円城寺マキ『プライベート・プリンス』



プライベート・プリンス 1 (1) (フラワーコミックス)  自分がその欲望体系の外にいるようなジャンルの漫画を読むと、まったくついていけなくなるというのは、漫画読みであれば一度ならず体験したことがあるだろう。
 前にも書いたとおり、たとえば『キミキス』を男子中高生(または男子中高生テイストの中高年)以外が、なにかの事情で誤って読んでしまった場合、あまりのご都合主義にめまいを覚えるはずである。



男性読者なら放り出しそうな設定ではあるが


 円城寺マキ『プライベート・プリンス』はその設定、そして展開、個々のエピソードを聞くだけでぼくのような男オタクはあきれ果てて言葉を失うに違いない。
 タイトルがずばり「私の王子様」。1巻は主人公の女子大学院生・桜川都のいる大学(英都大学)に、エストリア国の容姿端麗な王子・ウィルフレッド(ウィル)が留学してくるというとんでもない出だしなのである。
 女性に大モテのウィルに、都は当初まったく恋愛感情的興味を示さない。
 しかし、都は自らの修士論文執筆の絶対的必要からウィルに接近するが、ウィルのセックス・アピールにまったくなびかない都の態度にウィルは逆にあおられ、なんとかして都を落とそうと躍起になるのであった。
 そんな高貴なコーカソイド風ハンサムに言い寄られまくって次第に感情をときほぐされていく都……という話なのだが、ここまでの設定を聞いて、ぐおーと叫んで駆け出す男オタクも多かろう。止めはすまい。

プライベート・プリンス 4 (4) (フラワーコミックス)  だが、読んでいて「なぜ!?」と思ったのは、主人公の都はウィルのお供に「ミス・メロン」と呼ばれるほどに「巨乳」で、豊満なのか、メガネっ子なのか、つまり無駄に男性読者をひきつけるようなキャラクター設定になっているのかということだった。バイト先のレストランでメイドの格好もするし…(4巻でも表紙になっている)。

蝶よ花よ 1 (1) (フラワーコミックス)  同じ連載誌で吉原由紀『蝶よ花よ』(元地主のお嬢さんが零落しOLになってから旧家の使用人のイケメン男性に陰で奉仕されるという物語……orz)の主人公はいかにも女性漫画の主人公らしく、男好きがしない。胸も「B」である。それにくらべてこの『プライベート・プリンス』の方は一体!?と思った次第。

続・先生のお気に入り!  女性系の欲望漫画にはしばしばこういう「なぜか男性奉仕的キャラクター設定」があって「?」と思う。たとえば相原実貴『先生のお気に入り!』シリーズ(イケメン校長とその弟=高校生との間で揺れる女教師)の主人公も無駄にナイスバディである。
 沙村広明は「少女漫画家無宿 涙のランチョン日記」(『おひっこし』所収)のなかで「私もそうだけど女性作家は割とスレンダーでモデルみたいな体形を描くし 男の作家は肉付きよく……ていうか母性的な裸が好きなのよね」(p.181)という古典的な命題についてのべているが、常識的にはそうではないのか? なのになぜ?
 それは男性読者を射程距離に入れているためなのだろうか? それとも女性にとってもセックス描写を堪能する上で豊満な肢体を設定することが必要なのだろうか? あるいは男性がひきつけられるという物語の設定上やむをえないことなのだろうか? この漫画の感想を書いているサイトやブログをめぐったが、この点について書いている人は見当たらなかった。知っている人がいたら教えてほしいものである。

 しかし、そのような、ぼくからみて意味不明な「男ホイホイ的キャラクター設定」によってぼくはこの漫画を放り出さず、2巻へと進出することができた。メガネっ子女子大学院生というのもぼくの中ではポイントが無駄に高かったのである。



フレンドリーすぎる王室の描写が実はヨイ


 王族なのにいきなり都の実家が経営する老舗旅館に滞在することになったり、そこでのくつろぎようがおよそ王族とは思えぬほどにフレンドリーだ。
 3巻でエストリアの宮殿へ都がいっしょに行くことになるのだが、多少豪勢さや王宮としての気品の描写はあるものの、およそ王室を訪問したときの格式とは思えない親しみやすさなのである。
 ウィルと都を迎える王と王妃は、どう見ても「ちょっとセレブな日本人のご両親」(少し大所の会社の取締役くらいか)でしかない。
 だが、それがいいのだ。
 たとえばこんなものを惣領冬実『チェーザレ』よろしく、「専門家ごとのチームを組み、考証にこだわった」(朝日07年5月17日付)りしてしまったら逆に台無しであろう。いちいち感情をなじませるのに時間がかかって仕方がない。
 むしろ、「世界バリバリバリュー」にしか見えないエストリア王室訪問の描写こそ、ぼくらがあっという間に感情を移入することができる絶妙の温度設定なのである。ソファーで都の日本土産を手に取る王一族の脇に、ぼくは「やるせなす」の二人がいるような気がしてならないのだ。



グラフィックの矛盾・多義性を最大限にいかす


 そして、矛盾にみちた漫画的グラフィックもここでは最大限活用されている。
 ぼくは先ほどウィルを「コーカソイド風ハンサム」と書いたが、読者がそう思えばそのように見える。しかし、リアル白人というわけではなく、日本の美青年たちの描写と絵柄はほとんどかわらない。ぼくらが異人種に感じる違和だけがきれいに除去されて、読者はウィルに対し、「コーカソイド風ハンサム」と「日本的ハンサム」をシームレスに移行することができるのだ。

 すなわち、「王子様との恋」という途方もない出だしにしながら、さまざまな設定やグラフィックが読者にとって自由に調節できるシステムになっていて、瞬時にぼくらの日常にまで降りてくることができるのである。

 あと、たとえば4巻にはウィルといっしょにフランスのコート・ダ・ジュールでバカンスをとるなどというシーンも登場する。Lesson17の冒頭はこのリゾート地のホテルで都とウィルがいっしょにバスタブでじゃれているというラブラブシーンつうかエロシーンから始まる。他にも最上級スイートでセックスとか、セレブなご一家との食事とか。

 漫画でこういうものを描く感覚というのは、「もし1億円あったらどうするか」ということをおしゃべりで楽しむ感覚に似ているのだろうか。先日『ホームレス中学生』が100万部売れたので印税が1億円以上になるだろうという下世話な報道を、下世話きわまるぼくら夫婦が見ていたのだが、ぼくの本が100万部売れて1億入ってきたら何をするかという話になった(すいません馬鹿丸出しで…)。娘の学資に必要額残そう、左翼組織とボランティアに一定寄付しようと言ったが、あとが思いつかず、「漫画をおくためにもう1室アパートを借りる」というショボイ結末になった。
 そんなことをあれこれ想像する感覚に似ている。美男子とセレブな余暇をすごすとしたらどう楽しいかをあれこれ想像してみるということだ。
 こうしたシーンでも、この漫画はわりと設定や風景描写がいい加減で念入りでないことが、逆に想像をしやすいものにしている。

 セックスの描写は男性のエロ漫画とはかなり趣を異にする。
 おなじ女性漫画でも前掲の『先生のお気に入り』などは、女性の姿態や恍惚感を男性漫画に近い形で具体的即物的に描くのだが、本作はもっと観念的である。どちらかといえばいまや絶滅的描写である「朝チュン」に近い。
 セックスに淡泊なのではなく、作者は十分にセックスを快楽的に描こうとしているのだが、その方向が男性エロ漫画と違うのだ。ウィルのあふれかえるような気持ちをこれまたあふれかえるような気持ちで都が受け止めるという「観念のセックス」である。多幸感そのものを描くことがセックス描写の核心になっている。
 「思う」ことで読者が快楽度を高めることができるので、これもある意味使い勝手がいい部分だといえるだろう。


 このようにさまざまな要素が「いい加減」で「ご都合主義的」に造形されていることが、読者にとって非常に「使い勝手」のいい漫画になっているのだ。いったん設定にまきこまれてさえしまえば、男性のぼくであっても十分に楽しめた。
 問題は入り口で拒否反応を示してしまうかどうかだ。そこをこえれば楽園が待っている! ぼくをふくめ、いい加減でご都合主義的な設定にのめりこめる人というのは、楽しみが多い。人生をトクしている。





小学館プチコミフラワーコミックス
全5巻
2007.11.18感想記
この感想への意見はこちら
メニューへ戻る