建築基準法によるシックハウス対策のための規制

西澤設計事務所 経歴 実例 設計料等 住い造り コラム MAP リンク 目次  

西澤一級建築士事務所


シックハウス対策のための規制導入建築基準法改正

規制の概要

規制に基いて行う設計の概要(2003・07・15)

シックハウス対策のために建築基準法が平成15年7月1日以降着工の建物に適用されます。

以下国土交通省住宅局の小冊子を参考にその概要をまとめてみます。

シックハウス症候群とは? 新築やロフォ−ムした住宅に入居後目がチカチカする、のどが痛い、めまい吐き気、頭痛等の症状がでること。
原因 全て解明されていないがその原因の一部は建材や家具などから発散する揮発性の有機化合物と考えられています。

有機化合物:ホルムアルデヒド・VOC(トルエン・キシレンその他)

規制対象の建築物 住宅・学校・オフィス・病院等全ての建築物の居室
規制の概要 1)ホルムアルデヒドに関する建材、換気設備の規制

     @内装仕上の制限:ホルムアルデヒドを発散する内装材の使用面積を制限したり使用禁止

                 にする。規制対象建材は木質建材(合板・フロ−リング・パ−ティクル

                 ボ−ド・MDFなど)、壁紙、ホルムアルデヒドを含む断熱材・接着剤・

                 塗料・仕上塗材等

     A換気設備設置の義務付け:機械換気(24時間換気システム)設備の設置義務付け。

     B天井裏等の制限:天井裏や床下などから居室へのホルムアルデヒドの流入を防ぐ措置。

          1.建材による措置:天井裏などに第一種、第二種のホルムアルデヒド発散建材を使用しない。

            (F☆☆☆以上とする。) 

        2.気密層、通気止による措置:気密層通気止を設けて天井裏などと居室とを区画する。

          3.換気設備による措置:天井裏などにも換気設備を設ける。         

2)クロルピリホスの使用禁止(白蟻駆除剤)

以上がシックハウス対策規制の概要ですが、今回の規制対象はホルムアルデヒドとクロルピリホスですが

シックハウスの原因は全て解明されておらずこの後原因の解明が進めばどんな規制が追加されるのか

今回の規制でも確認申請時や完了検査の時に内装材料使用のチェックリストや換気計算のリスト及び図面、使用内装材の写真等の提出が

義務つけられています。尚、化学物質過敏症にたいしては対応していません。

今回の規制は義務化されていますので自分はシックハウスにかからないからしないということは出来ません。

確認申請が必要な増改築についても規制されますが築5年以上の既存部分については内装材の規制は免除されます。

しかし換気設備は既存部分にも設置が必要です。

シックハウス対策生活上の注意点 @適切な換気をこころがける。

A科学物質の発生源となるものをなるべく減らす。

室内換気の注意点 ● 24時間換気システムのスイッチは切らずに常時運転する。

● 新築やリフォ−ム当初は化学物質の発散が多いので換気や通風を

  充分に行なう。

● 特に夏は科学物質の発散が増えるので室内が著しく高温多湿になる

   場合は(温度28度相対湿度50%超以上)窓を閉め切らないようにする。

● 窓を開けて換気する場合は複数のまどを開けて、汚染空気を排出し、

   新鮮な空気を入れるようにする。

● 換気設備はフィルタ−の清掃など定期的に維持管理をする。

建材以外の化学物質の発生源 新しい家具やじゅうたん、カ−テン・床などに塗るワックス・防虫剤・芳香剤・

消臭材洗剤・化粧品・香水・整髪料・開放型スト−ブ等が発生源になることも

あるようです。

タバコは室内で吸うことは避けたほうが良いでしょう。

今回規制対象になった

ホルムアルデヒド・クロルピリホス

以外の化学物質

アセトアルデヒド:接着剤や防腐剤に使用されている場合がある。

トルエン:施工用の接着剤や塗料に使用されている場合がある。

キシレン:施工用の接着剤や塗料に使用されている場合がある。

エチルベンゼン:施工用の接着剤や塗料に使用されている場合がある。

スチレン:ポリスチレン樹脂等を使用した断熱材等

パラジクロロベンゼン:衣類の防虫剤、トイレの芳香剤等

テトラデカン:灯油、塗料の溶剤

フェノブカルブ:白蟻駆除剤

ダイアジノン:殺虫剤

フタル酸ジ-n-ブチル:塗料、接着剤等の可塑剤

フタル酸ジ-2-エチルヘキシル:壁紙、床材等の可塑剤

以上にホルムアルデヒドとクロルピリホスを加えた13の化学物質に厚生労働省が濃度指針値

を定めています。

化学物質過敏症の場合は化学物質の容量の問題ではなくそこに反応する化学物質があるだけで

だめなので今回の規制では対応できないようです。

 


以下はシックハウス規制法基づいて

実際に行なった設計の中でのこの規制についての業務の内容です。

   
内装材などの制限  

10月頃から各建材メーカーの品物が殆どF☆☆☆☆の製品となりこれらを使用すれば使用面積

のチェックが不要になります。

天井裏・間仕切り壁

外壁などの措置

天井裏の措置は3通りあります。

   @機械換気設備を設ける。

   A床や天井に気密シ−トなどを使用して居室との間を気密にする。

   B全てF☆☆☆以上の性能の建材を使用する。

間仕切り壁

   @通気止を設置

   AF☆☆☆以上使用。

外壁

   内壁の内側に気密シ−トを貼る。

収納等

   全てF☆☆☆以上の性能の建材を使用する。

24時間換気設備 機械換気設備には3通りあります。

  @第一種:機械給気及び機械排気使用

  A第二種:機械給気及び自然排気口使用

  B第三種:機械排気及び自然給気口使用

以上の3種類のどれを使用しても良い。あるいはミックスして使用して住宅の場合は一時間に

対象部分の空気を0.5回換気するように設計する。

フ−ドや防火ダンパ−があると損失がでるのでそれを見込む。

フ−ドなどの損失はメ−カ−のカタログにのっているがダクト使用の場合は計算が必要。

メ−カ−のカタログやホ−ムペ−ジに設計例などが載っているがそのまま参考にすると

換気扇が多くなるので第一種と第三種などをミックスしたほうが良いと思います。

ただ、外壁部分には給気や排気のフ−ドやたらと付くことは覚悟してください。

この他対象部分のエリア決めなど面倒なことがありますが文章能力の都合で省きます。

 私個人的な心配点ですが、通気のル−トをうまく決めないと台所などの臭いが家中に回ることに

なりかねないかと思います。(どこにいても今夜おかずが判って良いのですが)

西澤一級建築士事務所

TEL:03-3322-9200

メールを送る

 

HOME 経歴 実例 設計料等 住い造り コラム MAP リンク 目次