園芸連のご紹介

園芸流通センター施設のねらいと設備

集配送施設

集配送施設
ねらい
県内外を結ぶ県域の物流システムの拠点として、集配送の合理化や場内作業の機械化、鮮度を保持する場内の保冷・定温管理、多様なニーズへの県産品の組み合わせ・品揃えを行うなど、計画安定供給の役割を発揮しています。
設備内容
集荷取卸・仕分・積込発送用の機械、フォークリフト・パレット及びカゴ車。場内保冷施設及び受入・発送口のレベラー・シェルター、事務室及び作業員室、情報機器とシステム。

包装施設

包装施設
ねらい
顧客のニーズに適応した規格アイテム化による販路開拓と販売促進、生産出荷のピーク時や小規模時の農協・農家の補完・代行作業、また、新しい品目・品種の導入やブランド化をはかる試験販売への対応など、コスト削減をはかり、多様な流通に対応しています。
設備内容
受入計量器、袋・トレー等の包装、製函・梱包機、資材保管施設、事務室及び作業員室、情報機器とシステム。

保管調整施設

保管調整施設
ねらい
販売計画や取引方法、輸送方法に合わせた計画出荷の確保、収穫出荷のピーク時の農協・農家の低温管理の代行・支援など、品目ごとの品質・鮮度の保持に適した保管を行い、計画的な販売取引を強化しています。
設備内容
保冷定温庫(温度帯、3区分)

情報施設

情報施設
ねらい
農協・現場に設置した専用端末機とのネットワークをもとに、出荷分荷情報の交換や流通情報の提供、市場取引会社とのネットワーク、データの処理や提供、当センター内部ネットワークによる業務など、出荷販売や物流と一体的に機能するシステムとしています。
設備内容
サーバー・センター内部端末機及び農協(場)端末機。内部・外部ネットワークシステム・データ処理システム、電算空調設備。

管理施設

管理施設
ねらい
園芸流通センターのそれぞれの施設と機能を統括管理して、系統ブランド品の生産から消費までのマーケティング活動、出荷品の抽出検査による安全・安心への取り組みなど、系統共販の拠点としています。
設備内容
センター施設・機能の統括管理システム、品質検査機器。