合コン特措法

 またきやがったぜ、ウザい迷惑メールが。
 もう1日数十件もウィルスと迷惑メールがくる。

はじめまして。加奈でぇ〜す!いきなりメールしてすみません。どこからかわからないんですが、
貴方の紹介メールが届いたのでメールしてみました。

自己紹介します!24歳でフツーのOLです…。性格は明るくてリーダー的存在です(^0^)友達も結構多いです。
良くお嬢様系だねなんていわれてます☆住んでるところは…詳しくはいえませんが紹介メール頂いた地域から
すっごく近いです!ご近所さんですね。自己紹介はこんなところです♪

今私メルっていうサークルみたいなの作ってて合コンをやろぉ〜って張り切ってます!
年が明けてから第1回目なんですが…私たちと合コンしませんか?
えっと、女の子は保母さんとOLと大学4年生が全部で12人います。今回はその中から私入れて4人でやりたいなぁ〜って思ってます。私の写真は乗せておきますね!
あとの子達は合コンぼしゅーの***-M-ya0402@mtga.jpに空メール送って見てみてくれませんか?
同じ地域に12人乗せてありますから!無料体験でお願いします!掲示板には加奈からの紹介合コン募集ってカキコしてね!
そうしたら4人でチャットとメールして合コン日決めましょう!待ってますねぇぇ〜!

 なにが「頂いた地域からすっごく近い」、だ。
 メールからどうやってわかるのか言ってみろ、この野郎。
 仮にわかるとしたら、ヘッダーやソースをわざわざ解析したとしか思えん。
 「24歳でフツーのOL」「良くお嬢様系だねなんていわれてます☆」なんてウブなフリして、IPドメインサーチをかけてるテメエのグロさを考えろ


 ところで、いま、出向みたいな形で他の職場にいるのだが、そこの人たちと少子化対策の話になった。ある人いわく「合コンに助成金を出したらどうか」。
 ぼくは、即座に少子化対策としてもまったく無意義・有害である旨を反論したが、そのこととは別に、その場で合コンの助成について無意味にもりあがってしまった。

 で、家路につくうちに、合コン特措法なるものがぼくの脳内に……。

 だからどうだということはまったくないのであるが、行政や法律の専門家からみて、形式上不備な点があればぜひご指摘いただきたい


男女混成の合同懇親会の振興に関する特別措置法(いわゆる合コン特措法)


第1章 総則

第1条 目的
この法律は、我が国における急速な少子化の進行並びに家庭及び地域を取り巻く環境の変化にかんがみ、次世代育成支援対策に関し、男女の成婚または特殊交際成立を目途として男女混成の合同懇親会(以下「合懇」という)の振興を助成することについて規定することにより、もって次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、かつ、育成される社会の形成に資することを目的とする。

第2条 定義
この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
 合懇 男女の成婚または特殊交際成立を目途とする、男女混成の団体(以下「混成団体」という)が、3章で定める支援業者(以下「支援業者」という)の所有または管理する店舗で開催する1時間以上5時間未満の会合をいう。
 混成団体 それぞれの性別が複数かつ全ての構成員が民法第731条に定める年齢に達し婚姻していない男女で構成され、6条に規定された登録を申請し、承認された団体をいう。
 特殊交際 前号の混成団体の構成員が、特定の異性にたいして政令で定める行為をする可能性のある契約を文書または口頭で交わすことをいう。


第2章 助成事業

第3条 補助金の支給
国は、合懇を開催した混成団体に対して、合懇の政令で定める経費について、2分の1以内を補助することができる。
 前項の規定により補助することができる経費の範囲、算定方法その他必要な事項は、政令で定める。
 国は本条で定めた補助金(以下「補助金」という)の支給を地方公共団体に委託することができる。

第4条 その他の助成事業
国又は地方公共団体は、政令で定める施設を、合懇を目的として混成団体に対して無料で貸与することができる。この場合に限り、当該合懇への会場貸与は、支援業者の関与を要件としない。


第3章 支援業者

第5条 支援業者の任務
支援業者は、合懇を目的として政令で定めるサービス等を有償または無償で提供する。

第6条 支援業者の指定等
厚生労働大臣は、支援業者を指定し、指定を取り消すことができる。
 厚生労働大臣は支援業者を指定したときは、支援業者の名称、住所及び事務所の所在地を公示しなければならない。
 支援業者は、その名称、住所及び事務所の所在地を変更しようとしたときは、あらかじめその旨を厚生労働大臣に届けなければならない。


第4章 混成団体

第7条 混成団体の登録
混成団体は、政令の定めるところにしたがって、登録をしなければならない。

第8条 混成団体の審査等
厚生労働大臣は、登録の申請があったとき、2条2号に定められた要件について審査し、その要件を満たしているときは、すみやかに承認し、当該団体に通知しなければならない。
 前項の規定する審査について、厚生労働大臣は都道府県知事または区市町村長に委託することができる。

第9条 混成団体の合懇に対する監督
厚生労働大臣は、合懇が1条の趣旨に照らし適正に行われているかどうかを監督し、その目的を達するために、政令の定める必要な措置を講ずることができる。
 前項の規定する監督について、厚生労働大臣は都道府県知事または区市町村長に委託することができる。


第5章 雑則

第10条 合懇における過度の行為
混成団体は合懇において、公然たる性交および口唇性技、籤(くじ)によって命令系統を擬態する遊戯の過熱等、周囲に不快感をもたらす行為をつつしむよう努めなければならない。

第11条 政令への委任
この法律に特別の定めがあるもののほか、この法律の実施のための手続その他この法律の施行に関し必要な事項は、政令で定める。


附 則

第1条 施行期日
この法律は、公布の日から施行する。

第2条 この法律の失効等
この法律は、施行の日から起算して4年を経過した日に、その効力を失う。ただし、その日より前に、対応措置を実施する必要がないと認められるに至ったときは、速やかに廃止するものとする。
 前項の規定にかかわらず、施行の日から起算して4年を経過する日以後においても対応措置を実施する必要があると認められるに至ったときは、別に法律で定めるところにより、同日から起算して4年以内の期間を定めて、その効力を延長することができる。
 前項の規定は、同項(この項において準用する場合を含む。)の規定により効力を延長した後その定めた期間を経過しようとする場合について準用する。



国会における合コン特措法案の審議より


●衆議院少子化対策委員会2005年2月30日
■紺波委員
「支援業者は『むらさ来』や『和民』などのチェーン系の居酒屋しかダメなのか。社会人で、チェーン系居酒屋での合コンはかなり厳しい。要件を緩和し、非チェーン系の個店も支援業者に含めるべきだ」
剛魂大臣「盛り上がる合コンは、『騒がしい』といって店員にマークされる。気どった店では御法度。他方、チェーン系居酒屋ではいくら騒いでもいいので、盛り上がりやすい。ただし、委員ご指摘の点は、今後検討していく必要がある」


●衆議院少子化対策委員会2005年4月31日
■王佐間委員
「合コンメンバーの中に既婚者が一人でもいたら助成が受けられないというのは、厳しすぎるというのが、運動団体などの声だ。実情に応じた運用を求める」
■剛魂大臣「既婚者だとバレると相手が異様に引く。または合コン全体のテンションが下がる。したがって厳しいようだが、この点はご理解願いたい」


●参議院少子化対策委員会2005年6月31日
■王佐間委員
「努力義務の規定で、10条の『籤(くじ)によって命令系統を擬態する遊戯』は王様ゲームを指しているとのことであるが、その『過熱』とはいかなるものか。適正な王様ゲームと過熱した王様ゲームはどこで線引きをするのか」
■剛魂大臣「例えば、『3番が6番にチュー』というのは適正だが、『3番が6番のウンコを食べる』とか『この場でセックス』というのは、過熱だと思われる。ガイドラインを作成したい」


2005.2.3記
この法案への意見はこちら
メニューへ戻る