ボクのリュックは財布。百円玉とか五百円玉、ピカピカ
  800円ぐらい。

                ぬいぐるみが買えるかなアー。
   恥ずかしいけどぬいぐるみが大好き。

  カバさん、ワンワンさん。
  赤いワニチャンは、ショップにいた頃からボクの家族。

  おもちゃ屋さんでボクが選んだのとで合計8頭。

  
呑気な生活してたのに、
       父さんが「
レナを迎えに行くよ」
  ますますレナはでっかくなってる。半年前に、さんざん
  いじめられたから、少し憂鬱。

   「レナ、チョット離れてよ。暑いよ」

   
「あたしね。こんな小さな車乗らないのよ。いつも、
  ベンツに乗ってんだから。
         あんたこそあっちに行きなさいよ」


   とにかくレナちゃん、よくきたね。ボクの庭だよ。

   向こうの芝生の上でスーパーマンしてごらん。
   そりゃあ良い気持ちだから。

   ボクが悪さをするとね、母さんが「ショップに返す。
   お庭は無いからね。」ってコワーイ顔して脅すよ。

 
   仲良しレナとトム
   と言うわけで、レナはママになりました。
  メデタシ メデタシ

   レナが散歩に出掛けた隙に、トムはこっそり娘たちを
  ペロペロしてやりました。レナが居るとに叱られるから
  です。

   今度はいつ娘に会えるかなア−−
今度はいつ会えるかなアの巻

 トム6歳 レナ5歳 お腹に5頭いたけれど2頭はダメだったということです。全部メスとのことでした。
 レナは妊娠中つわりがひどくて苦しそうでした。レナのママがとても苦労しました。

 
 我が家はワンワンのお嫁さんまでしっかりもの。

 
ミニチュア・ピンシヤーの話

私はレナ

こっちがトム

レナ     トム

トム

トムとレナ

ナナ赤ちゃんが来た日の巻
 
  ぼくとレナは半年前に結婚した。ご近所の皆さんが「赤ちゃん
  まだ」と聞いてくれる。だから赤ちゃんが生まれたので「よかっ
  たね おめでとう」と声をかけてくれる。

   それでボクが思うのは、だらしなくて行き過ぎた男女交際は困る
  かな。周りを不幸にするね。とくに無責任な妊娠は悲劇かな。

   でも結婚は大切、やっぱり、自然に逆らわない人生がいいかな。
 
   ボクもオヤジとして、虚弱児を引き取って子育てしている。
  生きがいだね。フフウー ウウー ワン
     あたしは、生後40日。
   いじめられっ子で一番小さくて            
   お乳を飲んで戻すし、息が出来
   なくなるし・・・
 
   小さいから手の平に乗ってる。
    レナお母さんが心配して

    トムお父さんへ「ハイ」って
    私を預けたの

    いじめられなくて、ここがいい 
   
    生まれて50日目
 
    トムお父さんは、厳しいけれど 毎日
    庭で遊んでくれるの
 
    トムお父さんがミルク飲んでいる所へ
    あたしが行くと黙って飲ませてくれる

    誰にも貸さないぬいぐるみもあたしには
    貸してくれる

    すっかり元気になって、ひとりで庭へ
    出て遊べるの

    顔半分上がトムおとうさん似
    鼻はレナお母さん似

    いつかお母さんに会いに行くの

    あっ あたしの名前はナナ
    お母さんのレナの下の文字よ