園芸連のご紹介

(社)高知県農業開発機構 高知県農産物安全検査センター

安全・安心な供給システムを強化しました

高知県農産物安全検査センターが竣工・稼動
高知県JAグループでは、(社)高知県農業開発機構を事業主体として「高知県農産物安全検査センター」を設置し、平成16年4月から稼動をはじめました。
このセンターでは、系統ブランド品が安全・安心の信頼にお応えするため、県内の全農協において出荷前の青果物等の残留農薬検査を行います。

検査センター 安全検査センター
検査機器 安全検査センター内の検査機器

検査の方法

超臨界流体抽出装置や質量分析装置など最新の分析システムによって、青果物28品目など検体数は2,000件、また、分析する農薬成分は、約140種類を対象に検査を行ないます。
高知県園芸連では、新たな検査システムとリンクした出荷品の安全・安心対策を強化するとともに、これまで実施してきた出荷途中の品目の任意抽出検査も継続してダブルチェックを行うなど、予め園芸連と農協及び農協と農家で安全・安心を確認した青果物を出荷取扱しています。

園芸流通センター 園芸流通センター
検査室 園芸流通センター内の検査室

農家・農協・園芸連では、これからも確かな品質で環境に優しい野菜・果物・切り花を生産供給するよう、生産履歴の記帳推進や主要野菜のIPM(総合的病害虫管理)によるエコシステム栽培の普及に努め、ISO14001認証取得に基づく管理運営や高知県の環境農業ISOチェーン構想との連携などに取り組んでいます。
「高知県園芸連・農協ブランド」のご愛顧とご支援をよろしくお願い申し上げます。