黒川順夫の心療内科  

うつ状態の症状と原因・治療法

  うつ状態の身体的症状は、寝付きが悪い、寝起きが悪い、早朝に目が覚めるといった睡眠障害をはじめ、胃の不快感、腹痛、吐き気、便秘、下痢などの消化器系の症状、胸部の圧迫感、呼吸困難といった呼吸器系の症状、動悸(き)、頻(ひん)脈、狭心症様発作などの循環器系の症状、頻尿・残尿感などの泌尿器系といった具合に、身体のさまざまな部分に現れてくる。
 このほか、口が渇く、発汗、寝汗、めまい、立ちくらみ、頭痛、頭重感、筋肉痛、筋肉の凝り、性欲減退などもあげることができる。これまでに見てきた症例では、仕事や家庭でのストレスが原因となってうつ状態に陥り、このような身体面の症状を引き起こしている。症状はひとつの場合もあるし、複合する場合もある。

 それでは、うつ状態の精神症状にはどのようなものがあるか、さらに詳しくみてみよう。うつ状態という病気は、ひと言で言えば気分が落ち込み、沈む病気だが、精神面での現れ方も実に様々である。
 まず、「抑うつ状態」があげられる。心がふさがり、晴れ晴れとしない。そして「意欲の減退」である。次いで「根気がない」「物事に集中できない」といった症状がみられる。
 不安感が募り、焦燥感があり、自責の念が強くなる。思いがめぐらず、判断力が低下する。社会的関心が低くなり、人づきあいなどの対人関係をさけようとする。あまりしゃべらなくなり、ひどい場合はこの世がいやになり、死んでしまいたいと思うようになる。

 うつ状態になぜ陥るのか、うつ病の原因は何か。明確な答えは難しいが、ストレスが大きな理由のひとつであることは確かである。職場や仕事が苦痛だったり、家庭で夫婦の問題や子供の悩み、あるいは嫁姑の不仲などがストレスをよりいっそう募らせていることもある。
 また、うつ状態に陥る理由の一つに、脳内モノアミン(ノルアドレナリン、セロトニン、ドパミン)が量的に減少するからだという学説がある。ストレスなどにより、脳内のモノアミンが放出され、その量が少なくなるというのである。うつ状態の治療に投与される抗うつ薬は、不足した脳内モノアミンの量を増加する働きをするので、気分も晴れ、不眠などの身体的な症状もなくなるのである。

 うつ状態の治療は、この抗うつ薬を投与、いわゆる薬物療法とカウンセリングなどの心理療法の二つがある。この二つの治療法をいくら施しても効果のない患者もいるが、心療内科ではおおむねこの両面で治療に当たる。
 うつ状態の患者は、何もする気がせず、滅入っているので周囲の人は励ますことが大切だと思い、勇気づける言葉をかけがちだが、それがかえって患者を追い込む結果になる。なるべくそっとしておいた方がよい。といっていつまでも寝てばかり、という生活態度もよくない。日常生活に必要なこと(例えば歯磨き、洗顔など)を本人のペースで徐々にさせるようにし、それができるようになれば、近くの目的地(駅など)に向かって歩かせるようにすることも必要である。
 仕事をもっている患者は、仕事上のストレスが原因であるため、その仕事やポストを離れるほうがよいと思いがちだが、必ずしもそうではない。仕事をやめて暇になったが、今度はその暇がストレスの原因になったというケースも多い。
 治療は、仕事を持ったまま通院するのが望ましい。休職したとしてもある程度快復してくれば、ペースを落としてでも徐々に出勤するようにすべきである。定年退職したり、仕事を辞めた人に私は再び職をもつよう指導している。
 このような点を配慮しながら心理療法を施す必要がある。なお、ストレスを発散させる趣味などの楽しみを持つことも大切なことと言わなければならない。

次へ  戻る  カルテリストへ   ホームへ   topへ