小山公認会計士・税理士事務所

        

ホーム
事務所の概要
税務情報
会計経理・仕訳方法
所得税確定申告
必要経費一覧表
古来の篆刻
印を彫る
引っかかる話
索 引
アクセス
報酬の要約
我が師の恩
パンジー 2009年種蒔
パンジー 2008年種蒔
推薦書籍
ビオラ・パンジー
パンジー 専科
ペチュニア
花の写真1
私の造園
「私の休日」
日々の雑感
太平洋戦争リンク集
戦艦武蔵の最期
対馬丸の悲劇
阪田精男先生の思い出
ハードディスク換装
押し寿司など
餅・饅頭・団子
危機管理
会議の技法
生ゴミ減量
ムカデ・ムカデ油
催し物
外部リンク
更新の内容

 法人・個人の記帳・決算・申告・手続きいたします。 

  あなたは番目のアクセスです

  ペチュニア

私の我流の栽培法等です。試された結果についての責任は一切負えません

私の(庭作り)造園

ペチュニアのお勧めは「八重咲き」の 品種です。花が大きく見栄えが良く、花数が少ないので管理に手間がかかりません。種を蒔くなら八重咲きがお勧めです。

挿(さ)し芽の極意  
春まき 2004年4月3日播種 2004年4月14日発芽
2004年4月17日 2004年4月24日
2004年4月29日 2004年5月1日
2004年5月3日移植 2004年5月8日
2004年5月15日 2004年5月22日
2004年5月29日 2004年6月5日
2004年6月8日 2004年6月12日
2004年6月19日 2004年6月26日
2004年7月3日 2004年7月10日
2004年7月17日 2004年7月24日
切り戻し さし芽
切り戻しした後の株 株の根もとが不安定になったときは 04年8月1日

来年の春に今年より多く蒔こうと思っている花、それは百日草(ジニア・Zinnia)です。

夏の暑い季節にも花を咲かせ続けます。いろいろな品種と色があります。今から種の手配をしています。(今年咲かせた花)

(2004年10月6日)

 

今年(2003年)の異常気候で12月になった今も私の庭にはまだペチュニアが咲いています。

毎年、春に種を蒔き育てています。春の種まきから開花、切り戻し、さし芽の仕方などこれから充実させていきます。まずはさし芽について記載します。(2003年12月15日)

 

ペチュニアのさし芽の極意 (2003年12月15日)

ペチュニアはさし芽で増やすことが出来ます。

さし芽で増やすには次の事が肝要です。
1.さし芽に適したペチュニアの(葉がついた)枝が当然必要ですが、挿し芽にするまで種をまったく付けていない株の枝が適しています。
理由:種を付けた株は種に栄養がとられています。種を付けていない株の方が勢いがあり(活着)根を付けやすいようです。たとえば、駅前や公園に咲いている美しいペチュニアを見て、さし芽すれば我が家でも美しい花を見ることができるだろうと、その花の茎を手折り持ち帰ってさし芽にしてもなかなか活着しないものです。その理由は、手入れがなされていないからです。ペチュニアに限らず、花の手入れははながら取りが第一です。はながらをこまめに取ることによって種をつけさせないようにするのです。公園や駅前公園等に植えられているペチュニアは手入れが行き届いていないので、種をたくさん付けています。このような花の茎はさし芽には適しません。
2.鋭利な刃物で茎を斜めにカットします。


3.葉っぱを4〜5枚残しておきます。
4.さし芽の用土(挿し床)は清潔なバーミキュライトとピートモスの混合または、バーミキュライトだけをもちいます。
5.用土にさし芽をしたら水をたっぷり与え、そのまま1週間から10日間放置します。その間、葉がだらりと萎れても、霧吹きで水を吹きかけるぐらいにしておきます。
6.直射日光をさけ風の当たらないところに置きます。
挿し芽の時期は春から秋まで可能です。冬季は生育が止まるのでできません。

追記:盛夏中は根もとに光が当たらないようにしたコップなどを使い「水」に漬けておく方が効果的です。

さし芽の写真

 

根もとが不安定になったとき  2004年8月1日撮影

台風などの強い風に当たり根もとがぐらぐらしはじめたときなどの対策です。

強風のため根もとから片方に傾いてしましました。上の写真

太めのカラー鉄線をM字方にまげます。これを茎や花の下に差し込みます。

カラー鉄線が枕のようになり位置が補正されました。下の写真。

 

八重咲きのペチュニアの場合は花が重いためか根もとが不安定になりがちで、

茎が倒れることもあります。

こんな時もカラー鉄線などを使って茎を保持するようにします。下の写真。

 

 

 

 

切り戻し

が大きくなってきたときや花の姿が乱れたときに切り戻しを行います。

下の写真は 2004年4月24日現在の、昨年植えた(さし芽した)サフィニアです。

春になって新芽が大きくのび、花を咲かせ始めましたが、このままでは姿が悪いので切り戻しをします。

切り戻す位置から茎の下に必ず葉を何枚か残しておきます。

下の写真 切り戻した株

切った茎は水にしばらくつけておき、さし芽に使います。

さし芽の状態 4月24日    さし芽の極意

さし芽の状態 5月15日 下の写真 新しい花芽が出てきています。

もう少しこのままにしておき、植え替えます。

2004年5月22日 下の写真 さし芽の状態(ビニールポットなどに移植します)

鉢ごと水にしばらくつけておきます。

できるだけ根を傷めないように鉢から取り出します。

今回はすべての株が活着(発根)しました。

下の写真 5月29日撮影

2004年6月12日 撮影 下の写真 さし芽した株です。

2004年6月19日撮影 下の写真

2004年6月26日撮影 下の写真

2004年7月3日撮影 下の写真

2004年7月10日

 

切り戻ししたあとの株

2004年5月8日切り戻し後の株(下)

切り戻し後の株、5月15日現在 つぎつぎ花芽が出てきています。

上の写真の株です。切り戻し後、大きな植木鉢に植え替え、再度切り戻しました。

下の写真 2004年6月26日 撮影

下の写真 2004年7月3日撮影

下の写真 2004年7月24日 上の写真からもう一度切り戻しをしています。

下の写真 2004年8月1日撮影


種まき(春まき) 2004年4月3日播種

ピートモスとバーミュキュライト半々の用土を作り、浅鉢に播種しました。

用土を再利用して使う場合は、電子レンジで加熱殺菌しておきます。

覆土はしません。発芽するまで乾かさないようにします。

 

2004年4月14日発芽

 

 4月15日撮影

2004年4月17日 下の写真

2004年4月24日 下の写真

2004年4月29日 下の写真

2004年5月1日 下の写真

2004年5月3日 下の写真 (移植)

移植は、浅鉢ごと水に漬けしばらく放置してから行います。

詳しくはここを参照してください。(ビオラの移植です)

2004年5月8日 撮影 下の写真

2004年5月15日 撮影 下の写真

2004年5月22日 撮影 下の写真

 

2004年5月29日 撮影 下の写真 移植します。

  

2004年6月5日 撮影 下の写真

 花芽を付けている株もあります。

2004年6月8日 撮影 下の写真

2004年6月12日 撮影 下の写真

2004年6月19日 撮影 下の写真

2004年6月26日 撮影 下の写真

2004年7月3日 撮影 下の写真

2004年7月10日 撮影 下の写真

2004年7月17日 下の写真

2004年7月24日 下の写真

 

索引のページへ

 

 対馬丸語り継ぐ悲劇

ビオラ・パンジー専科

のリンク集 

ビオラ・パンジー育て方(Q&A)の質疑

   

          ホームページ開設日 1999年9月19日            

あなたは番目のアクセスです

Copyright (C) 1999 小山公認会計士事務所

最終更新日 : 2015/06/17    運営管理責任者:小山 登

       バナー