共産党議長・不破哲三が、青年団体(日本民主青年同盟)の大会で、講義めいたことをするらしい。
 察するに、社会主義についての講義であろう。

 そこで、当研究所では、不破哲三に挑戦し、ぼく自身が社会主義の講義をやってみることにした。

 どっちがウケがいいか、競争だ。

 なつかしい、社会主義競争ってな言葉もあるしな。

 ターゲットは、どのあたりにあるか。
 共産党が顧問をつとめる青年団体幹部連中あいての話だろうし、「赤旗」に載るとしても、読むのはそれほど広い層ではない。だとすれば、基本的に政治や社会に関心があり、なんらかのアクティブなうごき――強弱はあっても――をする人々だろうとかんがえられる。

 なお、不破は共産党論をとうぜん話の中におりこむであろうが、ぼくはそれをせず、社会主義論にとどめることにする。むろん、ほんとうに講義をする機会はないから、紙上講義、バーチャル講義となる。

 不破がこのサイトを読んでいる可能性は0.000001%未満なので、事前にぼくが発表し、あとで不破が発表したものとくらべることにする。不破の講義はどうせ共産党のサイトに載るだろうから、勝手にリンクをはって比較できるようにする。

 ちなみに、不破が民青の大会で話す日は、2004年2月14日だそうである。

 ムフ。

 不破哲三の講演の文章の全文はまだ公開されていない(18日現在)。公開されしだいそちらをリンクする。