希望の家とは?

希望の家の設立

 子供たちが暮らす「希望の家」は、タイ北部の都市・チェンマイの郊外にあります。
貧困と差別に苦しむ山岳民族やタイ国内のエイズ患者の支援を、長年に渡って行ってきた医療人類学者・大森絹子と、親友のプラセン&タッサニー夫妻の協力によって1997年に設立されました。そして、夫妻が現地で子供たちを育て、大森は日本に「希望の家を支える会」を立ち上げ、善意の支援金を募って現地に届けるという形でスタートしました。

設立当時の子供たちと大森絹子(中央)、今、子供たちはそれぞれの道を歩んでいます

 しかし、2001年、日本政府のODAで新しい建物ができ、子供たちが引っ越しをしているさなか、大森は残念ながら肺がんでこの世を去り(享年48歳)ました。その後、姉である上野敏子をはじめ、遺族が「希望の家を支える会」を引き継ぎ、プラセンがスタッフリーダーを務める現地NGO「タイ・ラフ・ファンデーション」と日本の「希望の家を支える会」が、力を合わせて運営しています。

「希望の家」のスタッフと「希望の家を支える会」の役員との運営会議

タイの地図