正森成二『質問する人 逃げる人』



 正森成二が死んだ。

 「正森? だれ?」とかいう、無邪気さを装って悪いことを企んでいそうな人間のために、懇切丁寧な解説をしておけば、共産党の国会議員だった人間である。28日付(2006年10月)の毎日新聞のコラム「近聞遠見」で岩見隆夫がとりあげ〈長く国会論戦の花形だった〉と形容した。本書は、岩見がそのコラムでとりあげていた正森の著作である。



ぼくの大学時代の正森の印象

 たしかに正森は〈論戦の花形〉だったという印象はある。
 とはいっても、正森が活躍していた80年代、ぼくは高校生で、国会中継などはほとんど興味がなかった。
 ぼくが印象に残っているのは、むしろ当時はじまった「朝まで生テレビ」などでの論客ぶりだった。あのころ、ベルリンの壁の崩壊や天安門事件などで「社会主義」の問題が「朝生」でもテーマになっていた。同じ共産党でも、上田耕一郎が「プロレタリア独裁」についての講釈を長々とやろうとして他の論者にバッサリ切られていたのにたいし、正森は実にさばけた感じで相手にきりこむし、相手からの追及もかわしたものである。
 善くも悪くも上田は“学者風”で、正森はいかにも弁護士的だった。

 大学時代、ぼくらが自治会室などで講義をサボって馬鹿話をしているとき、上回生が正森の国会質問について話していたことがある。その男は後に正森よろしく弁護士になったが、当時はアホなことばかりしていた。自治会室の中で劇仕立てで正森の追及を再現する様が妙に可笑しかった。しかも、何度も同じ戦争体験を話す老人のように、ときどき同じ話をするのも、古典落語を聞いているような妙な安心感があった。

 その上回生がいつも語っていたのは、リクルート事件での中曽根証人喚問だった。

 リクルート事件というのは、バブル時代、新進企業であったリクルートが政界につながりをつくるために「未公開株」を賄賂がわりにして政界の大物に渡したといわれる、戦後最大規模の構造汚職事件である。
 そのうちの一人として中曽根元首相の名前があがり、1989年に国会で証人喚問された。

 この追及の最後のくだりを、上回生が講談調でしゃべっていたのだった。
 中曽根が、官房長官であった藤波に、リクルート社の江副を政府税調のメンバーにいれろと圧力をかけたんじゃねーの、という「カゲの大物」としての役割をついたあとで、こう問いかけたのである。

正森「『したたかといわれて久し栗をむく』というのはだれの俳句ですか」
中曽根「拙句であります」
正森「一方、『控え目に生くる幸せ根深汁』というのは藤波官房長官の俳句です。控え目な根深汁が、したたかな栗に犠牲を押しつけられたというのが、本件の真相じゃないんですか」
中曽根「俳句とリクルート事件は関係ありません」
正森「終わります」

 上回生が悦に入って語った後、ぼくに、「な! 紙屋、ええやろ!? ええやろ!?」と押しつけがましく聞いてくる様はいま思い出しても笑えるのだが、ぼく的にはどこがいいのかさっぱりわからなかったというのが、正直なところである。

 しかし、世間的にはずいぶんと印象に残ったやりとりだったようで、朝日のコラムニスト、早野透が10年後に「ポリティカにっぽん」というコラムでこのやりとりをひいて〈小気味のいい追及〉と評していたことがある(朝日新聞2001年3月6日付)。10年後にわざわざ引用されるほどの名場面だったわけで、ぼくの方が不明だったのだ。

 本書『質問する人 逃げる人』は、正森が現職国会議員を引退したあとにまとめた本で、このなかに中曽根喚問のやりとりも、早野のコラムも収められている。



抽象的マニュアルではなく、具体的な質問から学べ

 三部構成で、第一部は国会の「裏話」を紹介し、第二部は自分の思い出深い国会追及を7つのせている。第三部は540回におよぶ質問のリストである。
 ただ、三部構成といっても、240ページちかい全体のうち、ほとんどは第二部の質問の再録にあてられている。本書には「議会(国会)の論戦はどのようにするのか」というサブタイトルがつけられていて、「論戦マニュアル」「論戦をするさいの教条」のようなものを期待して読み出すと肩透かしを食う。あるいは、ここにあげられている7つの質問にかかわるテーマ(リクルート事件、ロッキード事件、昭和天皇の戦争責任、金丸事件、創価学会と宗教法人非課税など)に直接関心を持っていない人は面白く読めないと思うかもしれない。

 しかし、これは「議会(国会)の論戦はどのようにするか」ということを、具体的な生きた質疑応答のなかから読みとってほしい、という正森の気持ちであろう。
 
 たとえば、マルクスの本を読んで、マルクスがそこで直接論じていることにしか興味がないというのは、ずいぶんつまらない「マルクス読み」であるといえるだろう。マルクスがジャーナリストとしてフランスの政治激動を追った、いわゆるフランス三部作を、パリ‐コミューンやルイ・ボナパルトにしか興味がない人間だけが読むのだとしたら、今読む価値はほとんどない。
 マルクスが対象にどう迫ったか、という思考作業の軌跡を追うことで、天才の思考訓練を追体験できるわけで、別にそれはマルクスでなくてもいいわけだし、そして古典でなくても、たとえば隣で仕事をしている頭のいい人からも、日常そのことを学ぶことはできるものである。

 この本も同じように、正森という論客が対象に迫る、その精神のプロセスを読むのが醍醐味なのであって、抽象的なドグマや教条を学んでもあまり意味がないし、とりあげられているテーマについてだけ狭く関心をよせてもつまらないのである。



根本的に事につうじる

 ただし、正森の論戦をつらぬいている精神は、ごく簡潔に書かれている。

 正森は、国会議員の仕事として、地元まわり、国会論戦、地元以外への応援、という3つをあげて、〈率直な感想を言わして頂くならこの三つのうち議員として最も大切なのはその二の国会での質問、討論であり、これが十分にできていれば、あとの二つは心がけと努力で立派に解決し、こなしていけるものであると思っている〉(p.42)と大胆にも規定している。正森が情熱をかけたのは、そこだったわけである。

 そのうえで、全体をつらぬく精神として、正森は〈どの場合にも必要とされるのは周到な準備と勉強だと私は思う〉(同)とのべる。
 なんだ当たり前の話じゃないかと思うかもしれないが、これは論戦をするうえでは非常に根本的な問題である。

 マルクスは『ヘーゲル法哲学批判 序論』のなかで、〈理論といえども、衆人を掴むやいなや、物質的な力となる〉という有名な言葉のあとで、次のようにつけくわえている。〈理論はそれが人に即して論証するやいなや、衆人を掴むことができるのであり、そしてそれはラディカルになるやいなや、人に即しての論証となる。ラディカルであるとは、事柄を根元においてとらえることである〉(大月版選集1p.16〜17)。

 「周到な準備」という正森の主義は、物事を根元的=ラディカルに把握しようとするマルクスの姿勢に通ずる。
 たとえば、スペインの革命の新聞記事を書くために、いちいち15世紀以来のスペインの社会経済史を調べつくすというのがマルクスという男のやり方だった。
 エンゲルスも、ある若いドイツの革命家に送った手紙の中で、史的唯物論を型紙や公式のように扱う態度を批判したあとで、〈私は、頭からきめてかかる前に、むしろ根本的に事につうじることのほうを選びます〉(大月版選集8p.247)と書いている。

 正森は、その一つの例として「プレミアム課税」の問題をあげる。株式への課税の一つであり、プレミアムへの非課税が大企業などが利益を不当にたくわえる一手段になっていた。しかし、正森は調べてみて、〈案外これらの問題について本格的な論戦が行われていない〉(p.43)ことを知る。

〈一つには、イデオロギーの違いもあり、同じ土俵で相手も認めざるをえない論理を駆使しながら尚かつ相手を説得もしくは論破することが困難だからであろう。/そこで私は、できるだけ勉強して、資本主義の論理でも非課税はおかしいのではないかと政府を追いつめていくことに努力してみようと考えた〉(p.43〜44)

 そして正森は〈まず国の法人税制の歴史から勉強をはじめた〉(p.44)という。〈昭和十八(一九四三)年の法改正以前は全額益金で税金がかかっていたことがわかり〉などという叙述がみえるとおり、正森は日本の近代税制の根本にまでさかのぼっていく。学者間の論争にまでふみこむ。

〈私の勉強の仕方は担当の秘書に教えてもらって初歩的な本や資料を読み、そのうえで国会図書館の立法考査局という担当の秘書のために調査や相談をしてくれるベテラン(大学の助教授クラスの学識のある人はザラにいる――原注)に調査目的を言って該当の本を貸してもらうという順で進む。そしてこれらの本を読んでいると自分の関心のある部分で注として引用文献がのっていることが多いからこれをまた借りだして読み、更に場合によってはその本の引用文献を読む――つまり子から親、親から祖父母というようにさかのぼるのである。こうして孫引きでなく、祖父母引きまでいく大体その狭い分野では政府側の役人と少なくとも同等、大ていは、はるかにこちらがよく知っていることになる〉(p.44〜45)

 冒頭にあげた岩見のコラムでは、この正森の〈祖父母引き〉を紹介して、それとの対比で〈先日は週刊誌記事だけで質問した野党議員がいた〉と民主党を皮肉っている。



地方議員はメモっとけよ!

 地方議会を傍聴して思うのだが、与党になっている保守系議員は何も質問しないか、たまに質問しても、思いついたことを突然聞いたり(委員会分科会)、持論の教育論をまるで酒場でのクダ巻きのようにとうとうと述べたり(一般質問)、びっくりするようなことが多い。民主党議員がたまにいても、分科会でなーんもしゃべらないという人ばかりで驚いたこともある。共産党議員が残りの時間――数時間ずっと質問していたりする。
 まあ、時間さえかけりゃいいのか、という言い分もあるだろうが、「行政チェック」という質問の本質からすれば、共産党のこの姿勢は、はるかにマシである。

 そういう共産党であっても、当面の対応の範囲での勉強で質問しているな、と思うときは、ままある。議員が少ないのに全テーマをやらんといかんからしょうがないんだろうが。
 ぼくは、ある共産党の議員とサシで飲んだことがあって、その議員は、そういう「当面対応」の質問になってしまうと質問がまったく迫力を欠いちゃうんだと述懐していた。
 その議員は、はじめ区画整理問題でちょろちょろとかじったことを演説したり質問したりしていたのだが、当局も動かないし、何よりも住民からも批判されて思い直して勉強したという。行政当局でも舌を巻くほど学ぶと、もう対応が全然違うようだった。
 事前レクに大挙して役人がおしかけるそうである。構えているのだ。
 住民からも区画整理の相談をひんぱんに受けるようになり、いまやその議員のウリの一つにまでなっている、と。

 区画整理は、制度が入り組んでいるうえに、実際の権利関係も複雑で、議員としてはつい敬遠しがちな分野である。どちらかといえば保守系議員が「よっしゃよっしゃ」という寝技で行政にハナシをつける分野だと思われている。そこに、切り込んでいくのだから、まさに〈根本的に事に通ずる〉ということの大事さがわかる。


 この『質問する人 逃げる人』はそのような論戦精神の具体化である。



昭和天皇の戦争責任追及

 ぼく的には、昭和天皇の戦争責任を追及したくだりが面白い。
 当時の中曽根首相が、朝日新聞の4コマ漫画「フジ三太郎」(中曽根は「何とか三太郎」といっている)をひいて、その漫画にみられるような昭和天皇への敬意こそが〈国民感情〉(p.120)なのだ、と反論する。
 天皇好きのこの男が、言うに事欠いて、論拠を「フジ三太郎」に求めるのかよ、とちょっと可笑しかったが、正森は富田健治(内閣書記官長)『敗戦日本の内側――近衛公の思い出』や、近衛文麿伝記編纂刊行会『近衛文磨』、『終戦史録』、『近衛日記』などの文献を駆使して、〈天皇は開戦において平和主義者でなく、戦争終結においても、天皇が聖断を下されたというのは、一年も前から宮中あるいは外務大臣あるいは元老が、そのようにしなければ軍部が反乱を起こしてまとまらないというようになっていた筋書きに基づいて行われた〉(p.124)ことを明らかにする。

 これにたいして、中曽根はほぼ反論不能におちいり、〈今のお話を聞いておりまして、共産党はそういう考えを持っているのかと今感じた次第でございます。大部分の国民の考えていることとはまるきり違うことを考えていることを発見いたしました〉〈大多数の、もう九九%の国民、九九%に近い国民は、やはり二千年近いこの伝統と文化を持っておる日本、及び天皇を中心にして生きてきた日本のこの歴史とそれから我々の生活を守っていこうと考えておる〉と、せんのないことをくり返すばかりだ。

 あげくに〈もしマルクス共産主義によって日本が支配されておったら、今日本はどうなっておるであろうか。これだけの繁栄があり得るであろうか〉などと言い出す有り様である。


 このほか、正森にかかわっておそらく一番有名なハマコー事件にも、かなりのページを割いている。サイト「漫画読者」の以下の文章を思い出す。

〈盛岡は石川啄木と宮沢賢治の町。宮沢賢治は人殺しであるという伝記上の発見が国会で報告されたこともあったなあと思い出しつつ街を散策。〉

 なんのことかわからない人は、お父さんお母さんに聞いてみよう!



ネットの論戦にもいかせます

 この〈根本的に事につうじる〉という精神は、当たり前だけど、ネット上の議論を実りあるものにするうえでも欠かせないことだろう。

 「コピペ」で対応している「ウヨ」の人々は、一見知識がありそうでも、あまりどうということはない。ある点をつきくずせばほとんど瞬時に崩壊する。粘着的に反論、あるいは「いじめ」と同じで仲間を呼んでくるだろうけど、文字通り烏合の衆である。
 ところが、「ウヨ」の方のなかでも、〈根本的に事につうじる〉方がたまにいらっしゃって、そういう人と論戦するのは、まったく気が抜けない。つうか、下手をすれば、一敗地にまみれるということにもなりかねない。

 これはまったく逆にしても同じで、サヨでもいえることだ。
 ゆえに、論戦する際は、自分が〈根本的に事につうじ〉ていると思う、超得意分野しかやってはいけない。いえ、あの、ぼくは怠け者なのでホント勉強しないから、全然えらそうなことはいえませんが。