朔ユキ蔵『セルフ』



定本 育児の百科〈下〉1歳6カ月から (岩波文庫) 〈この年齢〔3〜4歳——引用者注〕の自慰(オナニー)は指しゃぶりとまったくおなじにかんがえればよい。指しゃぶりにたいして、気にせずにおきなさいというのには、母親は納得する。しかし、自慰にかんしては、いくら気にしなさるなといっても、母親は容易に納得しない。ことセックスにかんすると、おとなは平静でありえないようだ。だが、この年齢の自慰は、おとなのいうセックスとは無関係なのだ。それが容易に理解できないのは、子どものやっているのは自慰だと知ったときのショックが大きかったからであろう。

 女の子のほうがはるかによくやる。はじめ、ふとんのなかで両脚をくみあわせて、力を入れて、まっかな顔をしているときは、母親は何のことかわからぬ。だが、腰をうごかしていたりすると、何であるかわかる。また、人のいない部屋で椅子の角の部分に、前を押しつけて、息をとめてまっかな顔をしているのをみつけると、自慰だとわかる。子どもが自慰をしている、それもこんな小さな子がやっていると知ったとき、母親は非常なショックをうける。子どものからだに害になるのではないか。頭がわるくならないか。変態者になるのではないか。いろいろなかんがえが一度におこってきて、子どもをひどくしかりつける。

 しかし、自慰は幼児によっては、指しゃぶりとかわらない。それが性的であるとしたら、指しゃぶりが性的である(フロイト流のかんがえかただと口唇は性的地帯)のとおなじ程度である。どちらも、子どもに適当なエネルギー発散の場が与えられていないためにおこったものである。どちらも、子どもが友人とあそんだり、戸外で元気よくあそぶようになれば、いつのまにか自然になおってしまう。どちらも将来に何の害ものこさない〉(松田道雄『定本 育児の百科(下)p.263〜265)

 今回紹介する『セルフ』の登場人物が叫ぶ「女のコは…オナニーなんかしないもん」というセリフとはうらはらに、女性をふくめ、自慰は人生にとってそれほどなじみが深いものである。

 ぼく自身も——と自分語りに入る。ぼくの顔もしらない人はともかく、ぼくをよく知っている人は〈奈緒ちゃんの乳首の色なんて 知りたくなかったよ……〉(秋山『オクターヴ』)なんてことにならないように、この時点で撤収をおすすめしておこう。

 さて。




ぼくのヰタ・セクスアリス…なんか聞きたくもないお前らに嫌がらせ



 ぼく自身もこの〈椅子の角の部分に、前を押しつけて、息をとめてまっかな顔をしている〉というのをやった記憶がある。『セルフ』でも主人公が偶然に出会った女性(夏目宇多)がしている自慰のスタイルはこれである。

 ぼくにとっては、おそらくそれが最初の自慰だ。はっきりとは覚えていないが、祖父と近所の床屋に散髪にいったときだから、たぶん保育園、4歳か5歳のころだろう。床屋で順番を待っているうちに、なぜか待ち合いにある低い丈のテーブルの角に性器を押しつけているうちに異様な快感が走り始めたのである。それはかつて感じたことのないほどの快感で、止めようと思っても止まらない。世の中にこんな気持ちのいいことがあったのか(by筒井康隆)とさえ思わなかったのではないか。突如舞い降りてきた快楽を逃すまいと必死である。そしてどこまでやってもそれは止むことがなかった。

 むろん、幼児であったから、周りがそのときどんな顔で自分を見ていたのかはわからない。いっしょにいた祖父にとがめ立てされた覚えもない。たぶん祖父や店の人は気づいていなかったのだろう。他の待ち合い客はどうだったかはわからない。
 なぜそれをそのとき止めたのかは定かではない。
 今でもそれを覚えているように、ぼくにとってそれは未曾有の快楽体験として身体に刻みこまれたのである。

 続いて体験したのは、「登り棒」をやっている最中に突如快楽に襲われるというアレである。小学校低学年のときだった。脚と股間に力をこめ、集中して性器をこすりあげるという理想条件がそろったこの遊びで自慰を経験してしまう子どもは少なくないだろう。
 厳密にいうと、ぼくの場合は「登り棒」ではなく、鉄棒だった。小学生低学年ではジャンプしてもなかなか届かない高さの鉄棒が学校にあり、支柱をのぼって横に渡してある鉄棒につかまったものだった。
 夕刻、この鉄棒でひとりで遊んでいるときに、それは起きた。床屋で机の角で起きたアレ——小学生には命名しがたかったあの快楽がまたしても突如訪れたのである。
 ぼくは一度おりてみてまた登った。しかし次はもう快楽はなかった。
 その後、何かの折にあの快楽を再現したいという気持ちに駆られることが何度かあって、直感的に登り棒のようなものを使えば再現できるのではないかと考え、登り棒を登ってみた。しかし再現はできなかった。今考えてみると、意識的にその快楽を「登り棒」で再現するには、性欲の高まり具合とか、疲労度とか、力の入れ方とかそういう条件がかなり整わないといけないのだと思うのだが、もちろんそんな探究心はなかったので、それはそれぎりになった。

 再現可能になった自慰を発見したのは小学校4年生のときだった。

 ぼくは小学校4年生まで祖父母と寝ていたのだが、祖母が横に寝ていて(寝入っていたかどうかわからない)、まったく何の気無しに男性器をいじっていたら——ちょうど性器をこちょこちょとくすぐるような形で——突然あの快楽が襲ってきたのである。布団でさらにしごきあげると、もうとろけるような体中に電流が走る。祖母が隣で眠っているか眠っていないかということはもうどうでもよく、その快楽を追うことだけに夢中になった。まだ精通はなかったので、快楽だけが与えられた。

 性器をくすぐるようにすると快楽が得られるのではないか——その原理に気づき次の日は夜になるのが実にもどかしく、布団に入るやいなや早々に試した。

 ところが、再現されないのである。

 これは一体どうしたことか、と思った。一定のレベルまでむずむずするものの、昨夜のように快感が体中をかけめぐるということはない。そうしてその日はのぼりつめることができなかったのである。
 その後、快感が訪れる日と訪れない日があることがあり、最初は運のようなものかと思っていたのだが、一つの重大な法則に気づいた。これはぼくの人生史上、実に重大な発見だったのである。

 それは、性器をいじるときに、脚を組んで力を入れているかどうか、ということだった。〈ふとんのなかで両脚をくみあわせて、力を入れて、まっかな顔をしている〉という松田の指摘はまさにそれである。これか。これなのか。
 この「脚を組む」という条件を組み合わせると、かなり高い確率で再現できるようになった(前立腺を刺激しているのだという)。それからはもうサルのようなもので、夜が来るのが待ち遠しかった。考えてみればすごいことで、これほど大きな快楽がいかなる金銭的・対人的コストもかけず得られるのである。夢中にならないわけがなかった。

 小学5年生になって、友だちに図書館で性教育をされて——というとエロいが、そういうことではなく、同性の友だちに図書館で男女の生理について書かれた図鑑を見せられて、精通とか初潮とかいうものがあることを知ったのである。自慰についてもそのころに教えられた。つまり、自分の快楽にはじめて概念規定を与えられたのが小学校5年生だったのである。

 小学校5年生になって兄が大学に行くために上京し、部屋が空いた。一人部屋が与えられて、日本男児たるもの、自慰をしないわけにはいかないではないか。そのころにはすでに丸めた布団にしがみついて性器をこすりつけるという方法も編み出していたので、ある日、深夜ラジオを聞きながら(別にラジオの中身はエロいものではなかった)それをやっていたのである。
 小学生がエロ本などまったく入手できない時代だったので、無心に快楽だけを追求していたのである。
 すると——。
 いつものような快楽の上昇曲線がさらに大きく引き上げられ、股間が爆発的に解放されるような感覚に襲われた。少し失禁感に似ていた。なので、これはやばいと思って、その快感曲線の上昇をあわてて抑えようとしたのだが、まったく制御できず、急激に熱いものが下半身から放出されることになった。
 言うまでもなく、それが射精であり、精通だった。

 概念としてすでに学んでいたので、「ひょっとしてこれが射精だろうか」と暗闇のなかでぼんやりと思ったものである。


 お前らは「なぜこんなに長々と紙屋オナニー伝を聞かねばならぬのか」といぶかっているかもしれない。まあ、半分は、食事中にウンコの写真を見せるのに似た、お前らへの嫌がらせだから気にするな。でも半分は、この朔ユキ蔵『セルフ』を評するためのものなのだ。




オナニーの原初的な熱狂を蘇らせる



セルフ 1 (ビッグコミックス)  『セルフ』の主人公は国木田陽一といって、区立図書館の職員をしている24歳の男だ。優男風で、これまで人生の中で多くの女性に告白されセックスを体験し、現在もかわいい彼女がいる。会ってそれなりに激しいセックスもしている。しかし、陽一はセックスに淡白だ。女性に興味がないというわけではなく、セックスは女性のためのもので、男性はそのために奉仕しているという感覚をずっとぬぐえずにいるのだ。

 それがあるとき、ふとしたきっかけでマスターベーションに興味を持つようになる。陽一は一度も自分でしたことがなかったのだ。本当なら10代前半に経験としてすませておくべきことを陽一は20代後半になって概念として学び始めるのだ。

 しかし……。

 よく考えると、奇妙な作品である。
 なぜなら、本作読者の多数派である青年男子はすでに自分でオナニーを体得している人間がほとんどである。にもかかわらず、今さらオナニーを追体験させることの意味が一体どれほどあるのだろうか、と。セックスを基軸としたエロ漫画はそれこそ腐るほどあるけども、オナニーをモチーフにした漫画というのは過去にあったのかもしれないが、ジャンルとしてはまったく発達しなかった(男性向けに、女性のオナニーを題材とするエロ漫画はこのさい別であることは論を俟たないであろう)。

 にもかかわらず、なぜこの漫画は成立しているのか。

 少年や少女を主人公もしくは対象にしたエロ漫画やエロ小説が、快楽の内面を描きたいのに、それが少年や少女であるがゆえに、あまり周到な内面描写ができないという問題が存在する。存在するんですよ。この世には。いや、そんなこと知らなくても生きていけますけどね。知っている方がむしろどこかで何かを間違えた生き方だとは思いますが。だから大人が何かの事情で体だけ少年や少女に戻ってしまうとか、ひどく大人びた内面をもった少年・少女が設定として持ち込まれることがある。

 それとまったく同じとはいわないけども、マスターベーションという快楽を概念として自覚的に、そして豊かになぞり直すために、20代男性が意識的にそれを学び始めるという設定が持ち込まれている。

 たとえば2chで「登り棒オナニー」について語る言葉の豊かさを聞いてみようではないか。

日刊スレッドガイド : のぼり棒で性感を覚えた香具師いる?
http://guideline.livedoor.biz/archives/50260509.html

(・∀・)登り棒オナニーしよう(・∀・) part3
http://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1216649091/

〈自分は気持ちよくなり始めると
 力が抜けて落ちるのが怖くてやめてたけど
 小学校高学年になって久しぶりにやってみたら
 あまりにも気持ちよくて降りた後に股をさするように手でこすってた
 登らなくても快感が出てくることにうれしくなって
 最後は座り込んで短パンの中にそのまま射精
 気持ちよすぎておしっこ漏らしたと思って
 あわててトイレに入って見たらべっとりした白い液で
 びっくりしたなあ
 どうしてそうなるのかわからないから怖かったけど
 あの出す瞬間の快感が病み付きになって
 オナニーにはまっていった〉

〈俺も小二くらいだったかな〜。
 いつもくすぐったくて登れなかったんだけど、
 今日そこは登ってやる!!と決心して登ったときだった。
 くすぐったいのを我慢して我慢して・・・・
 あれっ!なんか違うみたいなw
 イクときはなんか棒にしがみついてビクついてた。
 あんな快感もう来ないのかな〜〉

〈小学生の時に休み時間に棒に登ってやってた…休み時間の終わりの放送が流れる中でもう教室に帰らないといけないって状況でスリスリ…あの状況あのタイミングでやるのが一番気持ちよかったんだ!〉

〈今思えばやっぱりあれは性的な何かだったんだな。
 昔の快感はもうもどってこないのかのう〉

〈自分も小2の時にあの快感を体験した
 しがみついて股をこすりつけると
 ぎゅーっとお尻の奥から快感が搾り出されるような感じ
 でも子供心に未知の快感が怖くなってあまり続けられなかった
 中1の時に偶然うつぶせたままちんちん圧迫すると
 気持ちよくなって、その時に登り棒の快感を思い出して
 久しく忘れていた快感に嬉しくなった
 股に挟んだまま押し付けるのを繰り返すたびに
 快感が搾り出されてきて、それがどんどん大きくなってくる
 あの時は怖くなってやめちゃったけど、今なら続けられる
 と思って続けると、溜まった快感の塊が付け根を通って
 ちんちんから吹き出るように射精した
 股間から脳天に突き抜ける快感に
 口は半開きでよだれが出かかってて
 パンツの中にそのままたっぷり初精液出し切って
 ぐちゃぐちゃになったまましばらく呆然としてた
 ふと我に返って登り棒の頂点でこうなってたら
 落ちて大怪我してたなと思ったw 〉

 さらにここで注目すべきは、〈昔の快感はもうもどってこない〉的な体験として回顧されていることが実に多いということではないか。

 つまりオナニーを体得した最初の頃の原初的な熱狂というものは、もう二度と帰ってこないのである。『セルフ』はそれを豊かで自覚的な「語り」や「分析」に乗せて、登り棒、こんにゃく、ローション、机の角、夢精という具合に、細かく再現していくのだ。オナニーにしろセックスにしろ、20〜30代とおぼしき「スピリッツ」読者がその快楽にすでに馴れきってしまっている中で——その飽和感は『セルフ』1巻の冒頭で示されている——あの原初的な熱狂を蘇らせようとしている。

 ぼくが冒頭に長々と自分の自慰史を書いたのも、その熱狂と重なるからである。




自分の身体への主権をとりもどす、そして自分の知らない自分を発見する



 オナニーのプリミティブなスタイルというのは、『セルフ』で陽一が見知らぬ女に自慰教育されているときに言われるように、エロいことを想像することぬきに、身体だけで成立する。

 自分の体をいじり、開発することこそオナニーの基礎であって、ソフトはそれを加速させるための応用編にすぎない。

 エロいことを考える、つまり「おかず」というソフトがなければオナニーは成立しないと考えるのは、後からの知恵であって、オナニーというのは自分の体を支配し、その快楽のメカニズムを自在に統御することが出発点である。それはお前の個人史、という外野の野次は許されない。

 オナニーのことを考え始めるようになった陽一は次のようにテーマを結晶させる。

〈俺が知りたかったのは、ただひとつ……
 自分だけのための性——
 その入り口だった〉(1巻p.61〜63)

 そして、こんにゃくを加工して自前のオナニー用具をつくり、自分の性器をいじりはじめる。そのとき、陽一はこう思うのだ。

〈かゆいところに手が届く!!
 自分が思ったところへ…
 自分の思うように…〉(同前p.160)

 陽一は過去の女たちが「ねえここ舐めて」「もっとこっちに」と、女性たち自身の快楽のために自分が奉仕させられてきた歴史を思い出す。

〈俺は今…
 自分のやりたいようにしている!!

 俺の体は今
 俺のものだ!!〉(同前p.161〜162)

 これが本書の表に掲げられた看板であり、テーマである。オナニーをこのように意義づけることは、性教育のある種のグループの中でも高らかに謳われてきたことだ。

〈一方、男子のほうはどうなのかといえば、男はこと外性器に関するかぎり、小さなときから目に見え、手で触ってきました。排尿のたびに手で触る場所ということを、ある五〇代の女性が立ち小便をする男の子を見て新発見し感動したという話をしていましたが、男の子にとっての外性器(幼時用語のオチンチン)はまさに日常的に自然体で親しむ可愛い息子なのです。
 ときには、自分の意思に関係なくぼっ起して、その存在感を示し、ときには、手すさびの対象となって自体愛の快さを楽しみ、そしてときには、その自己主張の激しさに持ち主である男の知情意までゆさぶるやっかいな奴と化するのです。こんな性器は、まさに男のからだのシンボルとなって、からだとの癒着と対峙となります。このような外性器の威力を、男の場合は逆にどうコントロールするかが、からだの主人公になる課題となります〉(山本直英『いまこそ豊かな性教育を』p.20〜21)

〈マスターベーションとは「自分のからだとの対話」「自分の性欲や性の感覚とのつきあい」のはじまりだと考えてください。自分のからだのどこをどうしたら快いのか。どうすることがいやなのか。そして性欲を高めたり静めたりするにはどうしたらいいか。そんなことを自分のからだと対話しながら学んでいくんですね。
 とくに男子の場合でいえば、日常的につきあげてくる性の衝動を自分で手なずけていく訓練だといってよいのです〉(村瀬幸浩『さわやか性教育』p.93)

 たとえば乳首オナニーというものがある(※『セルフ』に出てくるというわけではない。少なくとも2巻までは)。

【2ch】日刊スレッドガイド : フサフサになるオナニー法 〜チクニー〜
http://guideline.livedoor.biz/archives/50987962.html

 まあ、このスレッドのなかで言われている男性ホルモンの分泌が抑制されるかどうかというのは眉唾であるけども、乳首というものが「開発」され性感帯に変化するという事実は重要だ。

 そのスレッドを読んでいると、〈全然気持ち良くねぇよ〉〈やってみたけど乳首痛くなったからやめた。こんなんで抜ける訳ねーだろハゲ!〉という具合に、この方法・快感を理解できない人にはまったく理解できず、あるヤマをこえると突然快楽が襲うようになることがわかる。それはかなり独特な方法を積み重ねて、もう本当にある日量質転化するというのである。

〈上手く感じることが出来ない人にヒント。
 薄手のTシャツや、カッターシャツのの上から擦ってみ。
 上手く自分にあった素材を探すのがいい。
 ちなみに俺は生でこすっても全然感じないんだ。〉

〈最初は微妙な気持ち良さしかないけど、
 乳首が一皮剥ける(?)くらいまで
 何日もやってると、ある時期から凄い敏感になって、
 写生するときはさすがにチンコ
 気持ちいいけど、それ以外は乳首のほうが何倍も気持ち良くなる。
 変態的な性癖も治るとおもう。
 ただ、やり過ぎるとTシャツが擦れただけでも
 凄い快感が襲ってくるので注意が必要。〉

 そしてさらにユニークなことは、かなりの人が乳首オナニーで快感を得た時に次のような告白をしているということである。

〈俺はなぜか懐かしい気分になる
 小学生時代の夏休みのような〉

〈だよな。
 なにか大人になるにつれて忘れてしまった
 大事な物を思いだしたような感覚になる〉

〈これやるとなんか
 すごい懐かしい気持ちというか不思議な気持ちになる〉

〈乳首弄ってると切ないような幸せなような
 不思議な気分になる。〉

〈このスレのみて乳首を一指し指の腹で
 円を描くようになぞってたら
 すげー懐かしい気分になったw〉

〈何もかもが愛しいというまでの多幸感はないが
 それに近い感覚はわかる。
 ちなみに懐かしいという気持ちも。
 乳首オナし始めの頃は、
 なにやらむずがゆいやら懐かしいやら
 小学校時代の性に目覚める前の体験が
 すぅーと想起されるような感じだ。
 とても爽やかで懐かしい感覚。〉

〈乳首いじると変な気持ちになりますねまじで。
 なんていうか、懐かしい子供のころというか、
 生まれる前の感覚というか。
 ホントに不思議です。
 僕は、やっていると体のどこかには少しでも
 影響及ぼすと思いますよ。〉
 
 自分の知らない快感のスイッチが自分の身体に潜み、それを自分の力によってまさしく開発していく行為の一例がこの乳首オナニーである。セックスでも性感帯が開発されるということは無論あるが、オナニーの場合はそれが自分の力でできるのである。ぼくはこの「懐かしい気持ちになる」という感情が一様に襲う様も、まるで機械のしかけのごとく、器質的なものを感じる。

〈かゆいところに手が届く!!
 自分が思ったところへ…
 自分の思うように…〉(同前p.160)

という陽一の叫びは、自分の身体を自分がとりもどすというにとどまらない。自分が知らなかった自分をいっそう掘り下げていく、まさに「開発」である。「こんなの知らなかった…」というアレだ。

 陽一は中学生の時に、隣に越してきたお姉さんに性の手ほどきを受けるのであるが、そのときその女性に〈人間はね、みーんな性器のドレイなのよ〉と教えられる。陽一はそのとき何のことかはわからなかったのだが、長じるに従い、セックスを覚え、女性に奉仕させられるセックスを覚えるうちに「性器のドレイ」とは「女性たちの性器のドレイ」という意味なのだと解釈してしまうようになる。
 物語はそこからの解放として描かれている。





シチュエーションに萌えさせる朔の技量は異常



セルフ 2 (ビッグコミックス)  では、原初的な自慰の体験、身体の自己支配——ということだけで本作がつくられているかというと無論そんなことはない。2巻の表紙をみてもらえればわかるとおり、陽一をめぐる女性たちが「オカズ」として配置されている。さすが朔ユキ蔵。ぬかりはない。

 一人は、陽一の彼女の有加(ゆか)。
 二人目は、陽一の同僚(職場の後輩)の泉。
 そして三人目は、陽一が通うことになったオナニーを研究しているところにいるゴスロリの男性恐怖症の女性・夏目宇多である。

 それぞれシチュエーションに欲望を託せるようになっている。有加については陽一にベタ惚れの女性、そして毎回激しくセックスをねだる女性として。泉は身近な女性に「浮気」するときの妄想を乗せる相手として。夏目は男性を毛嫌いしていた女性がやがて主人公の力で性的に開発される存在として。これらを説明的な役割配置ではなく、物語の自然な雰囲気にとけ込ませて絶妙に動かしている。

 個人的には、泉>夏目>>>>>>>>有加

 泉は知性的なミステリアスさを備えている。有加とはまるで違う。他方で夏目のように完全に異世界的な謎めいた感じになってしまうともうぼくはダメだ。泉的な「身近さ」がぜひとも必要なのである。

 日本的ラブコメの伝統をまっすぐに受け継ぐ主人公・陽一に、読者にも不可視な好意の感情を持ち、帰り道で待っていたり、食事や映画に「つとめて性的なニュアンスがないように」装って、しかしその実、性的な意味をこめた誘いをかけたり、〈私が今日…抱いてくださいって言ったら…抱いてくれますか〉とか〈このまま二人でどこかへ行きたいって言ったら、やっぱりダメですよね〉とか〈…こうしてると私達もつきあってみたいにみえるのかしら〉〈ごめんなさい 私とそう見られたらイヤですよね〉とか、逃げ道を十二分に用意してくれながら(あるいは自分のために用意しながら)はっきりと積極的な誘いを女性側からかけてくれる、まったく男性にとって都合のいい能動性をそなえているのは、まさしく泉なのである!

 自分のほっぺたに男性の手をもってくるとか、電車のなかでそっと耳をかじるとか……ああ、もう! 『ハクバノ王子サマ』で見せた「友人とか仕事仲間とか、身近な女性が自分のなかで存在が大きくなっていく」という表現のあざやかさにはかなわんなー。






1〜2巻(以後続刊)
小学館 ビッグスピリッツコミックス
2009.8.1感想記
この感想への意見、お仕事の依頼等はこちら
メニューへ戻る