ガラス胎七宝
 

ガラス胎七宝とは銀線、あるいは金線と特殊なガラス用の釉薬を使って、ガラスの上に絵を描く技法の事をいいます。

フュー ジング 展示室では、フラグメント・ガラスの『女の子』のペンダントやピエロの『顔』をお見せしました。あれは偶然にできたガラスのかけらを選んで、それらしい形 に見えるように並べて焼いたものです。色とりどりのガラスのかけらを見ていると、三角のガラスが帽子にみえたり、スカートに見えたりしてデザインが出来上 がっていきます。

一方、ガラス胎七宝では銀線や金線で輪郭を描き、釉薬を載せて色を付けることによって、自分の好きな形や絵を描くことができます。
とは言っても初めは銀線の扱いが難しく、なんでもない丸い形を作るのでさえ一苦労です。銀線が邪魔してガラスが割れてしまったり、銀線と釉薬が合わなくて色が曇ってしまったり・・・。なかなか思う通りには行きません。

そんな苦労の後で、色鮮やかなガラスが焼き上がった時の喜びはひとしおです。

ガラスの上に銀線を立てます。→銀線を釉薬で埋めます。→よくj乾かしてから焼きます。


の形を銀線で作って釉薬で埋めました。五線のデカルケも貼って、かわいい8cm角のプレートが出来上がるはずだったのですが、残念ながらこの通り。

銀線のところで割れています。でもこれはこれでひとつのオブジェ?

ガラス胎七宝・Gallery