C.タウンゼンド『テロリズム』


 「テロに屈せず派兵する」――この小泉首相のレトリックに対抗して、ぼくは「テロに屈せず、断固派兵を中止する」という意見を、あるML(メーリングリスト)になげた。その投稿の中で、「テロの根絶」についてもふれた。

 ところが、そのMLでは、基本的な部分では賛成(テロは許されない)をしながらも、違和感を表明する投稿があいついだ。

 ぼくは、くり返し、アメリカの侵略戦争と不法占領がすべての根源であり、この解決こそがもっとも効果的なテロ対策であり、それをぬきの「テロ対策」など欺瞞でしかないことを表明した。

 にもかかわらず、違和感の表明はつづいた。(くわしい議論はこのページの末尾)

 たぶん、「テロの根絶」というスローガンが、あまりに「反テロ」をかかげるアメリカ側に親和的のように感じられたのだろう。
 あるいは、あまりに無邪気なスローガンのように聞こえるのだろう。「テロは悪いからやっつけろ!」式に。これは基本的に軍事的方法はとらないとのべても、そう聞こえるらしい。
 あるいはまた、「テロ」という呼称がラベリングであり、正当な抵抗運動もこのように呼ばれて弾圧されてきたことを頭の隅にいれている人々にとっては、これまたぼくの言い分がナイーブすぎるように思われたにちがいない。ぼくは自分なりにテロの定義をしたつもりだが、くり返しテロの定義を迫られた。

 なかには、テロリスト組織が政治部門をもって、民衆に根をはっていることを強調する人もいた。

 ここには、運動の側が克服しなければならないメンタリティーの問題が如実に現れている。

 C.タウンゼンドのこの入門の1冊は、ページの大半は、テロリズムの歴史を俯瞰するもので(タウンゼンドはイギリスの歴史学の教授である)あり、じっさいのところ、ぼくはそれにはあまり大きな興味をしめせなかった(学者的でわかりにくい)。
 200ページほどある本書で、ぼくが実践的に役立ったのは冒頭数ページの、「テロリズムの定義」についてのタウンゼンドの簡潔な表明である。解説で訳者の宮坂直史も「テロリズム研究者にとって、テロリズムをいかに定義付けて、他の暴力(戦争、紛争、叛乱、抵抗、犯罪)と峻別し、その自律的な概念を構築するかは腕の見せ所である」としているが、タウンゼンドは「武装した者による非武装の者への暴力」だとのべる。
 これは、日常いわれるところの「一般市民や文民へのテロ」「無差別テロ」というふうにいえる。

 ぼくにたいしてMLで表明された違和感の一つは、この「テロリズムの定義」をめぐる問題からきている。定義をしつように要求してくる人は、国際政治の舞台でテロ/テロリズムをめぐる定義が長年にわたって混乱してコンセンサスがとれないことをよく知っているのだと思う。とりわけ、抵抗運動、軍事闘争とテロとの境がはっきりせず、それがたとえばアラブとアメリカとの対立点のひとつにもなっている。

 だが、軍人や軍属への攻撃は、その是非はまったく別にして、ぼくはテロ/テロリズムにはふくまれないと思う。少なくとも、イラクのように、いまだ戦争状態にある国で、軍人への攻撃は単純に「テロ」「テロリズム」だとはいうことはできない。
 しかし、非武装の文民や一般人にたいしては、それは明らかに「テロリズム」だといえるし、そのことはどのようなことがあっても許容されない、根絶されるべき「犯罪」である(テロリズムは戦争行為ではなく犯罪行為であると考える)。

 この点にかんして、ぼくの投稿にたいする批判者の一人は、敵対国の一般人や、政府人(文民)は、たとえ非武装であっても、占領への加担者ではないか、という論点をもちだす。
 タウンゼンドは、この問題について、「非戦闘員は必ずしも『無関係の人(イノセント)』ではない」とのべて、ナチスとドイツ市民の関係についてふれる。しかし、タウンゼンドは、テロの効果の問題から話をすすめていって、やはり軍人への攻撃とは区別されるとして、「標的になる者は客観的な意味においてイノセントではないだろうが、現実的には無防備(これを「ソフト・ターゲット」という)にちがいない」とのべる。そこから「テロリズムの本質は、武装した者による非武装の者への暴力の行使である」という規定にすすむのだ。

 無差別におこなわれるテロリズムにたいして、対抗運動の側は一点のくもりもなく、「ノー」をいわねばならない。そして、その「根絶」をめざさねばならない。ぼくの参加しているMLの参加者の一部には、正直、このことへの躊躇が存在するように思う。これは対抗運動にとって、致命的で破滅的な傷となるだろう。

 そしてこのメンタリティー(テロリズムへの薄らとしたシンパシー)は、たとえばパレスチナのように、日本人である自分自身はその現場にいないことの「良心の呵責」をもって、合理化されてしまうことがままある。「苛酷な現場にいない者が、それ以外に訴える者を持たない現場の人々に、『テロ根絶』などといってはいけない」などという論理で。

 こうした言葉はアラブの事態にたいして発せられる場合、ある種のオリエンタリズムといえるであろう。
 E.W.サイードは、つぎのように言う。

「たとえわたしたちが植民地入植者に略奪され非人道的な集団懲罰を受けているとしても、わたしたちの中の何人が、自爆作戦はすべて不道徳であり間違っていると非難したであろうか? わたしたちはもうこれ以上、自分たちになされた不正義を盾にとってその裏に隠れていることはできない……一瞬なりとも、無差別な殺戮をいとわぬような人々の戦闘行為(狂気の沙汰である)を容赦したり、支持するようなことがあってはならない。この点においては、これ以上曖昧さを許す余地はいささかもない」

(サイード『戦争とプロパガンダ』)


 そして、もう一点、ML参加者の一部が、ぼくとは違う立場にいると思われる点は、911以来、全体としてどのような問いが世界に発せられているかということであるが、少なくとも国際政治の舞台での問題の設定のされ方は、「どうやってテロリズムを根絶するか」ということである(それを報復戦争という方法によるのか、それ以外の方法で解決するかによって大別される)。

 ML参加者の一部は、このように問題を設定してはいないのである。

 ここには、テロリズムに対して、ぼくは独自の対策が必要になるという考えにたっており、他方、ML参加者の一部はテロリズムは世界の不公正や国家テロの派生物にすぎないという立場にたっているといえる。

 タウンゼンドは、最終章「テロリズム対策と民主主義」で、この問題をあつかう。
 このなかで、「テロ対策は幅広いが、まずテロリズムを社会的不平等の結果とみるならば、社会改革で対応する手がある」として、「いくつかのケース、例えばエスニックな分離主義運動に対応する際にみられるように、テロリストに直接的な譲歩をして暴力の原因を概ね取り除くこともできる」とのべている。さらにタウンゼンドはふみこんで「先にテロリストが明白に暴力を放棄し、誤りを告白し、民主的原則を尊重することを表明した上で、その報酬として改革案を提示する」とまで提案している。

 社会改革による問題の根本への対応、ということには、ぼくも賛成であり、テロ対策の基本はここにおかれねばならないということには、つよく同意する。アナンが新年にあたってあいさつしたのも、この点であるし、さいきんフランスなどが国際会議で強調したのもこの点である。

 ただ、問題は、そのことだけには決して解消できない独自の対策がテロリズムについては存在し、反テロ対策が必ず必要である、というのがぼくの立場である。

 加藤朗は『テロ――現代暴力論』(中公新書)で、テロの根源を構造的暴力(貧困、抑圧)にもとめて社会改革による対応する立場を「構造的暴力論」だと規定し、それは「マルクス主義に基づくイデオロギー」であり、それだけでは限界があると批判する。ははん、それこそ、マルクス主義への幼稚な理解だよと思いつつ、社会改革にのみ解消せずに独自の反テロ対策を必要とするという点では、ぼくは加藤に賛成してもいいと思う。

 タウンゼンドも、反テロ対策の難しさをくり返し強調しつつ、その独自対策について、いくつかの原則を提示する。「反テロ行動は、テロ行為よりも標的を絞って調整される必要がある」「特殊部隊の使用に危険性があるからといって、それなしに反テロ作戦に乗り出すことにも問題がある」「特定の犯罪に絞った国際的措置が最も成功した」――などである。

 対抗運動の側は、「テロをどうしたら根絶できるか」(加藤流にいえば「どうしたらテロを、ある量質レベルまでに管理できるか」)という説得的なことばをもつべきである。その問題設定をぬいた運動は「片手落ち」であるといわざるえない。ましてや無差別テロへの「同情」(それがたとえ1ミリでも)などというものは、自らを道義的退廃へとみちびくにちがいない。


MLでの議論をくわしく知りたい人のために

http://www.freeml.com/message/chance-forum@freeml.com/0016868
http://www.freeml.com/message/chance-forum@freeml.com/0016870
http://www.freeml.com/message/chance-forum@freeml.com/0016912
http://www.freeml.com/message/chance-forum@freeml.com/0016914
http://www.freeml.com/message/chance-forum@freeml.com/0016896
http://www.freeml.com/message/chance-forum@freeml.com/0016917
http://www.freeml.com/message/chance-forum@freeml.com/0016922
http://www.freeml.com/message/chance-forum@freeml.com/0016932
http://www.freeml.com/message/chance-forum@freeml.com/0016939
http://www.freeml.com/message/chance-forum@freeml.com/0016984
http://www.freeml.com/message/chance-forum@freeml.com/0016985
http://www.freeml.com/message/chance-forum@freeml.com/0016989
http://www.freeml.com/message/chance-forum@freeml.com/0016995
http://www.freeml.com/message/chance-forum@freeml.com/0017018


チャールズ・タウンゼンド著『1冊でわかる テロリズム』
宮坂直史訳 岩波書店
2003.12.30記
メニューへ戻る