2001年の日記  2002年の日記  2003年の日記  2004年の日記  2006年の日記

ひっそり・こっそり・ゆっくり・Diary
2005年

Oct.某日.2005 フォーラムあざみ野オープニングイベント

今回のイベントはとんぼ玉仲間の友人に誘ってもらい参加しました。

今回は初めての試みで、とんぼ玉の体験教室をしました。
何しろ私達も初めての事でどんな風になるかしらと思っていると、開場と同時に『とんぼ玉を焼いてみたい』という希望者が現れ!!!きづいたら、閉場の4時になっていました。なんとその間飲まず食わず、トイレに立つ暇もなかったのです。

2日目は1日目の反省のもとに頼りになる助っ人を2人お願いして、総勢4人になったのですが、・・・またもや飲まず食わずの一日になってしまったのでした。

おかげさまで沢山の方とお会いして、お話できました。
トロトロのガラスを巻きながら『楽しいぃ〜♪』と言っていただいてこちらも嬉しい気持ちになりました。あっと言う間の2日間でした。

Oct.某日.2005 アート縁日

結局アート縁日は一日目のみの開催でした。
この季節ってこんなに雨が多かったっけ??
去年は天候不順な年で山ほど台風が来てその中のひとつがアート縁日を直撃、やっぱり一日しか開催できなかったと記憶しています。でもその前はずっとお天気だったような・・。
漏れ聞いた話では来年は各ブースにテントを設置するとか。ただポートサイドはとっても風が強いので、ちゃちなテントだったらよけい面倒かも。今年も風が強くガラスのプレートを立てられなかったし。むづかしいところです。

Sept.某日.2005 鵜飼い

法事があって名古屋経由で岐阜へ行ってきました。

法事の前日に名古屋に入り、お昼にひつまぶしのお店を、3軒トライしたのですがどこも2時間待ちとか言われ、あきらめて味噌カツを食べて来ました。実は私は味噌カツ初体験。どういうものかも良く知らなかったのですが、要はとんかつでソースが甘い味噌味ってことだったのですね。行ったお店はネット検索で上の方に出てくるお店なだけに(?)、ランチとしてはなかなか良いお値段でした。お味は良かったです。値段程かというとちょっと・・・だけどご馳走してもらったので、まっいいか、ということで。

そして夜は長良川の温泉に浸かり、鵜飼いを見てきました。
鵜飼いというものも初めてでしたが、解説もいろいろ工夫してわかりやすく、観光客用のショーとしてよく考えてあり楽しめました。

鵜飼いは鵜を使い魚を捕る漁法ですが、長良川では1300年も前から行われていたそうです。鵜匠は世襲制で現在は6人しかいないとか。そんな中で次期・7人目の鵜匠になる6歳だか7歳の男の子がお父さんと一緒に舟に乗っていたのが人気でした。鵜匠たちは10から12羽の鵜を操っている訳ですが、この坊やは一本だけ綱を持っているんです。観光客から声がかかるとちゃんと手を振って応える姿がかわいいの。

また、せっかく捕った魚を取り上げられて、それでもまた再び潜って行く鵜も健気でした。でも鵜匠の話では、首のひもを調節してあって、小さなお魚は飲み込めるようになっているのだそうです。だから取り上げられちゃうのは大きな魚だけだとか。また、鵜は野生の鵜よりも飼われている鵜の寿命は倍近いそうです。厳しい自然の中でそれでも自由に生きるのと、人間に世話をされて長生きするのと、どちらか幸せなのでしょう。

Sept.某日.2005 五十指?

指の関節が痛いんです。特に右手。そして中指・第二関節。
何年か前に所謂四十肩、五十肩と言われる痛みを経験しましたが、ちょうどそんな感じ。四六時中ジンジンと痛む訳ではなく、使うと、あいたたた、となるのです。
四十肩の時は半年かもう少し長かったでしょうか、そろそろと動かして付き合っていくうちにいつの間にか痛みがどこかへ行ってしまいました。
この手指の痛みはたぶん5月の連休後くらいからなので、そろそろ4ヶ月。少し良くなったかなと思うとまた戻ってという状態です。

『五十指?』に襲われて、右手の中指ってすごく力持ちの指だったことに気付きました。ボトルキャップが開けられない。布団の上げ下ろしで布団をつかめない。食器を洗う時に力がはいらない。等々、何をするにもとっても不便。
ガラスって結構力仕事なんです。大きな板ガラスを切るのも一気にえいっとガラス切りを引かないときれいに切れないし、ざくざくで角を落とすのも力仕事。アクセサリーの仕立て、これがまた指の力が必要。アート縁日に向けてなかなか指を休める暇もなく、しばらくこの痛みと付き合っていくしかなさそうです。

Aug.某日.2005 

子供の頃のお隣の家のおばさんが亡くなりました。我が家と家族構成が同じで年代も近かったためか、とてもとても仲良くしていました。小学生の頃、家に帰って母が居ないと、迷わずお隣へ。「お腹すいたぁ〜」と上がり込んだものでした。2番目のお母さんでした。賀状のやりとりはしていたものの、最後に会ったのはいつだったでしょう・・。

お葬式に参列するために実家へ戻り母を車に乗せて斎場へ向かいました。カーナビをセットしたものの、知り尽くした道筋なのでナビを無視して裏道を走っていました。
斎場まで後数キロの所で新しく広い道を発見。ナビがそっちへ行けと指示しているので、違うなぁ〜と思いながらも、ふっと右折。助手席の母が驚いて
「えっ?曲がるの?もうすぐなのに?」
「うん、まだ時間もあるしナビが行けって言ってるから行ってみようかなと。」
JRの大きな陸橋を渡るとなんとそこは昔弟が通った幼稚園の前。そして次になつかしい小学校。町の様子はすっかり変わっていましたが、亡くなったおばさん家族とお隣同士暮らしていた団地への通りでした。団地入り口の前を過ぎるとまたナビが左折指示。昔はなかった陸橋で再びJRの線路を渡って、無事斎場へ到着しました。
私が走っていたのはJR線路の西側。斎場も西側。わざわざ線路を渡って東側へ行ってまた戻ってくるという道を何故ナビが指示したのか不思議です。

50年以上生きているとたくさんの人に出会います。毎日の生活に追われてなかなか旧交を温める機会がないままある日突然の訃報。駆けつけて、そこで再会するなつかしい顔々。誰か死なないと集まれないのは良くない!場所を変えてまた会おうね、といつも話すのに・・・また同じ繰り返しです。

July.某日.2005 ハムスター大脱走

ある朝ふとハム小屋を見るとセンちゃんのお気に入りの場所にテンちゃんが。センちゃんはどこ?・・・居ない?・・・・??・・・・きゃ〜〜

センちゃんが居ない!!

という訳で娘・息子を叩き起こして大捜索。絶対リビングのどこか角っこに潜り込んでいるはずなのにみつからない。お腹が空けば出てくるだろうと待つことに。2時間待っても出てこない。もしやどこか狭い所にはまって動けなくなっているのではと、再び捜索開始。家具の後ろに長い物差しを入れて音を立ててみる。と、コソっとあやしい音が。居ました。ステレオラックのアンプの後ろ。

お出でと言っても出てくるはずもなく、アンプを動かして捕獲。ラックの隅には持っていったお弁当が並べてありました。

この後しばらくお外に出たいとカリカリ格子を噛んでいましたが、やがて疲れ果ててぐっすり眠ったのでした。

July.某日.2005 ハムスター・ムービング・ボール

ハムスターの運動用?にプラスチックのボールがペット用品として売っています。正式名称は”ハムスターのランニングボール”ですが、我が家ではハムスター・ムービング・ボールと呼んでいます。

初めてボールに入った時はまっすぐ動かす事もままならずあちこちぶつかっていたのですが、いつの間にかボールの動きをコントロールできるようになりました。凄いのは人間の足に寄って来ること。そして足にでも壁にでもぶつかるちょっと手前でボールを止められるようになったことです。ハムスターは髭で障害物を感じているのかと思っていたけれど、他の方法でも物を感知できるみたいです。

July.某日.2005 ハムスター3

日に日に丸くなる我が家のハムスター達。とうとう大きさでは見分けがつかなくなってしまいました。何がなんでも見分ける必要があるかというと、まあ、ないんですけれどもね。
寝起きが良くてつぶらな瞳で起き出して来るのが、テンちゃん。


むちゃむちゃ不細工な顔で起き出し、2・3歩進んでまた寝てしまうのがセンちゃん。

2匹とも人間=えさと思っているので、人の気配を感じると手のあるところへ集まってきます。

July.某日.2005 ハムスター2

ハムスターの名前は
ちょっと小柄で毛並みが少し茶色っぽい方が点。大きくてグレーっぽいのが線。と名付けたのですが、今ではちょっと見ただけでは区別がつかなくなってしまいました。でもこんなに小さくて脳みそあるのかなって感じの2匹でもちゃんと個性があります。
お散歩途中にひまわりの種を見つけて皮をむいてから頬袋に入れるのが点。丸のまま入れるのが線。
お部屋の隅っこで用を足すのが点。トイレでするのが線。
お散歩が好きなのが点。お散歩途中でも寝場所をみつけて寝るのが線。
けんかをふっかけるのが点。とりあわないのが線。
とちょっと考えてもこんなに違いがあります。
そして2匹の共通点は、どんくさい無防備。野生に暮らしていたら、一日に100回くらい蛇に食べられていることでしょう。

お昼寝中

July.某日.2005 ハムスター1

何年かぶりでハムスターを飼っています。サファイアブルー・ジャンガリアンの男の子、2匹。同じケージに入っています。
本来ハムスターは一匹づつひとつのケージで飼わないとけんかしてしまいます。でもたまに小競り合いしながらも一緒に暮らせるハムスターも居るのです。ハムスターは愛くるしい動作が人気のペットですが、2匹一緒だとそのかわいさは100倍!?。ハムスターの飼い方としては、一ケージ2匹のオス・ジャンガリアンはお薦めです。

仲良くお食事中

July.某日.2005 G30

ゴミを捨てなくていい日が日曜日だけになってしまいました(><)
この4月から横浜市ではゴミの分別方法が変わりました。
今まで月水金の家庭ゴミ、土曜日のビン缶ゴミという分け方だったのが、包装容器ゴミというカテゴリーが新しく加わりました。商品の包装に使われたプラスティックをリサイクルするのです。それはまことに結構なことなのですが、例えば同じプラスティックでもコンビニ弁当の弁当容器は、包装容器ゴミ、でもそれに付いていたスプーン、フォークは家庭ゴミ。何故かと言うと、包装容器のリサイクル費用は企業負担で、スプーンやフォークの為の費用は持たないということなのです。なんか変。
と言う訳でプラスティック容器ゴミの日が一日増えて、今までの月水金土に加えて火曜日も朝8時までにゴミを捨てないといけないのです。これは週に一回ですから忘れると大変。
そして、木曜日。今月から今まで土曜日だった新聞、段ボールの資源ゴミが第2・4木曜日変更。木曜日と日曜日の朝はゆっくりお茶が飲める日だったのに・・・。

July.某日.2005 クーラーが壊れた!

リビングのクーラーが動かない。(大泣き)
目の下は駅のホーム、その向こうは国道という環境なので、暮らしの基本は『窓は閉める』なのです。特に夜は窓が開いているとTVの音も聞こえません。夜中の貨物列車、トラック便は寝ている頭の真横を通る感じです。

修理の依頼の電話をしました。混んでいて修理屋さんが来てくれるまで5日、なんとか堪え忍ばなければなりません。そして、修理窓口のお姉さんに2つの事を教えて貰いました。

その1
リモコンが正常に作動しているかを調べる方法。
デジカメ、あるいは携帯電話などでリモコンの頭の所にある小さな豆電球の様なものを写してみるのです。リモコンのボタンを押した時に光ればリモコンは正常に作動しているとのこと。確かに肉眼でみてもわからないのですが、カメラを通して見るとピカッと光るのがわかります。これはクーラーだけでなく他のリモコンにも当てはまるそです。

その2、
クーラー本体には緊急作動ボタンあって、リモコンで操作出来ない時はこのボタンでスイッチを入れたり、消したりすることができるのだそうです。
このボタンでなんとかクーラーは動き出しました。でも温度とか省エネとか除湿とか細かい操作はできないので、クーラーさまの心のままに動くだけです。とにかく、がんがん冷やしてくれます。なので、体感で踏み台に乗って緊急ボタンをonにしたりoffにしたり調節しています。それでも冷房でよかった、暖房運転だったら我が家は壊滅していたかもしれません。

July.某日.2005 紅茶続き

そういえばフォトナムメイソンに直接紅茶を注文していた時のことです。
当時紅茶仲間の希望を募って数をまとめて注文していました。みんな好みがあるので、アールグレイ○個、ダージリン△個というように。
そして待望の国際便到着。しかぁし、箱を開けてみると12個注文したはずのロイヤルブレンドが2個しか入っていませんでした。請求書にも2個分の値段しかありませんでした。
これ、国内の話だったら大した問題ではないのですが、何しろ相手はイギリス。再送には送料も保険料も、もしかしたら関税(掛かる時と掛からない時がありました)も掛かるのです。

『紅茶は12個必要だし、友達もみんな待ってるし、エクストラの送料も払うのやだし、どうしてくれる?』

とファックスを送りました。

すると1週間後、なんの前触れもなくど〜んと ロイヤルブレンド12個 到着!
請求書は入っていませんでした。
と言う訳で、フォトナムメイソンから12個紅茶をプレゾントして貰ったことがあります。間違ってごめんなさいとか、再送しますとか、一言の挨拶もありませんでしたけど、全然余裕で許したのでした。(^^)

後で長年イギリスの会社に勤めた叔母にこの話しをしたところ、そんなのは全然驚くに当たらないということでした。イギリスの仕事は結構いいかげんで、靴を注文したら右足が2つ届くなんていうのは日常茶飯事だとか。10年近く前の話ですけど、今でもそうかしら?

June.某日.2005 紅茶

我が家の朝は紅茶で始まります。結婚以来二十数年続いていたわけですが、最近時々コーヒーになったりします。というのは、紅茶が手に入らない!!のです。我が家の御用達はフォトナムメイソンのロイヤルブレンド。そんなに高価でなくて美味しいのです。
たぶん、2年前の秋くらいからでしょうか、ロイヤルブレンドがお店から消えて行きました。それでもオレンジペコが手に入ったので、なんとかしのいでいました。ところがこの春からはオレンジペコはおろか、フォトナムメイソンの缶を一切見かけなくなってしまったのです。

紅茶仲間の皆さん、わたくし原因を突きとめました!って輸入食品屋さんで聞いて来ただけですけれど。(^^)

三越がフォトナムメイソンの輸入権を全部手に入れたのだそうです。それで在庫のなくなった輸入食品屋さんはどうしようもないのだそうです。定かではないけれど、三越の本店には品物が並んでいるとかいないとか・・・。でももともとデパートでは輸入食品屋さんの倍の値段なので買った事がないのです。さて、ロイヤルブレンドを飲むためにはまた個人輸入をしなくてはならないのか・・どうしたものでしょう。

どなたかロンドンにお出かけの折はぜひ紅茶を買って送ってください。お願いします。

June.某日.2005 リンス

スキンヘッドのカミソリ負けか、入院時の点滴の副作用か、何か吹き出物?のようなものが出来て通院中の息子。
お医者さんに

 『どんなシャンプーを使ったらいいですか?』

 『そう、低刺激の・・・・サンプルがあるからあげるよ、使ってごらん』

と渡されたサンプル。家に帰ってみてみると、みんな『リンス!!』
毛は無いんです。丸坊主ですから。

June.某日.2005 

銀行主催の『資産運用セミナー』というのに行ってきました。
運用すべき資産は残念ながらないのですが、養老猛氏のお話を目当てに。もちろん養老猛氏のお話は期待通りで満足したのですが、予想外だったのが、『私が描くこれからの日本経済』by ロバート・アラン・フェルドマン氏。
こちらは途中で寝てしまったらどうしようと心配していたのですが、たくさんのチャートを活用した説明がわかりやすく、最後まで興味深く聞くことができました。日本語が少し聞き取りにくかったのが、返って集中することになってよかったのかもしれません。

まあ、経済の見通しとは、風が吹いて儲かるのは誰と誰?そして果たして風は吹くのだろうか?みたいなものかしら?という程度の理解ですけれど。(^^)

これからの日本の投資チャンスは労働力の減って行くこの国でその労働力を補う産業だそうです。たとえばデパートのトイレでペーパータオルを補充する労働を省くことのできる温風機を作る会社が伸びる?!とか。

それともうひとつ、日本の財政赤字を減らすには歳出を減らす、あるいは税を増やす、なんだけれども、(この間サラリーマンねらい打ちの増税案でましたね。)歳出を減らすための産業。たとえば、・・・・のように投資チャンスを考えて行くのだそうです。これで行くと話が風から桶屋まで長いので割愛しますが、医療機関の情報交換を円滑に進める為のITがねらい目かなということでしたわ。

それって、どこなの???

June.某日.2005

引っ越し騒ぎもなんとか一段落。
ほんとに久しぶりに、半年ぶりにキルンに火を入れて、バーナーもぼっと燃やしています。
まあ、楽しいこと。嬉しいこと。

でもまだ、写真を撮る勇気が出なくて・・写真を撮るのって、めんどくさいんです。なかなか思ったように撮れないし。まあ、まだたいしたものは作っていないので、しばしお時間を。

June.某日.2005

水道の蛇口って、昔はぐるぐるっと回して水を出したり止めたりしたものですよね。今はハンドルを上に上げる、あるいは下げることによって水を出すのが一般的かと思います。

前の家ではキッチンの流しはハンドルを上にして水を止める、洗面所ではハンドルを下にして水を止める、と、反対の動作をしなければなりませんでした。

そして今度の家では・・キッチンでは、下、洗面所は上方・・・・。
なんでやねん?!
これって統一規格はないのでしょうか?

私はハンドルを上に上げて水を止めるのが気持ちいいです。みなさんはどちらがいいですか?

May.某日.2005

今回引っ越した家はマンションの4階。ベランダの下にJR某駅のホームがあります。
ある朝、ベランダで洗濯物を干していると、駅のアナウンスが聞こえてきました。
『今出発した○○行き○○線の車掌さん、至急無線で運転手さんに連絡してください。』
正しく○○行きの○○線が動きだしたところでした。このアナウンスは2回繰り返されました。いったい何があったのか、車掌さんの耳には届いたのか、一日気になったのでした。
ちなみに2重窓なので、きっちり閉めると電車の音はほとんど気になりません。でも今の季節はいいけれど、夏になったらエアコン代が怖いです。

May.某日.2005

なんて言ってたら、今週も届きました。カラーピーマンの苗4本。
う〜む。空の植木鉢が2個あるのでとりあえず、2本はベランダ、2本は実家へ。
マークセンスは向かないので、次回からネット注文にすることにしました。もうこれで覚えのない品物が届くことはないでしょう。

May.某日.2005

また落ちてしまいましたの、マークセンスの落とし穴(^^)
届いた生協の荷物の中に「ひじきの缶詰いちダース」
まあナマモノじゃなくってよかった、よかった。でも知りたいのは、「私はほんとは何が欲しかっのだろう?」

May.某日.2005

退院後療養中の息子。
部屋で本を読んでるようなのでお茶でもどう?と覗くと・・いない・・?  窓の外ベランダに何やら見えるまあるい・・・宇宙人??!!

なんとそれはくりくり坊主の息子の後ろ姿。

   ぎゃぁ〜〜!!

私の叫び声に家族全員駆けつけたのでした。

10日間の入院生活は彼の人生観にどんな影響を与えたのでしょうか・・。

ちなみにくりくり坊主ではなくてスキンヘッドと言うらしいです。

Apr.某日.2005

10日間のお務めを終えて無事退院。朝9時過ぎに迎えに行くと、すでにきちっと荷物をまとめてベッドに座って待っていました。入院費を払わないと出して貰えないのです。

『うまいもん、うまいもん、うまいもん』とうるさいので病院のとなりのMM地区へ。しかしまだ朝10時。クィーンズスクゥエアーもランドマークも開店は11時。レストラン街は11時半・・。という訳でウエンディーズでハンバーガーを食べて帰ったのでした。

Apr.某日.2005

退院まで後2日。
病院へ行く前に『欲しい物は?』とメールを送ると、『自由
『自由以外で、?』『刺激
今日はとうとう『』   相当マイってる様です。

Apr.某日.2005

入院4日目、暇をもてあましてほとんどグレそうです。
でも病院ではなかなか不良になるのもむずかしく、せいぜい、携帯とノートパソコンを持ち込む程度。
味の薄い病院食に『欲しい物は?』とメールで聞くと、『塩気』
マク○ナル○の100円のチーズバーがを差し入れたところ、『超うまい』
夜中に電子レンジで温めて食べたらとっても美味しかったそうな。

Apr.某日.2005

息子が突然10日間の入院。病名はなんちゃらかんちゃら症候群。要は帯状疱疹なんだけれど出来た所が耳だったので、顔面神経、視神経をウィルスに傷つけられてしまい点滴に10日ほど繋がれる事になったのです。
コンピュータ、ゲーム機はもちろん携帯電話も持ち込み不可の4人部屋。他のベッドはおじさんやおじいさんばかり。それはそれは退屈な10日間の始まりです。

Apr.某日.2005

引っ越しが日本経済を支えている!

と引っ越しの度に思う訳です。
引っ越しがなかったらかかるはずのないお金がどんどん飛んで行きます。でもこうしてお金が回って行くことによって、日本経済は成り立っているんだわと勝手に納得しています。

jan.某日.2005

最近ずっとおかしいなと思っているのが、「エスカレーターの乗り方」。
この2、3年かな、エスカレータの左一列にみんなが並んで右側を開けるでしょ。(関西では左側を開けるらしい)朝夕の駅のラッシュ時の乗り方から来てると思うのだけれど、左側を急いで登る人の為に空ける乗り方。
これ、デパートやショッピングモールでも同じ様に片側を空けるの変じゃないですか?
特に混雑したバーゲンの季節や休日はこの乗り方をすると、乗り切れない人たちがフロアーに溜まってとってもキケン。エスカレーターを降りたら速やかに移動しないと、後から来た人たちが詰まってしまって将棋倒しの事故にもなりかねないと思うのです。
確か、去年のバーゲンの時はデパートの店員さんが、「二列になってお乗りください」と呼びかけていたと思うんだけれど、今年はどこもそれを見なかった。あきらめでちゃったのかしら。
空いている平日のデパートでも、わざわざ縦に並んで上下に、お買い物の相談をすることないと思うんだけれど。どうでしょう?

jan.某日.2005

新年の抱負?

『フュージング・アクセサリーのネットショップを開く!!』

  って、これたぶん4回目くらいの新年の抱負なんですけどね(^^)

2001年の日記  2002年の日記  2003年の日記  2004年の日記  2006年の日記