建設費について

西澤設計事務所 経歴 実例 設計料等 住い造り コラム MAP リンク 目次  

西澤一級建築士事務所


本体価格:本体工事(構造体、内外装、住宅設備機器及び給排水、衛生、電気、ガスなどの設備工事私の場合はこれらに空調と照明器具も含みます)に掛かる費用を言います。

建設費については坪当たりの単価が良く言われますが、確かに比較する場合は便利な方法です。しかし気をつけなければならないのは比較しているものが全く同じ条件で建築されているかどうかです。坪単価はこの本体価格が基準となります。
 
 
例えば同じ坪数でも地盤が悪いと基礎にコストがかります。設備などを高価にしたり、高価な材料を多く使用するといづれも坪単価は上がります。
又同じ建築費でも延べ床面積が大きいと坪単価は下がります。住宅メーカーなどは照明器具などを別途工事としているので当然その分単価は下がります。
安い坪単価につられて注文したが別途工事が多く結局トータルでは高いものになったという話は良く聞きます。
ですから何が別途工事なのか契約前にしっかりと確認しましょう。(別途工事はメーカーや工務店によって様々です。)
 
 
 
 
サッシを断熱サッシや複合サッシにしたりガラスをLow-Eや真空ガラス又は防犯ガラスなどを使用すれば当然コストは上がります。
システムキッチンや衛生機器など住宅設備機器も普及品と高級品ではかなりの差があります。ですから高級な設備や特殊な技術を要することがあったりするとその分高額になります。
造り付けの収納や家具はコストUPの要因です。地盤が悪ければ地盤改良や杭に経費がかかります。
 

別途工事

カーテン、水道局負担金などの各種負担金、門や塀等の外構工事、セキュリティ設備、植栽等の造園工事
 

その他予想される経費

敷地測量(測量図があれば不要)、地盤調査、地鎮祭、上棟式、既存家屋解体工事(解体建物にアスベスト製品が含まれると高くなる)、仮住まい家賃、引越し代、近隣挨拶(手ぶらというわけにはいかない)
設計・監理料、建築確認申請料、表示・保存登記、各種保険料等、新規購入する家具代等
 
設計事務所は高額な物件しか設計しないと思われている方がいらっしゃるようですがそんなことはありません。最初に予算をハッキリと伝えて頂ければ全く無理な場合を除きその予算の中でできる限り良い物を設計しようと努力いたします。
坪当たりの単価を主にして設計を進めるのは私の本意ではないのです。設計事務所の設計する住宅は規格された商品住宅ではありません。条件は各物件ごと違いますので一概には述べることはできません。
住まわれる方の生活に合った住み心地の良い家造りをしたいと思います。
 
商品住宅に生活を合わせるか、生活に合った家造りをするかは自分の責任でお選びください。
 

 


ご諮問ご相談はこちらへ

西澤一級建築士事務所

TEL:03-3322-9200

 

HOME 経歴 実例 設計料等 住い造り コラム MAP リンク 目次