。Necromancer で Act II の最後の方までは来てるんやけど、Duriel って敵を倒そうとしていつも殺されてしまう。なんかエエ方法はないもんでっかいな。レベルも24まで上げたんやけどなぁ。もうちょいレベル上げるしかナインかなぁ。


2000/9/14(木) - 他にも欲しいCD出てたよ

ULTRA TECHNO RECORDS のコンピレーションCD「トライフォーマー」を買ってきました。
ファミコンやドリフをネタにしたナードコア。なかなかなデキでしたよ。これって、2年程前のCDで、ずっと探してたんですけど、どうやら再発してくれたみたいですね。

殺人ヨットスクールのコンピレーション新譜「HEDORO PRINCESS」を買ってきました。
いつものとおりナカナカ毒のあるガバです。このレーベルは全く期待を裏切らないですね。今回はサンプリングネタが非常にアブナイ内容です。私的には全くOKなんですけど。

この前買ってきたビーマニの「ゴッタミックス2」でも活躍の DJ TAKAWO のCDを買ってきました。「メイド イン ジャパン」というタイトル。
基本的に『金魚売り』だの『火の用心』だのマヌケセリフのサンプリングの応酬。呼び声ネタのナードコアとでもいいますか。ハニーパンチも参加しますね。

全くなクラブノリのミニマルテクノの世界にキツイ変態音色を持ち込んでアバンギャルドな要素を与えてくれた CRISTIAN VOGEL が久しぶりに新譜を出してくれました。しかも今度は novamute から。タイトルは「Rescate 137」。もちろん買いましたよ。
なんか違うな。今までのクリボーと違う。やっぱりこの人は今まで通りでは気が済まないようで、常に新しい道を歩もうとしてますね。流行りのIDMも消化して、でもIDMの流れからも外れようとしてるのがよく分ります。でも基本はミニマルで、音色が勝負なんですね。クリボーまだまだイケますよ。

なんと、あの Hardfloor が「SO WHAT?!」という新譜を出してくれました。しかも、古巣の HARTHOUSE から。もちろん買ってきましたよ。
HARDFLOOR と言えば 303 バリバリのアッパーなブリープ音っていうイメージですが、今回はかなりダウナーなツクリになってます。以前とくらべると音の幅が広がって、HARDFLOOR らしくない重たい音も多用してます。より内面的な曲に出来上がってますね。まだまだ目が離せません。

いっぱいCD買うてきたけど、他にも欲しいCDがあったんよね。なんや発売が重なったみたいでね。
例えばチェインリアクションのソレとか、ワープのソレとか。
ま、そのうち買うさ。

超有名定番ゲーム「さめがめ」のMac版「まきがめ」が久しぶりにバージョンアップしてくれてました。
とりあえずゲットしました。


2000/9/12(火) - 映像作品に金を使う

DVDを4枚買ってきました。「キューブ」と「ドイツチェーンソー 大量虐殺」と「テロ2000年 集中治療室」、そして「カリスマ」。どの作品も一度はビデオ借りて観てるんですけど、ヨカッタんでね、メディアジャンキーだし、やっぱり手元にないとね。
「ドイツチェーンソー 大量虐殺」と「テロ2000年 集中治療室」に関しては、劇場で観て、ビデオも買って、その上DVDも買ったんですから、トータルで25,000円ほど使っていることになります。ビデオ余ってしまいましたね。DVDがあったらビデオいらないですよね。中古屋に売っても二束三文ですし、誰か欲しい人いますかね。差し上げてもいいんですけど。

松前公高の「キリーク・ザ・ブラッド サウンドトラックス&リミックス」が中古で激安で売ってたので買ってきました。
プレステ用の古いゲームのサントラのようです。ゲームの仕事って松前公高らしいですね。なんせ5年前のゲームですから、5年前のテクノサウンドになってます。あの頃はアンビエントというかインテリジェントって言ってましたね。今のIDMにつながるモノがありますな。


2000/9/11(月) - ビーマニ再び

いろんな名前で活躍しているアトム・ハートが新ユニット GEEEZ 'N' GOSH という名義で Mille Plateaux からアルバムを出してたので、買ってきました。タイトルは「MY LIFE WITH JESUS」。
IDMのようなプチプチ接触不良音でノリのいいミニマルハウスをやってます。出だしはマサに一連のIDMのような雰囲気なんですけど、徐々に音数が増えてファンキーになっていくのは美ししさを感じます。さすがアトム・ハートですな。流行りを押さえつつ自分流に消化しています。

プレステ用「ビートマニア」のアペンド「ゴッタミックス2 〜ゴーイング グローバル〜」を買ってきました。
前作にも増してお遊びな曲が多いです。金魚売りや、チャルメラ、ちり紙交換など間抜けなモノをグルービーに仕上げてたりしてます。なかなかウレシイのが、ボーナスエディットにビーマニの名曲をレベルを上げて別ミックスで収録してくれてるところ。Do you love me? なんかリズムが増えて複雑になりすぎ。SUPER HIGHWAY はオリジナルでも難しいのに、これはクリア不可能です。

あれれ。こんな記事見つけました。「DIABLO II」の日本語版が出るんですね。カプコンから。
なんでもっと早く出さんのよ。英語版買ってしまったじゃないの。あーあ。そのうち出るとは思ってたんですけどね。


2000/9/10(日) - 即借即観即返

昨日借りてきたビデオを立て続けに2本鑑賞。そうです。新作なんで今日中に返さなくてはいけなかったのです。
まずは、伊藤潤二原作による「富江 replay」から。
序盤からいきなりインパクトのある映像が立て続けで単純に面白かったですね。後半の富江と主人公の掛け合いのシーンはダルくてモヒトツ。ダルくなったところでのラストシーンは、これまたアリキタリのパターンでガックリでした。ダルくてアリキタリの後半でしたが、序盤で盛り上がったテンションがラストまでキープできます。ヨシとしましょう。

続いて観たのは、黒沢清監督の「カリスマ」。
大感動です。久しぶりにイイ映画を観ました。前作の「降霊」も独特の雰囲気でよかったけど、さらに輪を掛けてイイ感じです。まさに黒沢清ワールドですね。いきなり進むストーリーに戸惑っているうちに、徐々に引き込まれていくんですよ。何ですかね。まさに黒沢清マジックですな。
この人の作品って、長いカットと遠いカットが多いんですよね。気にして観てると多い多い。これも独特の雰囲気を出すんでしょうな。DVDも出てるそうなんで値段によっては買ってもイイかな。


2000/9/9(土) - 近所のビデオ屋にて

「富江 replay」と「カリスマ」を借りてきました。
新作なので、明日返さなければなりません。明日中に2本とも観てしまいます。

日本のMAMEデータベース」が v0.37b7 に対応したようです。
名前の通り、MAMEに対応したゲームについて詳しい情報を載っけてくれているデータベースです。MacMAME使いの私には必須のアイテムですね。スクリーンショットファイルも併せて早速ゲットです。

コナミの新しいダンスゲーム「パラパラ・パラダイス」ついにプレイしてきました。
新宿でロケテストやってるのを以前見かけたんですけど、そのときは行列ができてて1回しかプレイできなかったんです。今回あらためてプレイしてみた感想は、『簡単すぎる』。ハードモードでも最高レベルの曲をクリアしてしまいました。大胆に腕を動かしていれば適当にヒットしてくれるみたい。イマイチ物足りないです。
モード選択のときにハードモードより難しいモードがあるように表示されてるんですけど、選択できないんですよね。何かコマンドを入力しなければいけないみたい。よくわかりません。

ちょっと前からテレビの調子が悪かったんやけど、そろそろ買い替えんとあかん状態になってしもたみたい。音声がマトモに出てくれないんよね。一昨日までは、電源を付けると暫くの間音声が出てくれんと無音状態やったんやけど、少し待ってるとノイズとともに音声が現れて、もう少し我慢してるとノイズも消えてクリアに聞こえるようになってたのよ。ところが、今日のテレビはノイズが消えへん。『ブー』というのがズッと鳴ってる。うっとうしいやー。もー。


2000/9/7(木) - ガックシ

手軽で面白い私好みのゲーム「とびうさCOLOR」がバージョンアップしてました。
ゴルフとビリヤードの面白い要素をあわせたようなゲームで、ボールの代わりにウサギが飛び跳ねる所が面白いんですよね。お気に入りです。
ステージが2つほど追加されているとのことなので、早速ゲットですね。

最近 DIABLO II やってるんやけど、今日ヘマしてもうてね。ショック大です。
このゲームって、死んじゃうとその場にアイテム残すんで、いちいち取りにいかないと行かんとあかんのよね。しかも、死ぬ前に装備してたアイテムを取りに行く訳やから、当然のように装備がない状態な訳よ。結局、ストックしてた別のアイテムを装備してアイテムを取りに行ったんやけど、アイテムを取ろうとしたところでまた殺されてしもたのよ。ここでもう一度苦労して取りに行けばよかったんやけど、何を血迷ったかゲーム終了してしもたのよね。あわててプレイし直したけど後の祭り。せっかく集めたアイテムがきれいサッパリなくなってましたとさ。

定番アーケードエミュレーションソフト「MacMAME」がバージョン0.37b7 になってました。
今回の対応ROMで注目は「ゼクセクス」かなぁ。とりあえずゲットです。


2000/9/5(火) - 残りのビデオ観る

借りてきてた残りのビデオ「グラウエンの鳥籠」を観ました。
これって監督、山川直人なんですね。この監督にこういうシリアスな内容の作品を作らせてはイケマセン。役者の演技がイマイチのまま妥協してOK出したとしか思えない、悪い意味での素人ノリな作品になってます。
ストーリーの方はソコソコでした。まだ1巻しか観てないのでなんとも言えませんが、よくある結末に落ち着くんじゃないでしょうか。中途半端な所で終わってしまったので、とりあえず2巻目も借りてみようとは思いました。
それにしても、これインターネットで毎日観てた人っているんですかね。毎日1分の映像観せられてもよく分らないと思うんですけど。

ROGUEライクなRPG「ZAngband」の日本語版がまたまたバージョンアップして 2.4.0-Rel 1.0.6 になってました。
とりあえずゲットしておきます。

スーパーファミコンのエミュレータ「SNES9X」のバージョン1.3.0がでてました。
emulation.net でゲット。


2000/9/4(月) - 書籍に頼る

とうとう「DIABLO II 公式ガイド」を買ってしまいました。
英語が辛い私としては、ナレーションの和訳が載っているだけでも価値ありです。他にもアイテムやスキルの効果について説明してくれているのは重宝します。本来この程度の事は、ソフトに付属のマニュアルに書いてあって然るべきですよね。って「DIABLO II」自体が完全日本語化してくれていればこんなの必要なかったんですよ。
ま、DIABLORっていう親切なwebページもあるんで、無理して本を買う必要はなかったんですけどね。DIABLOマシンとインターネット端末を1台で共有している環境としては、プレイしながら見るためにも必要ではないかという判断なのですよ。


2000/9/3(日) - ちょっと辛口

昨日借りてきたビデオの中から「蛇女」を観ました。
割とよくある感じのJホラー作品でしたね。私個人的にはチョッピリ消化不良です。最初の方は何か期待させてくれるようなモノを感じたんですが、そのまま大きなヤマがないまま終わってしまい、全体的に薄っぺらい印象を与えるのでした。要所要所で出てくる帽子の男もお決まりのように最後に出てくるのですが、それがどうしたと思わせるような登場の仕方で、やっぱりヤマがないままなんですね。
数あるJホラーの中では平均以上のデキなんでしょうね。決まりごとはちゃんと消化してますから。角川映画で満足いく人にはイイんじゃないでしょうか。斬新なモノを求めてる人には物足りないと思いますよ。


2000/9/2(土) - 出かけた買ったよ

CiM の「reference」を購入。
アンビエントなサウンドに柔らかい高速ビート。ドイツ風エレクトロニカなポップサウンドですね。イイ感じの耳障りです。

jacob mandell の「underling」というアルバムを買ってきました。
jacob mandell ってあの Jake Mandell ですかね。店の解説にはそう書いてあったんですけどね。全然今までと雰囲気違います。ドローンな冗長ヘビーミニマルでしたよ。2年前の Worm interface から出てたアルバムはもっとハジケタ変態ポップチューンだったのにね。今回のはヤケにシリアスな内容だったので驚きです。これはこれでイイんですけどね。

team doyobi の新しいアルバムを買ってきました。タイトルはよく分りません。
最近はやりのIDMっていうやつですね。プチプチとしてた音を使ってるけどあんまり固い印象はなくって、ビート自体は重たい感じ。ウワモノがドイツっぽい高音を使ってるためかポップに仕上がっています。素晴らしいです。

555 Recordings のコンピレーションアルバム「chihuahuas and chinese noodles」を買ってきました。
バラエティーに富んだエレクトロニカ作品集ですね。先鋭アーティストばかり収録してくれてて有り難いことです。cex やら hood やら styrofoam やら初めて聴くアーティストもイイし、 third eye foundation や kid606 などのIDM移行組もイイですね。

「蛇女」と「グラウエンの鳥籠」の第1巻を借りてきました。
「グラウエンの鳥籠」はインターネットで毎日配信してたデイリームービードラマ。内容は全く知らないんですけど、前から気になってたので借りてきました。


2000/9/1(金) - 疲れる程踊る

昨日買ってきたクラフトワークの「PROMO SPECIAL」というブートビデオを観ました。
すこぶる画像悪しでした。きっと、コピーのコピーのコピーのコピーのコピーなんでしょう。内容はテレビ放送から撮ったクリップなどの映像。確かにプロショット。多分いろんな所からかき集めたんでしょうな。
残念なことに同じ曲がいくつも入ってました。番組が違うだけで同じクリップ流してるのをいちいち撮ってるんですね。画面の角に「MTV」というのが入ってたり入ってなかったりで2トラック。25トラックも入ってる訳です。納得。

RealPlayer 8」の日本語版ががでてました。
私は「RealPlayer 8 Basic」をゲットしておきます。ダウンロードのページ文字化けしますけどね。



過去の日記を見る(2000.08.01-2000.08.31)
過去の日記を見る(2000.07.01-2000.07.31)
過去の日記を見る(2000.06.01-2000.06.30)
過去の日記を見る(2000.04.01-2000.05.31)
過去の日記を見る(2000.01.29-2000.03.31)

かめまるのページにもどる
メール出す