「要は、勇気がないんでしょ?」のどこが共感できないんだっけ?




 ブログ「Attribute=51」のエントリ「要は、勇気がないんでしょ?」がはてなブックマーク的に少々話題になっている。
http://d.hatena.ne.jp/guri_2/20080316/1205641886

 冒頭の一文がほぼすべてを要約しているので、紹介しよう。

ときどき、

「会社は社員から搾り取ることばかりで、社員のことを何も考えてない」とか「従業員をサービス残業させて搾取している」とか、

つまるところ「自分たちは苦労してるのに、重役達は楽して良い思いしている。むかつく!」みたいなエントリーを読むと、

だったら自分で会社作って、社長になったらいいんちゃう?と素で思うんですが、そういうもんじゃないのかなぁ。

文句を言うな、とかそういうことじゃないんです。

文句を言っている暇があったら行動を起こして、状況変えちゃった方が早くないっすか?と思うのです。

 このエントリは、後半、自分が「出会いがないから彼女ができない」とボヤいていて、いざナンパしようかということになったら尻込みしてしまい、あれこれ言い訳して行動しなかった自分がダサいと言われたし、ダサいと思った、という話になっていくのである。
 ブックマークのコメントを読むと、わりと共感している人が多い。

 左翼としてこの一文を読んだとき、まずは強烈な違和感があったわけだが、ぼくの違和感の正体は、このブロガーが「搾取されている」現実に対して、「自分で会社作って、社長になったらいいんちゃう?」という答えしか用意していなかったことについてであって、「文句を言っている暇があったら行動を起こして、状況変えちゃった方が早くないっすか?」という部分は実は左翼的にもそのとおりなんじゃないか、共感できるんじゃないか、と思い直した。

 つまり、組合つくって給料あげるとか、サービス残業なくさせちゃうとか、あるいは社会改革に乗り出してそういう社会運動をやるとかね。選択肢が起業して社長になることだけしか書いてなかったのでカチンときたのだなあ、と。

 そもそも、ナンパの例は、「自分で会社作って、社長になったらいいんちゃう?」という提案のたとえ話じゃなくて、「文句を言っている暇があったら行動を起こして、状況変えちゃった方が早くないっすか?」のたとえ話なのだから。

 しかし、それにしても愚痴をいうことは左翼業界的にはそれ自体が大事な行動である。
 なぜなら不満を顕現して共有するという、運動の第一歩であるから。「あ、みんな同じこと思ってんだ」と。独立して起業することしか選択肢にない場合だと、このシェアはまったく余計なことにしか思えないだろう。しかし、会社や社会を変えるという選択肢を選ぶ人にとってはこの共有はムダなことではないのである。
 ブログでグチを言うだけであってもそれは世論の一つとして波紋を投げ掛ける。
 この前「日経スペシャル ガイアの夜明け」を見ていたら英語をあつかうコールセンター・KDDIエボルバで働く派遣の女性が労働組合をつくる話をやっていた。そこでも最初に投げた石はmixiで自分の思いを書くことだった。200名のオペレーターのうち27人が加入した。
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview080304.html

 つまり「文句を言っている暇があったら行動を起こして……」というふうに「文句を言う」ことを行動と対立的にとらえる必要は必ずしもないのだ。

 だから、下記のように書いてくれていれば違和感はなかった。

ときどき、

「会社は社員から搾り取ることばかりで、社員のことを何も考えてない」とか「従業員をサービス残業させて搾取している」とか、

つまるところ「自分たちは苦労してるのに、重役達は楽して良い思いしている。むかつく!」みたいなエントリーを読むと、

文句を言うな、とかそういうことじゃないんです。

文句も大事です。あわせて、行動を起こして、状況変えちゃうことにのりだせばいいんじゃないですか?と思うのです。

 おお、違和感消えたなあ(笑)。





この文章への意見はこちら
メニューへ戻る