黒川順夫の心療内科  

摂食障害 (拒食症)
 [ケース1]
 28才女性はグラフィックデザイナー。仕事柄、毎日の生活が不 規則で、食事の取り方も、3度の食事をとることはまれで、普通は1日に2度、忙しいと きは1日に1度、それも喫茶店から取り寄せたコーヒーとサンドイッチですませてしまう。
 そんな日々を送りながら彼女はダイエットを意識し始める。体重は43kgでそれほど肥 えてはいないのに「やせないといけない」「やせよう」と強く思いだし、やせることに取 り組み始めたのである。2度の食事が1度になり、その1度の食事がコーヒー1杯、野菜 ジュース1杯となった。これはもう食事とは言えず、水分を補給しているだけである。
 彼女は日に日にやせていき、体重は37kgになり、35kgになり、とうとう30kgを割 り込んでしまった。29kgになった彼女の身体に異変が目立ち始めた。
生理がなくなり虫歯が増え脱毛が激しくなった。虫歯や脱毛は、歯や毛髪に栄養分がいかない栄養失調 のためである。
 本人は「普通に食事をとっているんですが、どんどんやせていくんです」と言ってケロ っとしているが、彼女は29kgになって仕事ができなくなり、それどころか自分を支えら れなくなった。見るに見かねた親が、嫌がる本人を説き伏せてある内科に入院させたのだ が、一向に良くなる気配もなく、そこを退院して心療内科の私のところへやってきたので ある。
 私は、
身体的な検査をさまざまに行うと同時に、心理テストを実施した。その結果、彼女が強いうつ状態にあることが分かった。意識の底に何か大きな不満を抱いているようだった。
 私は彼女に職場と家庭での状態について聞いてみた。
彼女がなぜ拒食症に陥ったか、原因を把握することが大切だからである。
 職場での彼女は、仕事柄まず不規則な生活、それに男性と対等な仕事を任され、「がんばり屋の性格」で、バリバリ仕事をこなしていた。一方、家庭では彼女は妹と仲が悪く、ケンカばかりしていたという。ケンカをすると母親が介入して きてうるさく言う。また、彼女がやせてくると、妹と母親は「食べないと行けない」と口うるさく、夜も寝られないほどだった。
 私は母親に、「姉妹のけんかの中へ入ってはいけません。二人の問題に、親がヤイヤイ言うのはよくありません」と忠告した。

 私の長年の診察・研究から、摂食障害は親子関係に大きな原因があることが分かってきている。特に親の過干渉、いわゆる”かまいすぎ”がよくない。過干渉は、親が子に愛情を注いでいるかのようにに見えるが、子供にとってはうっとうしく感じられ、どこかでそれを避けてしまい、その結果、愛情不足の原因になってしまうのである。
 愛情不足が続くとストレスとなって人の様々な行動に影響を与えてくる。それが食行動に出てきたのが拒食症であり、過食症なのである。
 彼女は28歳だが、摂食障害は思春期に陥りやすい。中・高校生の感受性豊かな時期に、親からどれほどの、あるいはどんな形の愛情が注がれたかによって精神形成がなさ れ、様々な行動に向かわせる。
 彼女の場合、思春期から28歳の今まで親の過干渉が続き、妹と能力や容姿などについて比べられることも多かったに違いない。「あなたはお姉さんでしょ。妹に譲ってあ げなさい」式のやり方に、M子さんの愛情不足によるストレスが蓄積されたとしてもおか しくない。
 彼女のお母さんは私の指導通り、それまでの娘に対する”かまいすぎ”、過干渉を改め、やいやい言わなくなった。私の方は、彼女に対し、前述した「黒川体重設定療法」(KTWT)で治療にあたることにした。
 ダイエットがきっかけで43kgの体重が29kgまで落ち込み、一進一退の状態で私のとこ ろへやって来た彼女に設定した入院体重は32kgだった。彼女も納得して取り組み始 め、2週間後、体重は32.5kgになった。今度は入院体重を33kgに設定したところ、彼女は35kg。次に34kgに設定したが、それもクリアー、39kgになった。その後42kg、46kgと回復、治療に通う必要がなくなり、職場に復帰した。
 彼女の拒食症が完治したのは、KTWTと家族の彼女に対する接し方が変わったことで、彼女の心の中に精神的充足感が生まれ、愛情不足によるストレスが消えていったためと思われます。

次へ 戻る  カルテリストへ  ホームへ topへ