2001年の日記  2002年の日記  2003年の日記  2004年の日記  2005年の日記

ひっそり・こっそり・ゆっくり・Diary
2006年

Nov 某日  ブログ

私もやってみようかな・・・?って、大それた発言をしてしまいました。
毎日ブログを更新している友人も何人かいるのですが、すごいなぁ〜と思います。毎日思う事はたくさんあるけれど、なかなかPCの前に座ってそれを言葉にするのは難しい。それにネットに載せるとなるといろいろ制限もあるし。話題もひとつには絞れない。当分このままで行くのかなと思ったりしています。

シクラメン、季節ですね。

Nov 某日  釜飯&幕の内

ここの所、何度か那須塩原に通う用事があって新幹線に乗るわけです。帰りに毎回
牛タン弁当を!と思うのですが、あれ以来いつも売り切れ
と、那須塩原から新幹線に乗る時に車内販売のカートがいつも一番前に居るというのを発見しました。(もしかして、各駅ともそう??)それで、指定券を持っているにもかかわらず、自由席一番前一号車、乗りました。
12時28分発。発車間もなくやって来ました!!!車内販売。

『牛タン弁当くださいっ!!』

『・・・・・この列車は郡山発ですので・・牛タン弁当は仙台・・・』

と言うわけで、釜飯&幕の内弁当のランチとなりました。(^^)

コレが→

そして、幕の内弁当

→ → 

幕の内弁当っていうのは『買っちゃいけない』って知ってるんだけど、ついつい・・そう、これは圧倒的に釜飯の勝ちでした。なんだろ?冷たいてんぷら、冷たいフライ、冷たい・・がいくつも入っていても全然美味しくないの。小原佐助べんとうのご飯は美味しかったです。釜飯は、こんなもんかな?普通。

次回は再び牛タン弁当について語れますように☆☆☆

Oct. 某日  牛タン弁当

所用で那須塩原まで行ってきました。帰りの車中、お腹すいたぁ〜と思ったとたんタイムリーに車内販売のカートが。

ゲットしました!あこがれの牛タン弁当。そう!あれですっ。ひもを引っ張るとお弁当が暖まるという奴。話に聞いてはいましたの。でもどんな風になるのか、なっているのか今一想像がつかなくて気になっていたのです。値段は1100円。果たしてこれは高いのか、安いのか。

まず、十字にかかっているひもをほどき、手前の黄色いひも〔写ってないけど)を引っ張るとシュッと膨らんでふたが浮いて来ます。そして待つこと7〜8分。

きゃぁ〜きゃぁ〜 牛タン弁当です。白いご飯の上に牛タンとお漬け物、そして人参がひとつのってるだけの極シンプルなお弁当です。
さて、お味は〜 ご飯はアツアツとは行かないけれどホカホカくらいの暖かさでおいしく戴きました。牛タンの味付けも特に濃かったりということもなく普通に美味しうございました。

1100円という値段が高いのか安いのかという事になると・・・
今回は妥当という結論かな。


理由1.前から気になっていたある意味あこがれのお弁当だった事。
理由2.乗車時間1時間ちょっとの新幹線だったけどお弁当のおかげで旅気分が味わえた事。
理由3.すっごくお腹が空いていた事。


という訳でこの次も食べるかは未定です。

Oct. 某日  久々の息子ネタ

なが〜い夏休みの後、10月になってやっと息子の学校が始まった。

初日、
『あんまり久しぶりで、今日 六法 持って行くの忘れちゃったよぉ〜』
と、帰ってきた。法学部学生のばりばり必須アイテムですからっ。

学校2日目の夜中12時20分、息子から電話。

『稲○ってどこ?』 
『稲○?・・・・・・千葉・・?・・・・。・・・・・・・・。』
『やっぱり・・。』 

という訳で、帰りの電車のあるはずもなく、知らない駅にひとり降り立った息子。

『ネカフェ探して・・、あ、あそこにジョナ○ンが見えるから、最悪あそこでも。じゃお休み』と電話を切ったのでした。

翌朝、11時近くに帰宅。
結局、コンビニでネットカフェを教えてもらって、『主人公がアチャチャってやると爆弾もないのにドアがぶっ飛ぶ漫画』を一晩読んで過ごし、6時間パック1500円のはずが時間オーバーで2500円コースとなって戻ってきたのでした。

いつものように品○駅で電車に乗って、30分だけ寝るぞと思って、きっかり30分経って起きたらどういう訳か、稲○駅に居たそうです。

いつものホームでいつもの電車に乗ったのに?何故?反対方向の駅に到着したのか、そのは未だ解明されないままです。

今日は3回目の登校。無事何事もなく帰って来られますように

Sept. 某日  掲示板

夏前から掲示板をお休みしています。もちろん理由があります。
ある日わけのわからない出会い系?(たぶん)サイトの書き込みでページが埋まってしまったからなのです。

今までにも時々そういうかき込みはありましたが、すぐに気付いて消していました。

掲示板を管理していると、書き込みがある度にお知らせのメールが来ます。
なので、HPの掲示板ページをチェックしなくてもすぐお返事を書く事ができるのです。・・はずだったのです。

ところが、いったいどんな仕掛けかわかりませんが、書き込みお知らせのメールがリアルタイムには届かず、書き込みの3日後くらいに配信されていました。私のメールボックスは相手の送信時間順に並べるように設定してあるので、(たぶんたいていの方がそうしておられると思います)3日前のメールはメールボックスの下の方に隠れてしまうのです。

ある日メールを整理していたら、3日前くらいに未読のメールがたくさんあるのを発見しました。
メールはマメにチェックする方なので、未読メールの山にあれぇ〜、と????マークをいっぱい飛ばしながら調べてみると、掲示板書き込みのお知らせでした。
そして掲示板に行ってみてびっくり!!2週間ほど前からその手の書き込みでいっぱいになってるではありませんか。
メールボックスの過去に逆のぼって見るとやっぱり未読のお知らせメールがいっぱい。

いったいどんな手を使うのかわかりません。
とりあえずお休みして、どう対策を取ったらよいのか調べようっ思っているうちに時間が経ってしまったという、まあ、いつものパターンです。

そんな訳で当面ご用の方はメールでお願い致します。

Sept. 某日  ノンホールピアス2

これが今お気に入りのノンホールピアスです。
耳たぶに挟むだけ。すぐなくしてしまいそうですが、これが結構しぶとい。
(^^)

痛くないのもいいです。
じゃらじゃらした重いデザインは無理だけれど、ピアス開ける決心のつかない方、お薦めです。ぜひ試してみてください。
展示室・2006年秋のページにもう2個アップしてあります。

Sept. 某日  ノンホールピアス

ピアスを一時断念。しばらく傷痕が消えるまでノンホールピアスを楽しんでいます。耳たぶに挟むだけなので軽いデザインの物に限られますけれど、これが結構楽しめます。娘が合宿から帰ってきたら(デジカメと一緒に行っちゃたの)写真を撮ってお見せしますね。

Sept. 某日  色なき風に誘わて『秋の創作展』

昨日『KAN』へガラスを搬入してきました。
今日から手作りの作品がたくさん並んでいます。

Aug. 某日  黄色のソーダガラス

黄色のソーダガラスを手に入れました。
なんだかレモンのような形に焼き上がりました。

『KAN』の秋の作品展はこの黄色のガラスをメインに使ってみようかなと思いつつ・・。

バーナーワークは暑い!暑い!熱い!!!!

Aug. 某日  ピアス断念 

4月の初めにピアスの穴を開けました。
もともとアレルギー体質なので不安はあったのですが、ピアスフレンド達の励ましになんとか4ヶ月がんばりました。
5月の末にファーストピアスを外した時はなんとか行けるかなと思ったのですが、その後も痒みと痛みが交互にやって来て、とうとうひとまず撤退することにしました。と言うか、お風呂上がりに2時間ほどはずしていたら、ホールが見つけられなくなってしまったのです。(><)
この4ヶ月間、小さな軽いものしか着けられなかったけれど、ピアスと共にとっても楽しい時間を過ごしました。
秋が深まったらもう一度チャレンジしようと思っています。・・・けど・・・

July. 某日  スーパーで、 

夕方スーパーで買い物をしていたら、ちっちゃな男の子とパパの会話が聞こえてきました。

『あっ、○○ちゃん、パプリカが安いよ。買っていこうか。』

『うん』

『パプリカはね、つやが良くて傷のないのがいいんだよ』

『ふぅ〜ん・・』

そっと振り返ってみると保育園帰りの2歳前後の男の子と、なかなか恰幅のよいグルメって感じの若いパパ。たぶん男の子はパパの言ってること半分もわかってないと思うけれど、しっかり相槌を打って、買い物の良き相棒になっているのでした。

『○○ちゃん、横に広がって歩くとよその人の邪魔になるよ』とパパ。

とっても微笑ましい二人に出会って、なんだか私も楽しくなりました。ママはまだお仕事なのかな?とか、今夜は二人でごはん食べるのかな?とか。二人を中心にいろんな情景を思い浮かべながらお買い物をしてしまいました。

July. 某日  任天堂DS 

先日ひょんなことで『任天堂DS Lite』が手にはいりました。もちろん、ソフトは『脳を鍛える・・』って奴です。

そして・・・・・まあ大笑い。
周り中、私も含めて、相当鍛える必要がありそうです。

それでも10日間鍛えた後、年齢の高い私は実年齢よりも若い脳年齢を記録。でも息子と娘はなかなか実年齢に脳年齢が近付きません。毎日大騒ぎです。

これがどれだけ信頼できる数字なのかはわかりませんが、結構楽しめるおもちゃです。

June. 某日  体験教室

天王町(『棚×2 たなたな』での体験教室、無事に終了しました。

参加して下さった皆さま、ゴォ〜っと燃える炎の前で、とろけるガラスとの格闘、お疲れさまでした。
30度に近い蒸し暑ぅ〜い日でしたが、皆さん、汗だくでを鉄芯を回してくださいました。

今回もそれぞれにいろんな玉が焼き上がり、お好みのデザインに仕立て上がりそれぞれのお家に帰って行きました。きっと大切にかわいがって頂けると思います。

また機会がありましたらどうぞご参加くださいませ。

June. 某日  新作

いかがでしょう?最新作!!

と言っても前にも何度かトライしてうまく行かずにいたデザインです。

完成に丸まる2日かかりました。

まず、白のソーダと黄色のガラスで平たい板状のガラス棒を引きます。これが花びらになる訳ですが、これが厚さ、太さ均一に引けない!!!まあ、ざっと5本くらい引いて、やっと必要な枚数が揃いました。

そして黄色の花芯のガラスに花びらを羽のように付けて行きます。ここでも温度が上がりすぎて一部の羽が熔けたり倒れたり、もう大変。

やっとなんとかまとまったかと思いきや、今度も均一の太さに引けずに四苦八苦。

そしてやっとできたミルフィオリで玉が焼けるんですが、これまた・・・・

とまあ、技術が未熟なだけですが、それを思えばなかなかの出来かと思います。見てやって下さいませ。

June.某日. 新バーナー

新しいバーナーが届きました!!都市ガス用の拡散炎。

早速ぼっと火を点けて試し焼き。まずはガスと空気を調整してほどよい炎を作ります。でもね、私が体験したことのある拡散炎・ユニバーサルベンチの様な炎がどうしても作れない・・・。まあ、あちらは私のバーナーの倍以上の値段だものね、と勝手に納得あきらめて、玉を焼いてみました。

炎の当たりは柔らかいのですが、今まで使っていた集中炎と比べると、ガラスが熔けるスピードが遅く、当然の事ながら一点を暖めるのが難しい・・。まだ、炎の良い場所がみつけられないのかも?
そして、何よりも違うのは熱い!!炎の回りの熱の範囲が広くて、ガラスや鉄芯を持つ手がすぐ熱くなってしまうのです。短いガラスは使えません。もうすでに汗だくです。(^^;)

でも途中でガスボンベを交換する煩わしさがないのは素晴らしいことです。
早く、お見せできるような玉が焼けますように☆

May.某日. 塩壺・その後

久しぶりに良いお天気。スーパーの前に山積みの枝豆を発見。ようし、これでシュワッとビールなんかいいんじゃない!?
茹でました。きれいなグリーンに。茹でかげんはどうかしらん?と味見。

ん!! あまい・・・

まあ、そんな訳であわててお塩を振りかけてなんとか誤魔化したのでした。

そして学んだ事。『枝豆は砂糖でも色はきれいなグリーンに茹でられる。』

青菜等で試してみる予定は今の所ありませんので、あしからず。(^^)

May.某日. 塩壺

夕飯の煮物を味付けしようと砂糖のコンテイナーを手に取りました。
ん?!何かがふとよぎりました・・。

確か、昨日プレーンヨーグルトに付いてきた粉砂糖をこのコンテイナーに入れたはず。マクドナルドのスティックシュガーも3本くらい入れたはず・・・。でもコンテイナーの中はブラウン。常用のブラウンシュガーしか入ってないのです。粉砂糖のも、グラニュー糖のない!ない!ない!!!

はい、お塩のコンテイナーを覗くとちょっと手前に粉砂糖とグラニュー糖、そして奥に大きめの粒、赤穂のつぶ塩の姿が見えました。みんな色は白。境目は・・・わかんない。

使わなかった砂糖をもったいなから料理に使おうと思った訳ですが、さて、上手に使えるでしょうか・・これ・・・ど〜する?

May.24 某日.2006 Happy Birthday to me! 

今年もやってきました。お誕生日・・。

これだけ回を重ねると、もうめでたいやらめでたくないやら・・
まあそれなりになんとか迎える事ができました。

そんな訳で新しいバーナーの注文してしまいました!!!!来週には届くかな?

May.某日.2006 

久しぶりにとんぼ玉焼いてます。

私のとんぼ玉用のカセットバーナーは卓上コンロと同じカセットボンベを使うのでとても手軽です。でも反面ガスの火が安定しないので、時間のかかる複雑な玉を焼く時には苦労します。特に冬場は火力がすぐに足りなくなってガラスが曇ってしまうので大きな玉は作れません。点火するのにも苦労する事があります。(酷使してるからかもだけれど・・・)

春になってやっと火が安定。相変わらずワンパターンの玉焼いてみました。他のパターンもいろいろ試していますが、写真に撮れるようなのは残念ながらまだ焼けません。まあ、おいおい。

時間が出来たら分散炎の都市ガスバーナーを手に入れようと企んでます。

Apr.某日.2006 

『初めてのとんぼ玉教室』無事に終了しました。

定員の倍以上の数のお申し込みを戴きました。とんぼ玉に興味を持ってくださる方がこんなにたくさんいらっしゃるという事は嬉しい驚きでした。定員オーバーでご参加いただけなかった皆さまには、また機会を設けてお声をお掛けできればと思っております。その折はまたよろしくお願い致します。

そしてご参加下さった皆さま、楽しい時間をありがとうございました。トロトロ、アツアツに熔けたガラスとの一発勝負、堪能していただけましたでしょうか。
『もっとやってみたい』という皆さまのお声にお応えできたらと、パートナーも私も試行錯誤しています。また是非お会いできますように☆

Feb.某日.2006 ハート

やっとハートとひと目でわかる形に焼き上がりました。長かったぁ〜

2001年2月14日にHPを立ち上げて以来5年が経ちました。いわゆるひとつの5周年記念のハート作品でございます。まずはピアスになり節子コレクションに加わりました。色だけはバカラの赤?

Jan.某日.2006 風邪

土曜日、息子が風邪を引いた。朝から調子が悪かったのだけれど、学年末試験とあって出かけたものの帰り道に吐き気に襲われ

『途中で気持ち悪くなって新宿駅のくっせぇ〜トイレに一時間こもった』とげっそりして帰宅、ベッドへ直行。

普段なら寝てれば直ると放って置くところだけれど、しばらく試験が続くと言うことなので薬局へ風邪薬を買いに。薬剤師さんに症状を説明すると、『う〜ん、吐き気がある内は薬を飲んでも無駄なので・・』と熱が上がるようなら医者に行くようにと休日診療医のリストを渡され手ぶらで帰って来た。薬待ちの息子にそう伝えると

『商売人なら風邪薬を買いに来た奴に痔の薬を売りつけるくらいの根性があっても良いはずだ』と毒づいて寝てしまった。

幸い熱が上がることもなく、薬代もかけることなく、無事に月曜日は学校へ出かけて行きましたとさ。ラッキー。

Jan.某日.2006 水道料金二重取り!

水道料金の引き落とし通知の葉書が届きました。水道料金の引き落とし通知というのは普段は来ないのです。2ヶ月に一度、検針の人がメータを見に来て検針票を各個のポストに入れて行きますが、その検針票に前回分の領収証が含まれているのです。

なんだろうと開けてみるとな・な・なんと去年まで済んでいた住所の水道料なのです。あわてて通帳をチェックすると確かに葉書と同じ額が2ヶ月に一度水道料金として引き落とされていました。

水道局に問い合わせの電話をしました。応対に出たおじさん、何と言ったと思います!?

停止の連絡はちゃんとしましたか?」

あまりに思いがけない質問に一瞬絶句。引っ越し後水道はちゃんと使えているので、開栓の連絡をしてあることは確かです。でも・・停止の連絡って・・どうだったかな?・・と思ってしまったのです。だがしかぁし、県外への引っ越しならばいざ知らず、同じ市内の引っ越し、一本の電話で停止も開栓もできるはず。開栓だけの連絡をするほど私は器用じゃない!と思い直し、

「し」と答えると、

した、しないは水掛け論なので、うんぬん、かんぬん」と言うではありませんか、

もうびっくりだわ。

兎に角調べて貰うと確かにメータは0で、上下水道の基本料金が引き落とされているとの事。ほうらね、

「ではお金、返していただけます?」

「調べてこちらから連絡します。」

3時間後に別のえらい早口のおじさんから

「●×□なので、料金をお返しします。」と電話がありました。

●×□は聞いたことのない言葉で、水道局用語、水道使用量が0という意味らしいです。
いろいろ聞きたい事もあったのですが、おじさんの聞かれたくない、突っ込まれたくないオーラが電話を通して痛いほど伝わってきたので、おとなしく電話を切りました。

人の口座から勝手にお金を引き落としておいて、ごめんなさいの一言もありませんでした。

今回の事件はまず、水道停止の連絡ミスから始まったと思います。
次は検針員の怠慢。メータが0という事は海外出張の家などで起こりえるそうですが、検針票を入れるはずのポストは「転居」の紙でふたがしてあるのに調べなかった事。
入れられなかった検針票はどこへ行ってしまったのでしょう?
だからきっと葉書が届いたのでしょうね。

最近自分でも完璧に仕事した、と思ってもミスってる事が多々あるので、あまり人の事も言えないけど、

みんなぁ自分の仕事には責任持とうよ。

という訳で来月一万円ちょっとが返って来ることになりました。とりあえず、めでたし?

Jan.某日.2006 胡椒

新年早々やってしまいました。季節柄夕飯のメニューはあったかアイリッシュシチュー。
タマネギ・じゃがいも・人参・豚肉等々こっくり煮込んで最後の仕上げに黒胡椒をさっと一振り、のはずが

!!!!!

どさっと音がしたのです。え?と鍋をみると黒い胡椒の山がお鍋の中央に・・。
あわててお玉で粒胡椒の山を救い出したのですが、時既に遅し、スープは真っ黒!!
不運にも買ったばかりの95g入りの大容器胡椒。
そのほぼ半分がお鍋に沈んでしまったのです。普通のテーブル胡椒の2本半くらいの分量ですね。
お味? ビヨンドディスクリプションでございました。(><)
もちろん家族全員を呼んで味見をさせてあげました。
こんな機会はバラエティ番組の罰ゲームでもなければ滅多にありませんから(^^)

Jan.2006 新年の抱負

今年もお決まりの

今年こそはネットショップを!!

ということで、

今年もゆるゆるとやって行きたいと思います。よろしくお付き合い下さいませ。

(m_ _m)

2001年の日記  2002年の日記  2003年の日記  2004年の日記  2005年の日記