紙媒体でのぼくの仕事一覧


■著作など

  • 『オタクコミュニスト超絶マンガ評論』(築地書館)
  • 『理論劇画 マルクス資本論』(かもがわ出版)=構成・解説

■現在続いているもの、今後発行予定のもの

■すでに掲載されたもの、終了したもの

  • 隔月刊誌「オルタ」で「メディアから時代を読む」を2008年7-8月号から10年3-4月号まで連載していました。
  • 「週刊アスキー」10年2月23日号で「私のハマった3冊」を書きました。「ゆるい空気のマンガ」を選びました。
  • このマンガがすごい! 2010』(宝島社)のアンケート選者をつとめさせていただき、選評などを書きました。
  • ソフトバンククリエイティブの「週刊ビジスタニュース」09年11月25日号に「マルクスブームは来ているのか?」を書きました。
  • 「週刊アスキー」09年12月8日号で「私のハマった3冊」を書きました。「女性漫画家による原作付きコミック」を選びました。
  • 「週刊アスキー」09年10月13日号で「私のハマった3冊」を書きました。「商業出版ベースでのすぐれたパロディ漫画」を選びました。
  • 山本直樹『レッド』3巻に時代背景的な解説をかきました。
  • クレスコ」09年8月号で「先生におススメの漫画」を書きました。
  • 「週刊アスキー」09年7月21日号で「私のハマった3冊」を書きました。「ビンボー漫画で笑えるがアツいもの」を選びました。
  • 09年5月5日号の「週刊アスキー」で「私のハマった3冊」を書きました。「職業モノのコミックエッセイ」を選びました。
  • 「ダ・ヴィンチ」09年5月号で「殿堂入りプラチナマンガランキング150」のアンケート協力しました。
  • 雑誌「経済」5月号に「コミックに描かれた『貧困』」というテーマで、最近の漫画を紹介しました。
  • このマンガがすごい! 2009』(宝島社)のアンケート選者をつとめさせていただき、選評などを書きました。
  • ソフトバンククリエイティブの「週刊ビジスタニュース」09年3月4日号に「ドラえもんの革命、マルクスの革命」を書きました。
  • 09年3月10日号の「週刊アスキー」で「私のハマった3冊」のを書きました。「痛い」漫画を選びました。
  • このマンガがすごい! 2009』(宝島社)のアンケート選者をつとめさせていただき、選評などを書きました。
  • 08年10月28日号の「週刊アスキー」で「私のハマった3冊」の選者をつとめさせていただきました。熱血系文化部漫画を選びました。
  • かもがわ出版から超左翼マガジン「ロスジェネ」の編集委員をつとめ、記事も書きました。
  • 『別冊宝島 マンガ「名ゼリフ」大全』でコメントしました。
  • 晋遊舎からライトオピニオン誌「m9(エムキュー)」(隔月刊)で「ご冗談でしょう、マルクスさん」という体験的社会時評を連載していました。サイト「るるてん」のきあさんがイラスト(1コマ漫画)を担当してくれました。
  • 08年7月1日(694)号の「週刊アスキー」で「私のハマった3冊」の選者をつとめさせていただきました。「女性エッセイコミック風フィクション漫画」(なんだそりゃ)を3冊選びました。
  • 「しんぶん赤旗」で「いまどきのマンガ」を月1回連載していました(2005年3月〜2008年6月)。
  • 08年4月22日号の「週刊アスキー」で「私のハマった3冊」の選者をつとめさせていただきました。「マイまんが道」漫画を3冊選びました。
  • ソフトバンククリエイティブのメルマガ「週刊ビジスタニュース」08年4月23日号で「マンガから聞こえるナショナリズム」と題して、鬼頭莫宏『ぼくらの』の書評を書きました
  • マガジンハウスの雑誌「an・an」08年5月14日号で、「女子には見せない“男の本性”」の特集で、ヤンキー漫画を紹介するコメントを載せました。
  • 08年3月4日号の「週刊アスキー」で「私のハマった3冊」の選者をつとめさせていただきました。ノンフィクション漫画を3冊選びました。
  • 07年12月9日付「しんぶん赤旗」で石子順『平和の探求 手塚治虫の原点』についての書評を書きました。
  • このマンガがすごい!2008このマンガがすごい! 2008』(宝島社)のアンケート選者をつとめさせていただき、選評などを書きました。
  • ソフトバンククリエイティブのメルマガ「週刊ビジスタニュース」07年11月21日号で「マンガで労働を考えて何が悪いか!」を書きました。
  • 民主文学会代々木支部の同人誌「クラルテ」第2号に寄稿しました。
  • 民主青年新聞の「みんしんアカデミー」のコーナーに「『ガンダム』『ジョジョの奇妙な冒険』… 昭和50年代アニメ・漫画のリバイバルを読む」という一文を書きました。
  • 学研「おはよう奥さん」誌でおすすめ漫画を紹介させてもらいました(07年9月2日発売の10月号)。今この欄を見た人の特典で教えておきますが、周囲のスタイリッシュな評者たちの写真から浮いた、ぼくの見苦しい顔写真が載ってます(特典じゃなくて災難か)。
  • 武富健治『鈴木先生』(双葉社)3巻で「解説」を書きました。
  • ソフトバンククリエイティブのメルマガ「週刊ビジスタニュース」07年7月25日号で「“政治”入門は漫画から」と題して、赤石路代『市長 遠山京香』の書評を書きました。新現実 vol.4 (4)
  • 太田出版「新現実」誌vol.4の特集「失われた世代のサブカルチャー批評」で「余は如何にしてマルキストとなりし乎 岡崎京子『リバーズ・エッジ』にもふれて」を書かせてもらいました(07年4月発売)。
  • このマンガがすごい! 2007・オトコ版このマンガがすごい! 2007・オンナ版『このマンガがすごい! 2007・オンナ版』『このマンガがすごい! 2007・オトコ版』(宝島社)の選者をつとめさせていただき、選評などを書きました。
  • ダ・ヴィンチ 2007年 02月号 [雑誌]メディアファクトリー「ダ・ヴィンチ」誌2007年2月号でけらえいこさんのインタビュアーをつとめさせていただきました。
  • 民主文学会代々木支部の同人誌「クラルテ」に寄稿しました。
  • 2006.8.27付の「しんぶん赤旗」でヨコタ村上孝之『マンガは欲望する』について書評を書かせてもらいました。
  • 2006.2.5付の「しんぶん赤旗」で伊藤剛『テヅカ・イズ・デッド』について書評を書かせてもらいました。
  • このマンガがすごい!2006 ・オトコ版このマンガがすごい!2006・オンナ版 『このマンガがすごい! 2006・オンナ版』『このマンガがすごい! 2006・オトコ版』(宝島社)の選者をつとめさせていただき、選評などを書きました(2005年12月1日発売)。『このミス』の終わりにあるようなアンケート形式の部分です。
  • 「われら高校生」紙2005年10月10日付で矢沢あい『NANA』についてコメントしました。

ひとこと:

 こういう駄文を見るヒマじん貴重な方がいるのかなあ、と思いながらサイトを始めましたが、さいわいにも読んで下さる方がいて、反応などが返ってくるともう天にも昇る気持ちでした。ご批判があれば相応にヘコみますし、賛辞などがあろうものなら「そんなあ。困りますよ。やだなあもう。もっと言ってください」と正直に返事を書きました。

 そんなつながりのなかで、雑誌や新聞に「書いてみないか」とご紹介してくれる方もいて、ぼくとしてはそんな機会があるだけで有り難い気持ちでいっぱいです。「有り」「難い」とはこういうことだったのか! と字面を見つめながら。

 ウェブのほげほげした感想タレナガシストから、紙の出版物に上陸できるというのは、やはり幸せきわまることで、果たして自分の身の上に起きたことであろうか、などと頬をつねりつつ、字数制限や媒体の性格ごとに書くという難しさを味わいながら、楽しんで書かせてもらっています。
 今後、上のリストがふえるかどうかなんて全然わからないし、ふえなければふえないで、それはやっぱりさみしいであろうなあ、などと思うのですが。

 もしサイトを読んで何かやらせてやろうというヘンな方がいらっしゃれば、どうぞメールをください(直接メールされたい方は下記へお願いします)。基本的に返事は必ずいたしますが、万が一返事がない場合は、おそらくスパムと間違えて気づかなかった可能性があるので、お手数ですが再度お送りいただければ幸いです。(2007.7.24補足)

 メールアドレス:cbl03270※pop06.odn.ne.jp
 (上記の※を半角のアットマークにかえてください)