木造住宅の耐震性

当事務所では木造2階建てでも構造専門事務所による構造計算と構造設計を行い耐震等級2以上を目指します。

首都直下等の大地震も従来の予想より早く来るようなことも言われております。既存の住宅の耐震診断や耐震リフォームもご検討ください。

 

西澤設計事務所 経歴 実例 設計料等 住い造り コラム MAP リンク 目次  

木造住宅の耐震性

耐震の設計は予想される大地震によって倒壊しないという基準のもとに設計されます。

木造住宅の耐震性は筋違等を設置した耐震壁で決まります。

在来工法の場合は筋違と構造合板によって耐震壁を造ります。貫工法という貫(ぬき)を楔でとめて耐震性をだすものがあります

が現在では一般的でないのでここでは省略します。2x4工法は構造用合板による耐震壁です。

昭和50年代に木造の軸組み計算として耐震壁の設置量をX方向とY方向に分けて地震力と風圧力に対する検討をするようになり

56年の新耐震基準の施行により現在の方法が確立されました。

当初は確認申請時に計算書の添付が必要でしたがその後確認特例という建築士の資格を持った者が設計をした200u未満で

2階建ての木造住宅では建築基準法の単体規定は確認申請時に審査しないという法律ができてそれに該当する建物は計算書を

添付しなくても良いようになりました。

しかしこの計算は筋違の数量の検討だけで建物全体にバランスよく配置されているかは検討されずアンバランスに何処かに集中

して設置してあっても数量さえ必要量あれば計算上はOKなのです。

そこで平成12年に平面上建物の周辺部分の耐震壁を検討することになりました。これも殆どの役所で確認申請時に計算書の添付が義務つけられ

ていません。ですから確認申請が下りたといっても耐震や耐風圧力が検討されているかわかりません。

木造でも3階建ては構造計算が行なわれていますが2階建ての場合は設計図書だけでなくこの2通りの計算書をみせてもらいまし

ょう。費用はかかりますが2階建てでも3階建てと同様な計算を行なうという方法もあります。

 耐震壁を構成している柱には災害時に強い引き抜き力がかかり柱が浮き上がり土台はらはずれ落ちることがあります。

これを防止するため筋交いの取り付く柱の柱頭と柱脚部分にその引き抜き力に応じてホールダウン金物やV字やT字金物などで補強することが義

務つけられています。

又ホールダウン金物はアンカーボルト(ホールダウン金物専用のものではない)とセットで設置します。

ですから設計図書の中に伏せ図だけでなく金物伏図があることを確認しましょう。

筋違の両端も専用の金物を使用することになっています。

ホールダウン金物

筋違いプレート

アンカーボルト

外壁下地は構造用合板を張り

耐震性を高める

筋違いプレートと

V型プレート

火打ち梁(ボルトで締める)

 このようなことを確認するためにも設計事務所による工事監理は必要なのです。

また床下地に構造用合板を千鳥に敷き詰めその四周を15cm以下に釘止めをすると床の剛性が高くなり耐震性が増します。

この構造用合板を24mm程度の厚いものにすると根太が不要です。

 屋根は瓦などの重いものよりスレートや金属板のような軽いもののほうが有利です。

1階部分の南側などに連続した大きな開口部がある場合設計者に耐震にたいする考慮などを質問してください。

居間などの隅に柱が一本だけで開口部が直交している場合も同様です。

近い将来大地震は必ずくるようです。自然に対して絶対大丈夫などというものはありませんが今出来る範囲でより安全を考えなけ

ればなりません。派手なデザインのプレゼンばかりに目を奪われず安全性にも注目してください。

ハッキリ言えば窓などの開口部多いほど耐震性は弱いということです。

耐震設計の考慮されていない木造の建物は地震時に倒壊の確率が大です。そして倒壊に要する時間は10秒ほどです逃げるヒマはありません。

 当事務所では計算して得た必要量以上の充分な耐震壁や金物の設置を考慮した設計を行なっています。

 

 


ご質問・お問い合わせ等はこちらへ

西澤一級建築士事務所 

一級建築士 西澤浩二

所在地 東京都世田谷区松原2-33-14

TEL 03-3322-9200

HOME 経歴 実例 設計料等 住い造り コラム MAP リンク 目次  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルミガンで可愛くなる!