貧困なる精神 X集

大江健三郎の人生

毎日新聞社 1995年発行 ISBN 4-620-31056-5 定価 971円(税別)

貧困なる精神シリーズのなかでも異色の本書。『週刊金曜日』誌上で展開された大江健三郎批判に関する論争(1994年〜1995年)を中心とした構成となっており、貧困なる精神シリーズとしては例外的に、一巻まるごとそれに費やされている。本多の大江批判に対する、読者の様々な意見が掲載されていて興味深い。
尚、『週刊金曜日』以前に『朝日ジャーナル』誌上などで展開された本多と大江 のやりとりおよび大江批判に関する本としては、本多勝一集「愛国者と売国者」(朝日新聞社)、「文筆生活の方法」(晩聲社)などがある。


< 収録内容 >

第一部 大江健三郎の人生

第二部 「本多勝一 <大江健三郎の人生>」を私はこう考える

第三部 「<大江健三郎の人生>を私はこう考える」について考える

第四部 なぜ大江健三郎を問題にするのか

第五部 付録

あとがき


貧困なる精神シリーズへ戻る