西澤建築設計事務所 2012年の出来事

                         [ホームに戻る]

  2007年以前   2009年  2010年  2011年


   
   
   
11月14日 東京ビッグサイトにて行われた展示会に知り合いのJFEフレームキットの代理店が出店するので招待状を頂き見学に行く

広いので目的のブースに着くまで時間がかかったが数多くの業者の展示を見学する。エクスナレッジ社の「建築知識」のブースもあったのでCAD関係の本を購入する。

10月12日 熱海にて高校のクラス会を行う女性9名男性8名の17人が参加する。高校卒業以来初めて会う人もいて40数年前を懐かしく思いだしました。

クラス全員で50名その殆どが1年から3年まで同じクラスです。普通科は全部で4クラスあり商業化が1クラスあった学校です。1〜3年全員で700数十名です。現在は学校全部で百数十名だそうです。

皆ジィさんバァさん(セーラー服が眩しかった人も)です。

昭和も遠くなりにけりです。

9月16日 庭の柿の木に毛虫が発生する。今まで毛虫が付いたことはなく原因不明です。

毛虫コロリなる薬剤を買ってきて散布するとしばらくしてボタボタと落ちてくる。何とも気持ち悪い。

8月9日 不況です。

隣の3階建ての小さな賃貸アパートでスーパーゼネコンのハウジング部門がリフォーム工事を行っています。大手も大変そうです。中小はもっと大変です。

そういえば、その昔オイルショック不況の時、当時所属していた設計事務所でRC造3階建てマンションを担当して設計が終了した後でスーパーゼネコンが丸ごとさらって行きました。景気の良いときには見向きもしない物件です。不況時には改修工事にまで大手が入ってきます。

最近はFAXによる営業が多く困ります。セミナー商法や講習会案内、建材の案内その他等大変迷惑しています。

7月30日 早いですね〜

後一日で7月も終わりもうすぐ忘年会ですね。最近は一年が一週間のような気がします。ということは一年間の記憶が7日程度しかないということかな。

先日国土交通省の建築指導課から葉書が来ました。内容は所属の建築士の免許証の原本を確認して事務所協会まで報告せよということです。つまり最近他人の建築士の免許証を偽造して建築士なり済まして設計業務等建築士でなければできない仕事をしていた者が摘発されたことによるものです。

当事務所は自分以外に建築士がいないので東京都建築士事務所協会に電話して聞き取り調査にて済ましたがそれにしても人騒がせで迷惑な事です。

7月12日 2011年の3月から1年間で設計事務所の数が8000減ったということです。

建築投資の低迷に伴う事務所の閉鎖や業務実態のない事務所の廃業などによるようです。又、今日の新聞によれば建築士の免許証を偽造して設計事務所を運営して建築確認申請や重要事項の説明等を行っていた者が3名摘発されたそうです。

こんなインチキ設計事務所はどんどん摘発して欲しいものです。改正基準法で管理建築士は通常の建築士の資格の他に管理建築士としての資格も取得しなければならないのです。

設計業に携わっている建築士は3年毎に講習を受けて考査を終了しなければ建物の設計はできないのです。このデフレ不況下設計事務所の運営も大変です。真面目にやっている者が損をするということはなくなって欲しいものです。

顔のデカイ鯲のオッサン増税(国民から金を巻き上げる)ことに命をかけないでデフレ克服に命をかけてよ。物造り業界が元気ならないと国は栄えないよ。税収が上がるところに財源をつかわないと

6月13日 先日、動脈硬化の測定を行いました。結果、左半身の血管年齢は20代後半で右側が40代でした。

血管に詰まりもないようで上々の結果でした。数年前に測定した時は年相応ということでしたので相当な若返りです。

かなり前にテレビの健康番組で寝る前にストレッチをやると血管が若返るということを放送していましたのでそれから3カ月以上毎晩行っていました。それ以外は以前と変わらない生活なので原因はストレッチ以外に考えられないのですがそれにしても想像以上の効果でビックリです。

頸動脈は2月にエコー検査をして狭窄がないという事でした。

5月6日 竜巻、すごかったですね。基礎や土台ごと吹き飛ばされては何とも出来ません。自然の猛威をまたまた思い知らされされました。かといって竜巻対策だけで要塞のようなRC造の住宅も造れませんでしょうし、木造住宅では地下室を造って注意情報が出たらそこへ逃げ込むのがより安全な方法なのでしょうが

被害に合われた方は誠にお気の毒です。お見舞い申し上げます。

この日は私は都内某所の建物内にいたのですが突然の強風と大粒の雨で入口の自動扉が開くということに遭遇しました。

5月5日

我が家の道路沿いの植込みです。道路に面しては門扉も塀も無く植込みだけです。

花が散った後刈り込みをおこないます。これも結構大変です。

4月28日 事務所入り口の側に在るボケの植込みは繁茂して雨の日には訪問者の衣服を濡らすようになったので刈り込みを行う。

しかし、この刈り込み作業始めると面白くなり手が止まらない、気がつくと丸坊主以上の無残なことに・・・・・

通りすがりの人が「あ〜あ、こんなに刈っちゃて」と呟いて行きました。面白い事の後は切った枝や葉っぱの回収作業が、

これが思いの他、足腰にきてつらい作業となる。

4月21日

毎年4月恒例の古武道振興会主催の「日本古武道大会」のため台東区リバーサイドスポーツセンターに朝から出かける。

途中墨田公園から隅田川越しに撮った「スカイツリー」です。

出番が終わりこれまた恒例の浅草「大黒屋」にて天丼食べながら一杯飲んで松屋で言問団子を買って帰るという楽しい一日でありました。

4月19日 東京都は首都直下地震による被害想定を発表しました。

最悪の場合使者一万人弱、建物の全壊・焼失30万棟、帰宅困難者500万人以上等です。震度も所によっては7〜6強が発生するようです。

しかし、日本列島が地震の巣の上に在るようなもので首都直下だけでなく東海、東南海、南海等の大地震が予想される中で日本中どこにいても影響を受けない場所はないようです。個人としては出来るだけの対策を講じて後は運頼みで生き残るだけです。最悪の事態にならないように祈るばかりです。

住宅の耐震診断を行いそれに沿った耐震補強を行えば地震にから生き残る確率あがります。でも結構費用が掛かります。

地震の被害を避けられてもその後起こる火災の被害はもっと大変です。日頃から災害の想定を行い被害時の行動計画を立てておくことが必要です。

4月9日  2012年度版「建築基準法規集」通称赤本です。厚さ6cm、単独で立ちます。

いくら素晴らしいデザインの建築でもこの本の内容に反していれば絵に描いた餅です。

中味全部覚えることは不可能です。建築士の試験には持ち込みが出来ます。

でも持ち運びは大変な苦労が必要です。私がこの業界に入ったころはこの1/3くらいの厚さだったように記憶しています。

4月5日
神田川沿いの桜です。もう少しで満開です。

お花見している人もいましたが少し寒そうです。

3月23日 建築士会の専攻建築士登録更新の認定の通知が届く。

今年から「統括設計専攻建築士」となる。私の場合専門分野は「戸建住宅」と「集合住宅」です。

しかしこの「専攻建築士制度」は世間の方々には殆ど知られてなく、営業上何のメリットもない状態です。

何のメリットも無いといえば40年以上修業中の「柳生新陰流」ですが全く生計の足しにはなりませんがこちらは「好きの道にて止められもせず」ということです。

3月5日 平常通りの仕事を行う。タミフルは今日と明日の朝まであるので処方された分は全部飲むことにする。インフルエンザに感染したのは記憶の中では生まれて初めての経験であるのでタミフルも初体験です。

最も子供のころはよく風邪をひいて熱を出していたがどれが風邪やらインフルエンザやらという時代でした。

鉄骨3階建ての件を構造事務所とFAXにて打ち合わせをする。構造上問題なさそうであるが変形狭小敷地なのでプランが決定迄は時間がかかりそうである。

3月4日 熱も下がっているので隔離部屋から脱出、久し振りに1階に下りる。事務所にてパソコンのチェックと溜まったメールの整理をして昼食後ふろに入る。
3月1日 重量鉄骨造3階建ての店舗併用住宅のプラン作成が概略できたので都内某区役所に事前調査に行く。

帰宅後風邪きみだったのだが、熱が上がってきたので、もしやと思い夕方閉院前の近所の医院に行く、検査の結果案の定A型インフルエンザであった。

すぐに別室に案内され一時隔離そこで説明を受けて会計を済ませ近所の薬局にタミフルと頓服薬を用意してもらいそれをもらって帰り自宅にて自主隔離。

タミフルを一回と頓服薬を6時間以上あけて2回飲むと明け方には熱は下がる。しかし、身体の節々が痛い、今週いっぱいは寝ていることにする。

2月13日 本日?回目の誕生日この歳になるとどうでもよい事です。昭和は遠くなりにけり。子供のころは明治は遠くなりにけりという事を良く聞いたものです。

午前中に都庁の第二庁舎にある運転免許更新センターにて運転免許の更新を行う。前回までは世田谷警察にて行っていたが、今回は建築士事務所の事業年度報告を東京建築士事務所協会に提出する傍ら近くの都庁にて行ったものです。

帰りにヨドバシカメラにてタムロンの90mm2.8マクロを買う。春になったら花でも撮ろうかと・・・・ホントはキャノンの100mm2.8Lマクロが欲しいのですが予算の関係で、泣く孫と予算には勝てない。

 

1月24日 ホームページ更新。近況の写真をUPしました。
1月8日 午前中に柳生会の稽古、10時から新年恒例の「三学円之太刀」の使い初めを行う。
1月7日 子供や孫達と中野の功運寺に墓参りに行く。
1月4日 夕方から東京柳生会の初稽古
1月3日 子供達一家が来て新年会
1月2日 弟達が来たので新年会、昔ほど呑めず、昔が異常なのですが、
1月1日 あけましておめでとうございます。

今年はどんな年になるのでしょう。正月早々地震があったりであまり良い予感がしませんね。

政治も経済も良い材料はないようだし、取り合えず政権交代は早くして欲しいものです。

初詣は氏神様の菅原神社と神田川の側ある熊野神社に行く。

 

HOME 経歴 設計実例 設計料等 住い造り  住い造り MAP リンク サイトマップ