園芸連のご紹介

事業の概要

高知県園芸連、私たちの取組

 太平洋の青海原に面し、緑の山々に囲まれた高知県。

 私たちは、個性豊かな風土を活かし、自然を大切にした野菜・果実と花きの栽培に取り組み、県内・外への安定供給に努めています。

 自然の営みと丹精の技を組み合わせた高知県の園芸農業は、農業生産額の約4分の3を占める大切な部門となり、基幹産業の一つにもなっています。

 高知県の園芸農業は、たゆみない生産者の努力と農協・地域のまとまり、更に多様な消費や市場のニーズ、信頼にお応えする生産者・農協・園芸連の県域の協同によって、生産流通や物流情報などの一体体制を築き、新しい取り組みを続けています。

高知県園芸連、事業の仕組み

 高知県園芸農業協同組合連合会(略称:高知県園芸連)は、高知県園芸組合連合会として、1922年(大正11年8月)に県下の生産者や関係者が、園芸農業の振興を目指に創立しました。

 その後の変遷を経て、1970年(昭和45年)には、会員農協による県域の専門連合会として改組し、野菜・果実・花きの販売流通及び営農支援、物流・情報等の事業を行っています。

 高知県園芸連は、生産者の経営安定と向上をもとに生鮮園芸品の消費地への安定供給を行い、役割を発揮するよう努めています。

生産農家
  • 野菜:露地 4,176戸・ 施設 4,334戸
  • 果樹: 1,743戸
  • 花き: 857戸

  (系統共販・延戸数 平成28年7月調査)
会員農協
  • JA土佐あき
  • JA馬路村
  • JA土佐香美
  • JA十市
  • JA南国市
  • JA長岡
  • JA土佐れいほく
  • JA高知市
  • JA高知春野
  • JA土佐市
  • 高陵青果農協
  • 土佐市花卉農協
  • JAコスモス
  • JA土佐くろしお
  • JA津野山
  • JA四万十
  • JA高知はた (17農協)
高知県園芸連
  • 役員:理事11名 / 監事:3名
  • 職員:79名

  (平成28年8月31日現在)