ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

ウールの不思議な特徴

 保温性に優れている (なぜヒヤッとしないのか)

羊毛が暖かいのは、羊毛繊維の縮れ(クリンプ)がたくさん空気を含むからです。
羊毛繊維は一定の方向へまっすぐ伸びるのではなく、反り返りながら伸びるため全体がちりちり
縮れるのです。この縮れのおかげで羊毛はなんと約60%もの空気を含んでいます。
空気には熱を伝えない(熱伝導率が低い)性質があります。熱伝道率の高い麻とは逆で、一度
温まったらなかなか体温を逃がしません。触ったらすぐに体温で温まり、温まった熱をお逃がし
にくいのでヒヤッとせず、あたたかいのです。
 吸湿・放湿性に優れている (ジメジメしない ムレない)

羊毛は、吸湿性・放湿性ともに優れています。発汗による湿気を吸収し、その水分はすぐに
発散されます。羊毛の吸湿力は綿の約2倍、ポリエステルの約40倍ともいわれ、繊維の中でも
ずば抜けています。この優れた吸・放湿力により、羊毛製品はジメジメせず、ムレずにサラリと
快適です。
 汗冷えしない

羊毛は汗や湿気を吸った後にそのまま濡れているのではなく、吸着熱を発生させます。
よく言われているのは冬山で遭難した時、綿の肌着は濡れてしまい体を冷やしてしまいますが
羊毛の肌着は熱が発生するので汗冷えしません。汗をかいてもきちんと汗を発散させ、体温を
奪わずに調節してくれ羊毛は快適です。
 燃えにくい

羊毛は人間の毛と同じタンパク質でできています。燃やしても炎を出して燃えず、焼けた部分が
黒色の玉になりチリチリこげる臭いがsっひますが、自然に鎮火します。このため寝具や子供服に
最適で、建築資材としても見直されてきています。
 汚れにくい

羊毛繊維の表面は人間の毛と同じエピキューティクルという薄い膜で覆われています。
その膜は撥水性が高いので雨や水滴などは表面で弾きます。さらに羊毛繊維は水分を含んで
いるので静電気を起こしにくいといわれ、汚れやホコリが付きにくく、ポリエステルやナイロンは
静電気を起こすのでチリやホコリを寄せつけやすいですが、羊毛はこの心配がいりません。
 弾力性に富む

羊毛の縮れは衝撃を和らげ圧力を分散させる特性があります。(腰痛・床ずれ防止に役立つ)
又引き伸ばしたり、曲げたりした後に元に戻る性質に優れており、形が崩れにくく、回復力が
強く、弾力性が高く、耐久性に富みます。
 抗菌・消臭繊維

人間や動物の皮膚は元々外からのウイルスや菌から守る為にあります。羊毛は羊の皮膚が変形したもので菌が侵入してくるとそれを無害にする免疫機能を持っており、自然の抗菌繊維と呼ばれています。羊毛は悪臭などを吸収し、分解させる性質も持っており空気をクリーンにする消臭機能に優れています。以前話題になった新築の家や家具などから発散される有害化学物質ホルムアルデヒドなどを吸収し、無害にします。(ニュージーランド羊毛研究所調べ)この機能を利用し今では建築用断熱材としても使用されています。




もどる

フッターイメージ